チワワの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士

MENU

チワワの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士

ここではチワワの餌の選び方とおすすめのドッグフードをご紹介します。チワワの特徴を踏まえた上で、チワワに合った餌の選び方(ポイント3つ)と実際に選び方を使っておすすめドッグフードをランキング形式にしました。

 

チワワの餌の選び方【目次】

 

チワワの餌の選び方【3つのポイント】

高たんぱくなドッグフードを選ぶ

チワワは室内飼いなので肥満になり易い子が多いです。高たんぱくなフードにすることで、運動量の少ないチワワの筋肉量を維持することで基礎代謝を上げることで太りにくくなります。

 

毎日では無くてもよいので定期的に散歩やドッグランなどに連れて行って運動量を増やしてあげるのも有効です。

 

オメガ3・オメガ6脂肪酸配合の被毛に良いものを選ぶ

チワワにはロング(長毛)とスムース(短毛)の2種類がいます。ロングは美しい被毛を・スムースは健康な皮膚を維持する為にもオメガ3・オメガ6を配合したドッグフードを選んであげましょう。

 

グレインフリー(穀物不使用)を選ぶ

穀物に含まれる糖質は脂肪になりやすく、室内飼いの多いチワワにとっては肥満の原因になります。また、体が小さいということはそれだけ腸も短く穀物の消化には負担がかかります。

 

理想は穀物不使用です。原材料欄は使用料の多い順番に書いてあるので、1番目~4番目までに穀物が入っていないものを選んであげましょう。

 

チワワにおすすめのドッグフードは?徹底比較!

 

たんぱく質

オメガ3/オメガ6脂肪酸

穀物不使用

カナガン

33.00%

0.90% / 2.80%

ナチュラルドッグフード

20.00%

1.51% / 3.44%

ファインペッツ極

36.00%

1.90% / 3.60%

モグワン

28.00%

1.29% / 1.63%

ネルソンズ

30.00%

0.24% / 2.20%

オリジン

38.00%

1.10% / 3.00%

ロイヤルカナン

19.00%

0.57% / 2.93%

×

アーテミス

25.00%

0.40% / 2.40%

ニュートロナチュラルチョイス

25.00%

記載なし

×

サイエンスダイエット

21.00%

0.35% /2.70%

×

アイムス

22.00%

0.13% /1.19%

×

アカナ

27.00%

0.80% / 1.60%

ヤラー

24.00%

0.40% / 2.40%

 

チワワにおすすめなドッグフードランキング

カナガンのおすすめポイント

カナガンは高たんぱくでオメガ3・オメガ6を配合し、穀物不使用のドッグフードで柴犬に向いています。また、ファインペッツ極やオリジンと比べると価格的にも最もリーズナブルで継続してあげていくのにも適したドッグフードとも言えます。粒も小粒なので体の小さなチワワに向いています。穀物の変わりに使用しているサツマイモは水溶性食物繊維が豊富で便秘やお腹の弱い子にもおすすめです。

価格 3,960円(1袋2.0kg)
評価 評価5
備考 子犬~シニアまで対応/人工添加物不使用/グレインフリー/材料はヒューマングレード
カナガンの総評

カナガンは穀物の変わりにサツマイモは低GI値なので、ゆっくりと消化していきます。好き嫌いや食わず嫌いによって空腹時間ができることで低血糖症を引き起こし易い「チワワの子犬」に最もおすすめしたいドッグフードです。

 

ファインペッツ極のおすすめポイント

ファインペッツ極も高たんぱく・穀物不使用でオメガ3・オメガ6脂肪酸を配合したチワワにおすすめできるドッグフードです。お試し価格で購入できる点も評価しました。チワワは食べる量が少ないので、1.5㎏という少なめの量で1ヵ月ほどで食べきれるサイズなのも評価しました。(保存料は天然由来成分なので)但し、カロリーが高いので給餌量には気を付けて下さい。

価格 1,000円(1.5kgのお試し価格)
評価 評価4
備考 グレインフリー/材料の9割は肉食材/消化吸収率87%

 

オリジンのおすすめポイント

オリジンは高たんぱく・穀物不使用で必須脂肪酸も配合されています。材料にもこだわった本当に素晴らしいフードなんですが、2.27㎏は小食のチワワが完食するには少し時間がかかります。オリジンも保存料は天然由来成分なので、酸化が気になります。340gもありますが、これだと割高になりますし、その都度購入する手間もかかる為、良いフードですがチワワには使い勝手の悪いフードと言えます。多頭飼いならおすすめです。

価格 6,156円(2.27kgの定価)
評価 評価4
備考 グレインフリー/人口添加物無添加/材料はヒューマングレード/当サイト内で最も高たんぱく

 

チワワ用ドッグフードのQ&AⅠ:ロイヤルカナンのから「チワワ用」の餌ってどうなの?

