パグの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士

MENU

パグの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士

ここではそんなパグがかかり易い病気や体質・体格などを元にパグの餌の選び方とおすすめのドッグフードをご紹介します。パグは遺伝的にパテラや壊死性髄膜炎・パグ脳炎といった病気にかかり易い犬種です。その他にも遺伝的に発症しやすい病気がいくつかありますが、遺伝が原因の為予防や対策が難しい病気が多いです。パグと一緒に暮らしている方はぜひ参考にしてみて下さい。

 

パグの餌の選び方【目次】

 

パグの餌の選び方【3つのポイント】

オメガ3脂肪酸の豊富な餌を選ぶ

パグは顔のシワ部分に細菌が繁殖し易く、皮膚病にかかり易い犬種です。オメガ3脂肪酸の中に含まれるEPAは血液をサラサラにし、皮膚の表面まで栄養を行きわたらせてくれます。EPAは魚に多く含まれているので、魚ベースのドッグフードを選ぶのもおすすめです。

 

高たんぱくなドッグフードを選ぶ

パグは筋肉質な体系をしている犬種です。適度な運動と合わせて高たんぱくなドッグフードをあげましょう。筋肉量を維持することで皮膚病や短頭種気道症候群の悪化の原因となる肥満の予防につながります。

 

グレインフリー(穀物不使用)のものを選ぶ

パグにとってグレインフリーが望ましいのには2つの理由があります。1つは「穀物が消化・吸収に悪い」、2つ目は「穀物が太り易い」という理由です。

 

パグは肥満の割合が多く、全体の1割以上が肥満になると言われています。穀物は肉や魚と比べると栄養を吸収しにくくなります。

 

パグにおすすめのドッグフードは?徹底比較!

 

オメガ3脂肪酸

たんぱく質

穀物不使用

カナガン

0.90%

33.00%

ナチュラルドッグフード

1.51%

20.00%

ファインペッツ極

1.90%

36.00%

モグワン

1.29%

28.00%

ネルソンズ

0.24%

30.00%

オリジン

0.80%以上

38.00%

ロイヤルカナン

0.57%

19.00%

×

アーテミス

0.40%以上

25.00%

ニュートロナチュラルチョイス

不明

25.00%

×

サイエンスダイエット

0.35%以上

21.00%

×

アイムス

0.13%以上

22.00%

×

アカナ

0.80%以上

27.00%

ヤラー

0.40%以上

24.00%

ブラックウッド

0.70%以上

27.50%

フィッシュ4ドッグ

1.80%

26.00%

ナチュラルバランス

0.40%以上

23.00%

アボ・ダーム

記載なし

21.00%

ソルビダ

0.30%以上

22.00%

セレクトバランス

記載なし

22.00%

×

ボッシュ

記載なし

25.00%

×

ナチュラルハーベスト

0.60%

18.00%

スーパーゴールド

記載なし

22.00%

ニュートロシュプレモ

0.30%以上

26.00%

ワイソン

0.80%

30.00%

ホリスティックレセピー

0.25%

22.00%

ビィナチュラル

0.60%以上

22.00%

グリーンフィッシュ

0.32%

24.00%

×

ビルジャック

0.25%以上

26.00%

×

ベストバランス

記載なし

21.00%

×

※、「×」はトウモロコシ・小麦・大豆を使用、「△」はそれ以外の穀物を使用

 

パグにおすすめなドッグフードランキング

ファインペッツ極のおすすめポイント

ファインペッツ極は穀物不使用でオメガ3脂肪酸・たんぱく質の割合が最も優れたドッグフードで、皮膚病や肥満が気になるパグに最もおすすめのドッグフードです。ファインペッツのメイン材料はアヒルですが、ニシンも使っています。青魚は魚の中でもEPAが多いので血液をサラサラにし、パグに多い皮膚病予防に期待ができるドッグフードです。

価格 1,000円(1.5kgのお試し価格)
評価 評価5
備考 グレインフリー/材料の9割は肉食材/消化吸収率87%
ファインペッツ極の総評

ファインペッツ極は穀物不使用で、アヒルとニシンを全体の90%使用した贅沢なドッグフードです。当サイトで最も高たんぱくなオリジンの肉・魚の使用量が80%ということを考えると肉・魚の割合がどれだけ高いかお分かり頂けると思います。吸収率は87%と高いので、パグの消化にも優しいおすすめのドッグフードです。

 

