トイプードルの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士

MENU

トイプードルの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士

ここではトイプードルの餌の選び方とおすすめのドッグフードをご紹介します。トイプードルの特徴を踏まえた上で、トイプードルに合った餌の選び方(ポイント3つ)と実際に選び方を使っておすすめドッグフードをランキング形式にしました。

 

トイプードルの餌の選び方【目次】

 

トイプードルの餌の選び方【3つのポイント】

高たんぱくなドッグフードを選ぶ

トイプードルにはパテラを発症する子が多いです。もちろん先天的に発症してしまう子もいますが、ひざ周りや足に十分な筋肉を付けて体重をコントロールすることで後発的なパテラをある程度予防できます。

 

高たんぱくなドッグフードを選び、1日1回の散歩では土や芝生の上を歩かせてあげて筋力の増加・維持を心がけましょう。

 

チキンがメインのドッグフードを選ぶ

トイプードルはたれ耳の為、耳が蒸れ易く外耳炎にかかる子が多いです。ビタミンA・B・ベータカロテンなど、粘膜強化や免疫力の向上に役立つ栄養素が多く含まれたチキンがメインのフードがおすすめです。

 

豚肉にも含まれていますが、豚肉がメインのフードは少ないです。穀物にも含まれていますが、穀物に含まれる糖質によって太り易くなるのでチキンがベストです。

 

穀物不使用を選ぶ

「低カロリー」・「ダイエットサポート」など言い方は様々ですが、それらの大半は「穀物がメインの低カロリー・高炭水化物」のドッグフードです。

 

これは「体を作る栄養が少なく、体を動かす為のエネルギーが多いフード」で、結果的に体重は減りますが脂肪が増え、代謝が下がるので太り易くなります。

 

筋肉よりも脂肪の方が軽いので筋肉量が下がると体重も減ります。数字的には痩せたように見えますが、体系的には変わらない・むしろ太った!という子が多いのはこの為です。

 

トイプードルにおすすめのドッグフードは?徹底比較!

 

たんぱく質

メインの肉材料

穀物不使用

カナガン

33.00%

チキン(55.7%)

ナチュラルドッグフード

20.00%

ラム(55%)

ファインペッツ極

36.00%

アヒル(不明)

モグワン

28.00%

チキン(33%)

ネルソンズ

30.00%

チキン(48%)

オリジン

38.00%

チキン

ロイヤルカナン

19.00%

チキン

×

アーテミス

25.00%

チキン

ニュートロナチュラルチョイス

25.00%

チキン

×

サイエンスダイエット

21.00%

チキン

×

アイムス

22.00%

チキン

×

アカナ

27.00%

ラム(50%)

ヤラー

24.00%

チキン

ブラックウッド

27.50%

チキン

フィッシュ4ドッグ

26.00%

白身魚

ナチュラルバランス

23.00%

チキン

アボ・ダーム

21.00%

ビーフ

ソルビダ

22.00%

チキン

セレクトバランス

22.00%

チキン

×

ボッシュ

25.00%

チキン

×

ナチュラルハーベスト

18.00%

ラム

スーパーゴールド

22.00%

ニュートロシュプレモ

26.00%

チキン

ワイソン

30.00%

チキン

ホリスティックレセピー

22.00%

ラム

ビィナチュラル

22.00%

カンガルー

グリーンフィッシュ

24.00%

×

ビルジャック

26.00%

チキン

×

ベストバランス

21.00%

チキン

×

※、「×」はトウモロコシ・小麦・大豆を使用、「△」はそれ以外の穀物を使用

 

トイプードルにおすすめなドッグフードランキング

モグワンドッグフードの特徴

成分的にはネルソンズやカナガンの方が優れていますがネルソンズもカナガンも2㎏で3,960円と高額です。食べてくれるか分からないフードに4千円近く出すのは少し気がひけますよね。モグワンドッグフードはたんぱく質やチキンの使用量では劣りますが、ドッグフード博士限定で回価格が半額になるキャンペーン中です。また、市販のドッグフードは低たんぱくなものが多いので、カナガンなどいきなり高たんぱくなフードにするとお腹が緩くなってしまうこともあります。モグワンくらいの適度なたんぱく質のフードを挟んで少しずつ高たんぱくフードに慣らしていくことをおすすめします。

価格 3,960円(1.8㎏)

【ドッグフード博士限定】上記金額から50%OFFキャンペーン中

評価 評価5
備考 適度な高たんぱくフード/無添加/グレインフリー/材料はヒューマングレードを使用
モグワンドッグフードの総評

モグワンには抗炎症作用が期待される「オメガ3脂肪酸」もバランス良く含まれています。チキンの部位によっても変わるんですが、チキンはオメガ3が少なくとオメガ6が多い食材です。モグワンはチキンだけではなく、「オメガ3」が多く含まれるサーモンを使用しているのでオメガ3とオメガ6がバランス良く含まれています。

