トイプードルの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士

MENU

トイプードルの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士

ここではトイプードルの餌の選び方とおすすめのドッグフードをご紹介します。トイプードルの特徴を踏まえた上で、トイプードルに合った餌の選び方(ポイント3つ)と実際に選び方を使っておすすめドッグフードをランキング形式にしました。

 

トイプードルの餌の選び方【目次】

 

トイプードルの餌の選び方【3つのポイント】

高たんぱくなドッグフードを選ぶ

トイプードルにはパテラを発症する子が多いです。もちろん先天的に発症してしまう子もいますが、ひざ周りや足に十分な筋肉を付けて体重をコントロールすることで後発的なパテラをある程度予防できます。

 

高たんぱくなドッグフードを選び、1日1回の散歩では土や芝生の上を歩かせてあげて筋力の増加・維持を心がけましょう。

 

チキンがメインのドッグフードを選ぶ

トイプードルはたれ耳も為、耳が蒸れ易く外耳炎にかかる子が多いです。ビタミンA・B・ベータカロテンなど、粘膜強化や免疫力の向上に役立つ栄養素が多く含まれたチキンがメインのフードがおすすめです。

 

豚肉にも含まれていますが、豚肉がメインのフードは少ないです。穀物にも含まれていますが、穀物に含まれる糖質によって太り易くなるのでチキンがベストです。

 

穀物不使用を選ぶ

「低カロリー」・「ダイエットサポート」など言い方は様々ですが、それらの大半は「穀物がメインの低カロリー・高炭水化物」のドッグフードです。

 

これは「体を作る栄養が少なく、体を動かす為のエネルギーが多いフード」で、結果的に体重は減りますが脂肪が増え、代謝が下がるので太り易くなります。

 

筋肉よりも脂肪の方が軽いので筋肉量が下がると体重も減ります。数字的には痩せたように見えますが、体系的には変わらない・むしろ太った!という子が多いのはこの為です。

 

トイプードルにおすすめのドッグフードは?徹底比較!

 

たんぱく質

メインの肉材料

穀物不使用

カナガン

33.00%

チキン(55.7%)

ナチュラルドッグフード

20.00%

ラム(55%)

ファインペッツ極

36.00%

アヒル(不明)

モグワン

28.00%

チキン(33%)

ネルソンズ

30.00%

チキン(46%)

オリジン

38.00%

チキン(55%)

ロイヤルカナン

19.00%

チキン

×

アーテミス

25.00%

チキン

ニュートロナチュラルチョイス

25.00%

チキン

×

サイエンスダイエット

21.00%

チキン

×

アイムス

22.00%

チキン

×

アカナ

27.00%

ラム(50%)

ヤラー

24.00%

チキン(23%)

 

トイプードルにおすすめなドッグフードランキング

カナガンドッグフードのおすすめポイント

カナガンは高たんぱくで穀物不使用なドッグフードです。チキン可食部のみ(骨などを除く)は全体の55.7%も使用している為、トイプードルにとっても消化によいので涙やけや目やにも減ります。また、穀物の変わりにサツマイモを使っているので低GIでゆっくりと消化されていくため、太りにくく脂肪がつきにくいので筋肉量が多く、ガッシリとした太りにくいトイプードルに育ちます。

価格 3,960円(1袋2.0kg)
評価 評価5
備考 子犬~シニアまで対応/人工添加物不使用/グレインフリー/材料はヒューマングレード
カナガンドッグフードの総評

カナガンが穀物の変わりに使っているサツマイモは不溶性食物繊維と水溶性食物繊維のバランスが良い食材で、便秘や下痢の解消にもおすすめです。サツマイモだけでなく、オリゴ糖も配合なのでトイプードルのお腹に優しいドッグフードでです。

 

ネルソンズドッグフードのおすすめポイント

ネルソンズドッグフードは原材料にチキンの可食部だけを46%以上使った穀物不使用のドッグフードです。グルコサミンやコンドロイチンも配合でパテラが多いトイプードルにオススメのドッグフードです。ネルソンズドッグフードは7ヵ月から7歳までの全犬種(トイプードル含む)に対応した総合栄養食です。

価格 3,960円(2.0kg)
評価 評価4
備考 グレインフリー/グルコサミン・コンドロイチン配合/.人口添加物・着色料・香料不使用

 

オリジンのおすすめポイント

オリジンは当サイトで紹介しているドッグフードの中で最も高たんぱくなドッグフードです。もちろん、穀物は不使用でメインとなるチキンだけで55%使用、魚なども含めると肉食材だけで80%も使用しています。関節をサポートしてくれるグルコサミンやコンドロイチンの他、トイプードルの被毛を美しく保つのにかかせない必須脂肪酸も含まれています。