結論としては当サイトがおすすめしている無添加のプレミアムドッグフードの方が成分・原材料などの点が優れていると言えます。

 

ロイヤルカナンの「チワワ 成犬用」の特徴を見てみると以下のような内容が書かれています。

 

  • 優れた嗜好性
  • 消化率を高めることで糞便の量と臭いを軽減
  • 歯の健康のために

 

嗜好性については「厳選されたフレーバー」と書かれています。ちなみにこれをサポートセンターに問い合わせても内容は教えてくれません。香料が使われている可能性は否定できません。

 

うんちの量と臭いについてですが、ビートパルプに加えて植物性繊維(セルロースのこと?)が含まれています。不溶性の食物繊維なのでうんちの量はかえって増えるんですが…。

 

ポリリン酸ナトリウムを使用しています。確かに歯石の沈着を防ぐ効果はありますが、ヒトでは腎臓の負担となる他、軽い貧血・石炭沈着・骨の形成異常が懸念されている食品添加物です。

 

チワワ用ドッグフードのQ&AⅡ:「チワワがご飯を食べてくれない!」どうしたらいいの⁉

犬がご飯(餌)を食べない・食欲不振の時の対処法」を参考にしてみて下さい。但し体が小さいチワワは「低血糖症」を起こしやすい犬種です。

 

特に子犬チワワは低血糖症を発症し易いので「食べない時にお皿を下げる」方法や「最大2日間様子を見る」方法を実践する際は注意してください。

 

その可愛さから、幼いうちに甘やかして育ててしまう飼い主が多く、成犬になってからとてもわがままで好き嫌いの多い子になるケースが多いです。

 

空腹時間が長いと低血糖症をおこしてしまうので、どうしても何も食べてくれない時を除いて、基本的に「おやつ」や「頻繁にフードを変える」といった行動は避けましょう。

関連ページ

トイプードルの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではトイプードルに合った餌の選び方と、選び方を元におすすめドッグフードをランキング形式でご紹介しています。選び方についてはトイプードルの特徴やかかり易い病気を元にしています。既にトイプードルと一緒に暮らしている方も、これからトイプードルを家族に迎える方も参考にしてみて下さい。
柴犬の餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここでは柴犬に合った餌の選び方を3つのポイントに絞ってご紹介しています。また、選び方を元におすすめドッグフードのランキングも作成しました。柴犬を飼っている方・これから飼うという方は参考にしてみて下さい。
ダックスフンドの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではダックスフンドの特徴やかかり易い病気を元に、ダックスフンドに合ったドッグフードの選び方と、それを元におすすめドッグフードをご紹介します。既にダックスと一緒に暮らしている方も、これからダックスを迎える方も参考にしてみて下さい。
ポメラニアンの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではポメラニアンに合った餌の選び方とおすすめドッグフードをランキング形式でご紹介していきます。餌の選び方についてはポメラニアンの特徴やかかり易い病気などを元にまとめました。これからポメラニアンを迎える人も、既にポメラニアンと暮らしている方も参考にしてみて下さい。
ヨークシャーテリアの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではヨークシャーテリアの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはヨークシャーテリアの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからヨークシャーテリアを飼う人も、既にヨークシャーテリアと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
パピヨンの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではパピヨンの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはパピヨンの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからパピヨンを飼う人も、既にパピヨンと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
シーズーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではシーズーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはシーズーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからシーズーを飼う人も、既にシーズーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
フレンチブルドッグの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではフレンチブルドッグの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはフレンチブルドッグの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからフレンチブルドッグを飼う人も、既にフレンチブルドッグと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
ミニチュアシュナウザーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではミニチュアシュナウザーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはミニチュアシュナウザーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからミニチュアシュナウザーを飼う人も、既にミニチュアシュナウザーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
マルチーズの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではマルチーズの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはマルチーズの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからマルチーズを飼う人も、既にマルチーズと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
ウェルシュ・コーギーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではウェルシュ・コーギーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはウェルシュ・コーギーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからウェルシュ・コーギーを飼う人も、既にウェルシュ・コーギーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
パグの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではパグの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。パグは遺伝的にレッグ・ペルテスや膝蓋骨脱臼を起こしやすい犬種です。そんなパグの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからパグを飼う人も、既にパグと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
ミニチュア・ピンシャーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではミニチュア・ピンシャーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはミニチュア・ピンシャーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからミニチュア・ピンシャーを飼う人も、既にミニチュア・ピンシャーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
ラブラドール・レトリバーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではラブラドール・レトリバーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはラブラドール・レトリバーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからラブラドール・レトリバーを飼う人も、既ラブラドール・レトリバーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。