 

カナガンドッグフードの特徴

カナガンは高たんぱくで穀物不使用なドッグフードです。チキン可食部のみ(骨などを除く)は全体の55.7%も使用している為、トイプードルにとっても消化によいので涙やけや目やにも減ります。また、穀物の変わりにサツマイモを使っているので低GIでゆっくりと消化されていくため、太りにくく脂肪がつきにくいので筋肉量が多く、ガッシリとした太りにくいトイプードルに育ちます。

価格 3,960円(2.0㎏)
評価 評価45
備考 子犬~シニアまで対応/人工添加物不使用/グレインフリー/材料はヒューマングレード

 

オリジンのおすすめポイント

オリジンは当サイトで紹介しているドッグフードの中で最も高たんぱくなドッグフードです。もちろん、穀物は不使用です。以前は肉や魚を全体の80%使っていたんですが、リニューアルによって85%に増えました。現在ではチキンの使用割合が分かりませんが、リニューアル前で全体の55%にチキンを使用していました。リニューアルで値段も上がってしまったのが残念な点です。

価格 6,480円(2.0㎏)
評価 評価4
備考 グレインフリー/人口添加物無添加/材料はヒューマングレード/当サイト内で最も高たんぱく

 

アカナのおすすめポイント

当サイトではアカナのグラスフェッドラムをレビューしましたが、アカナには他に色々な種類があります。「アダルト・ドッグ」はチキンベースのドッグフードで、全体の46%にチキンを使用しています。残りの14%は魚を使用していてバランスのとれたドッグフードです。たんぱく質は29%と高めで、安心のグレインフリーなので、トイプードルにおすすめのドッグフードと言えます。

価格 5,300円(2.0kg)
評価 評価35
備考 グレインフリー(穀物不使用)/チキンベースの「ヘリテージ」シリーズがおすすめ/無添加

 

ネルソンズドッグフードの特徴

ネルソンズドッグフードは全体の48%にチキンを使ったドッグフードです。たんぱく源がチキンのみなので、アレルギー対応にもおすすめできるドッグフードです。たんぱく質も30%と高めで、穀物不使用です。上位のフードと比べるとやや見劣りしますが、市販のドッグフードと比べるとトイプードルにおすすめできる商品です。

価格 3,960円(2.0㎏)
評価 評価3
備考 人工添加物無添加/グレインフリー/チキン48%使用

トイプードルのドッグフード選びで迷ったらおすすめはコレ!

トイプードルの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士

モグワンドッグフードがトイプードルにおすすめな理由
  • 全体の53%が動物性たんぱく質
  • 穀物不使用(グレインフリー)
  • 人も食べられる高品質な食材を使用
  • 合成の保存料や着色料など不使用
  • 関節に良いとされる成分を配合

 

モグワンドッグフードは全体の33%にチキンを使用し、20%はサーモンをバランス良く使って作られています。サーモンには抗炎症効果が期待できるオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。

 

穀物を使わないグレインフリーで、着色料や香料などの人口添加物も不使用なのでお腹にも優しい作りになっています。パテラの多いトイプードルには嬉しい、グルコサミンや「メチルスルフォニルメタン(MSM)、コンドロイチンなどを配合しています。

 

当サイト限定で、初回購入価格が半額になるキャンペーンも行っています。愛犬(トイプードル)におすすめのドッグフードを探しているなら、ぜひ一この機会に試してみて下さい。

 

 

トイプードルの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士

 

トイプードル用ドッグフードのQ&AⅠ:トイプードルがあんまり餌を食べてくれないんだけど

トイプードルの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士

トイプードルに限らず、小型犬の場合は食が細い子が多く一度に食べる量が少ない子が良くいます。その際、よく体重を気にされる飼い主さんがいます。

 

もちろん体重が増えていないと不安にはなりますが、「トイプードルの理想体重」や「トイプードルの平均体重」などで調べて出てくる数値はあくまで一般的な体重にすぎません。

 

その子の骨格・身長や運動量・食事量などによって全く変わってくるのであくまで参考程度に考えて、BCS(ボディ・コンディション・スコア)を参考にして下さい。

 

ネットで調べればすぐに出てきますし、もしそれでも不安なら通っている病院の獣医に相談してみましょう。

 

全くご飯を食べない場合は「犬がご飯(餌)を食べない・食欲不振の時の対処法」も参考にして下さい。

 

トイプードル用ドッグフードのQ&AⅡ:トイプー用のドッグフードにした方がいいの?