価格 6,156円(2.27kgの定価)
評価 評価4
備考 グレインフリー/人口添加物無添加/材料はヒューマングレード/当サイト内で最も高たんぱく

 

トイプードル用ドッグフードのQ&AⅠ:トイプードルがあんまり餌を食べてくれないんだけど

トイプードルに限らず、小型犬の場合は食が細い子が多く一度に食べる量が少ない子が良くいます。その際、よく体重を気にされる飼い主さんがいます。

 

もちろん体重が増えていないと不安にはなりますが、「トイプードルの理想体重」や「トイプードルの平均体重」などで調べて出てくる数値はあくまで一般的な体重にすぎません。

 

その子の骨格・身長や運動量・食事量などによって全く変わってくるのであくまで参考程度に考えて、BCS(ボディ・コンディション・スコア)を参考にして下さい。

 

ネットで調べればすぐに出てきますし、もしそれでも不安なら通っている病院の獣医に相談してみましょう。

 

全くご飯を食べない場合は「犬がご飯(餌)を食べない・食欲不振の時の対処法」も参考にして下さい。

 

トイプードル用ドッグフードのQ&AⅡ:トイプー用のドッグフードにした方がいいの?

ロイヤルカナン・愛犬元気・プロマネージなどから「トイプードル用」のドッグフードが販売されています。原材料や成分などを見ても、これといって優れた点はありません。

 

むしろランキング内でご紹介しているドッグフードの方が栄養価・原材料の質による消化吸収率など、優れたものが多いです。

 

もっともらしく「被毛」や「健康」について書かれている商品が多いんですが、そういった面を期待するのであれば原材料の質や添加物不使用のものを選んだ方が効果を期待できます。

関連ページ

チワワの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではチワワにおすすめの餌の選び方とおすすめドッグフードをランキング形式でご紹介していきます。チワワの特徴やかかり易い病気などを元にチワワにおすすめの餌の選び方をご紹介しています。
柴犬の餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここでは柴犬に合った餌の選び方を3つのポイントに絞ってご紹介しています。また、選び方を元におすすめドッグフードのランキングも作成しました。柴犬を飼っている方・これから飼うという方は参考にしてみて下さい。
ダックスフンドの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではダックスフンドの特徴やかかり易い病気を元に、ダックスフンドに合ったドッグフードの選び方と、それを元におすすめドッグフードをご紹介します。既にダックスと一緒に暮らしている方も、これからダックスを迎える方も参考にしてみて下さい。
ポメラニアンの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではポメラニアンに合った餌の選び方とおすすめドッグフードをランキング形式でご紹介していきます。餌の選び方についてはポメラニアンの特徴やかかり易い病気などを元にまとめました。これからポメラニアンを迎える人も、既にポメラニアンと暮らしている方も参考にしてみて下さい。
ヨークシャーテリアの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではヨークシャーテリアの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはヨークシャーテリアの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからヨークシャーテリアを飼う人も、既にヨークシャーテリアと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
パピヨンの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではパピヨンの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはパピヨンの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからパピヨンを飼う人も、既にパピヨンと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
シーズーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではシーズーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはシーズーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからシーズーを飼う人も、既にシーズーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
フレンチブルドッグの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではフレンチブルドッグの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはフレンチブルドッグの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからフレンチブルドッグを飼う人も、既にフレンチブルドッグと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
ミニチュアシュナウザーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではミニチュアシュナウザーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはミニチュアシュナウザーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからミニチュアシュナウザーを飼う人も、既にミニチュアシュナウザーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
マルチーズの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではマルチーズの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはマルチーズの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからマルチーズを飼う人も、既にマルチーズと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
ウェルシュ・コーギーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではウェルシュ・コーギーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはウェルシュ・コーギーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからウェルシュ・コーギーを飼う人も、既にウェルシュ・コーギーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
パグの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではパグの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。パグは遺伝的にレッグ・ペルテスや膝蓋骨脱臼を起こしやすい犬種です。そんなパグの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからパグを飼う人も、既にパグと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
ミニチュア・ピンシャーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではミニチュア・ピンシャーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはミニチュア・ピンシャーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからミニチュア・ピンシャーを飼う人も、既にミニチュア・ピンシャーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
ラブラドール・レトリバーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではラブラドール・レトリバーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはラブラドール・レトリバーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからラブラドール・レトリバーを飼う人も、既ラブラドール・レトリバーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。