トイプードルの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士

ロイヤルカナン・愛犬元気・プロマネージなどから「トイプードル用」のドッグフードが販売されています。原材料や成分などを見ても、これといって優れた点はありません。

 

むしろランキング内でご紹介しているドッグフードの方が栄養価・原材料の質による消化吸収率など、優れたものが多いです。

 

もっともらしく「被毛」や「健康」について書かれている商品が多いんですが、そういった面を期待するのであれば原材料の質や添加物不使用のものを選んだ方が効果を期待できます。

 

トイプードル用ドッグフードのQ&AⅢ:ドッグフードを変えたらトイプーの涙やけは良くなる?

トイプードルの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士

ドッグフードをトイプードルの涙やけが良くなるかはケースによります。というのも「犬の涙やけを改善するドッグフードのQ&AⅠ:犬の涙やけってそもそも原因は何なの?改善方法は?」でまとめたように、病気が原因の場合もある為です。

 

病気とまでいかなくても、マズルや目の周りの毛が伸びて眼球を刺激し、それが原因で涙が過剰分泌しているケースもあります。まずはそういった病気や先天的なトラブルが無いか確認するのが先です。

 

低品質なドッグフードを食べている子は、涙がネバネバになってしまい涙やけになる場合もあります。病気や先天的な原因が無いのに涙やけが見られる場合は、ドッグフードを高品質なものに変えると涙やけの症状が良くなる場合があります。

 

トイプードル用ドッグフードのQ&AⅣ:トイプーの子犬・シニア犬におすすめはどれ?

トイプードルの子犬におすすめのフード トイプードルのシニア犬におすすめのフード

 

生後10カ月頃までは高たんぱく&高カロリーなフードで上部な体を作ってあげましょう。トイプードルは小型で成熟が早い子が多いです。その為8~10カ月頃を目途に少しカロリーが低めなフードに切り替えてあげると良いでしょう。

 

シニアといっても体型や年齢によっておすすめが変わりますが、上記のような魚ベースのドッグフードは、抗炎症効果が期待できるオメガ3脂肪酸が豊富です。アカナは「パシフィカドッグ」や「パシフィックピルチャード」がおすすめです。

 

筋力の低下は運動不足を進め、肥満の原因になります。なので、高たんぱくでカロリーは控えめなフードを選びつつ、オメガ3脂肪酸が豊富なフードを選ぶと良いでしょう。

 

食いつきに差が出ますが、魚は犬が食物アレルギーを起こし難い食べ物なので、1~6歳頃に多いアレルギー性皮膚炎などの対策にもおすすめです。

 

トイプードル用ドッグフードのQ&AⅤ:トイプーには一日あたりどれくらい餌をあげたらいい?

トイプードルの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士

ここからはトイプードルのライフステージ毎に、おすすめのドッグフードと給餌目安をまとめました。基本的にはメーカーが公表している給餌量を参考にしています。必ずここに書かれている量を食べないといけない訳ではありません。

 

犬は食べすぎると軟便に、少ないと便が硬くなる傾向があります。便の様子を見ながら1日辺り10%くらいずつ量を調節してあげましょう。

 

トイプーの子犬におすすめなオリジンを1日にあげる餌の量

トイプードルの体重

1日の給餌量(g)

1.0~1.5

36~48

1.5~2.0

48~60

2.0~2.5

60~71

2.5~3.0

71~81

3.0~3.5

81~91

3.5~4.0

91~101

 

上記はトイプードルの子犬におすすめなオリジンドッグフードを1日に与える目安量です。オリジンでは月齢や体重2㎏以下の子に対する目安を公表していません。

 

その為、上記は「1日辺りのエネルギー要求量(DER)」を元に算出しました。上記は目安として与え、便の様子を見ながら量を調節してあげて下さい。

 

トイプードルは生後8~10カ月で急激な成長が止まります。定期的に体重を測りながら、成長速度が落ちてきたら給餌量を減らしていって下さい。

 

トイプーの成犬におすすめなモグワンを1日にあげる餌の量

トイプードルの成犬の体重

1日の給餌量(g)

2.0~2.5㎏

56~68

2.5~3.0㎏

68~76

3.0~3.5㎏

76~83

3.5~4.0㎏

33~45

4.0~4.5㎏

45~56

4.5~5.0㎏

33~45

5.0~6.0㎏

33~45

6.0~7.0㎏

33~45

 

上記はトイプードルの成犬におすすめなモグワンを1日に与える目安量です。トイプードルの平均体重は3~4㎏程度ですが、サイズが安定しておらず成犬時に7㎏に達する子もいます。

 

平均体重を大きく超えているからといって肥満に該当する訳ではないので、定期健診の時に獣医にチェックして貰うか、「BCS(ボディ・コンディション・スコア)」の味方を教えて貰うと良いでしょう。

 

成長が止まり成犬になると、子犬の時とは違い必要とする栄養が少なくなります。日々、便の様子を見ながらご飯の量を調節してあげましょう。

 

トイプーのシニア犬におすすめなモグワンを1日にあげる餌の量

トイプードルの成犬の体重

1日の給餌量(g)

2.0~2.5㎏

48~57

2.5~3.0㎏

57~65

3.0~3.5㎏

65~73

3.5~4.0㎏

73~81

4.0~4.5㎏

81~88

4.5~5.0㎏

88~95

5.0~6.0㎏

95~109

6.0~7.0㎏

33~45

 

上記はトイプードルのシニア犬におすすめなモグワンを1日に与える目安量です。モグワンではシニア用の目安量を公表していないので、当サイトにて「1日辺りのエネルギー要求量(DER)」を用いて算出しました。

 

トイプードルに限らず、10歳を過ぎた辺りから肥満体型の子は減り、体重が減少する傾向にあります。やはりBCSを元に必要以上に痩せてしまう場合、オリジンやカナガンなど高カロリーなフードに変えてあげましょう。

 

まとめ


ここではトイプードルにおすすめなドッグフードと選び方をご紹介しました。トイプードルは純血種の中では遺伝疾患が少ない犬種です。ですが、小柄なこともあり中型犬と比べると骨折や脱臼といったトラブルが多いです。

 

子犬の内はあまり激しい運動をさせず、しっかりと高たんぱくなフードをあげて上部な体を作りましょう。この記事があなたのドッグフード選びの参考になれば幸いです。

関連ページ

チワワの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではチワワにおすすめの餌の選び方とおすすめドッグフードをランキング形式でご紹介していきます。チワワの特徴やかかり易い病気などを元にチワワにおすすめの餌の選び方をご紹介しています。
柴犬の餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここでは柴犬に合った餌の選び方を3つのポイントに絞ってご紹介しています。また、選び方を元におすすめドッグフードのランキングも作成しました。柴犬を飼っている方・これから飼うという方は参考にしてみて下さい。
ダックスフンドの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではダックスフンドの特徴やかかり易い病気を元に、ダックスフンドに合ったドッグフードの選び方と、それを元におすすめドッグフードをご紹介します。既にダックスと一緒に暮らしている方も、これからダックスを迎える方も参考にしてみて下さい。
ポメラニアンの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではポメラニアンに合った餌の選び方とおすすめドッグフードをランキング形式でご紹介していきます。餌の選び方についてはポメラニアンの特徴やかかり易い病気などを元にまとめました。これからポメラニアンを迎える人も、既にポメラニアンと暮らしている方も参考にしてみて下さい。
ヨークシャーテリアの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではヨークシャーテリアの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはヨークシャーテリアの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからヨークシャーテリアを飼う人も、既にヨークシャーテリアと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
パピヨンの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではパピヨンの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはパピヨンの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからパピヨンを飼う人も、既にパピヨンと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
シーズーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではシーズーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはシーズーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからシーズーを飼う人も、既にシーズーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
フレンチブルドッグの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではフレンチブルドッグの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはフレンチブルドッグの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからフレンチブルドッグを飼う人も、既にフレンチブルドッグと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
ミニチュアシュナウザーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではミニチュアシュナウザーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはミニチュアシュナウザーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからミニチュアシュナウザーを飼う人も、既にミニチュアシュナウザーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
マルチーズの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではマルチーズの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはマルチーズの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからマルチーズを飼う人も、既にマルチーズと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
ウェルシュ・コーギーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではウェルシュ・コーギーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはウェルシュ・コーギーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからウェルシュ・コーギーを飼う人も、既にウェルシュ・コーギーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
パグの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではパグの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。パグは遺伝的にレッグ・ペルテスや膝蓋骨脱臼を起こしやすい犬種です。そんなパグの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからパグを飼う人も、既にパグと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
ミニチュア・ピンシャーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではミニチュア・ピンシャーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはミニチュア・ピンシャーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからミニチュア・ピンシャーを飼う人も、既にミニチュア・ピンシャーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
ラブラドール・レトリバーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではラブラドール・レトリバーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはラブラドール・レトリバーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからラブラドール・レトリバーを飼う人も、既ラブラドール・レトリバーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。