モグワンドッグフードのおすすめポイント

モグワンドッグフードは穀物不使用でオメガ3脂肪酸が1.29%、たんぱく質の割合が28%のドッグフードです。たんぱく質の割合はオリジンと比べると少ないんですが、少ない分にはお肉をトッピングしたりして加えることができます。高たんぱく過ぎてお腹の調子が悪くなる子もいるので、そういった子の場合はモグワンに茹でたささみ肉などのトッピングで調整してあげると良いでしょう。

価格 3,960円(1.8㎏)

【ドッグフード博士限定】上記金額から50%OFFキャンペーン中

評価 評価45
備考 グレインフリー/材料の50%以上は動物性の肉食材を使用/人口添加物不使用

 

オリジンドッグフードのおすすめポイント

オリジンドッグフードは穀物不使用で最も高たんぱく(38%)のドッグフードです。オメガ3脂肪酸も0.8%含まれているのでパグにおすすめのドッグフードです。当サイトでは

「オリジナル」をレビューしましたが、魚を使った「シックスフィッシュ」はオメガ3脂肪酸が2.0%以上なのでよりパグにおすすめです。中には高たんぱくなフードが合わずに下痢をしてしまう子もいるので、そういった場合はモグワンやカナガンといったたんぱく質の割合が低めのものに変えてあげると良いでしょう。

価格 6,480円(2.0㎏)
評価 評価4
備考 グレインフリー/人口添加物無添加/材料はヒューマングレード/「シックスフィッシュ」がおすすめ

 

アカナドッグフードのおすすめポイント

当サイトではアカナの「グラスフェッドラム」をレビューしましたが、魚を使った「パシフィカ」はオメガ3脂肪酸が2.0%以上、イワシだけで作られた「パシフィックピルチャード」もオメガ3脂肪酸が1.5%以上と豊富です。もちろん、どれも高たんぱくで穀物不使用なのでパグにおすすめのドッグフードと言えます。

価格 5,300円(2.0kg)
評価 評価35
備考 グレインフリー(穀物不使用)/「パシフィック」か「パシフィックピルチャード」がおすすめ/人工添加物無添加

 

フィッシュ4ドッグドッグフードのおすすめポイント

フィッシュ4ドッグはたんぱく源に肉を使わず、魚だけで作られたドッグフードです。その為、オメガ3脂肪酸が豊富で皮膚トラブルが多いパグにおすすめのドッグフードです。たんぱく質は26%で、高いとは言えませんが市販のフードと比べれば十分です。子犬用には「パピー」があるのでそちらをあげて下さい。

価格 5,130円(3.0kg)
評価 評価3
備考 グレインフリー(穀物不使用)/魚がメインでオメガ3脂肪酸が豊富/無添加

パグに合うドッグフード選びで迷ったらおすすめはコレ!

パグの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士

ファインペッツ極ドッグフードがパグにおすすめな理由
  • 抗炎を抑える働きが期待できるオメガ3脂肪酸が豊富
  • たんぱく質36%の超高たんぱく
  • 穀物不使用(グレインフリー)
  • 人間も食べられる高品質の食材を使用
  • 合成の保存料や着色料など不使用

 

ファインペッツ極は炎症を抑える働きが期待される、オメガ3脂肪酸の割合が高く皮膚トラブルの多いパグにもっともおすすめなドッグフードです。また、筋肉質なパグの体型を維持する為にもファインペッツ極のような高たんぱくなフードが適しています。

 

唯一気を付けて欲しいのが、高カロリーな点です。100g辺り415㎉と、かなりハイカロリーな作りになっています。給餌量を徹底し、朝晩30分の散歩や家で体を使った遊びをしてあげて下さい。

 

たくさん量を食べたい子はカナガンやモグワンなどカロリーが控えめなフードに切り替えてあげましょう。基本的には十分な運動と給餌量の徹底をしていればファインペッツ極が最もパグに適したフードです。

 

 

パグの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士

 

パグ用ドッグフードのQ&AⅠ:パグの餌はアレルギーを気にした方がいいの?

パグの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士

短毛なのでカビやダニなどの接触アレルギーは長毛種と比べるとなり易いかもしれませんが、特にパグだからといって食物アレルギーにかかり易いということはありません。

 

ただ、食物アレルギーの原因となる添加物や穀物などは避けた方が良いでしょう。

 

メインとなる肉や魚についても4Dミートや副産物といった消化に悪いものが使われているとアレルギーを起こしてしまう可能性があります。

 

モグワンオリジンのようにチキンと魚が半々で、高品質な肉部分のみを使ったドッグフードにすれば食物アレルギーを起こす可能性は少なくなります。

 

季節によってはマセラチア菌が繁殖してしまい臭いが気になったりもしますが、こういった病気もひ日ごろのケアと同様に高品質なドッグフードに切り替えてあげるだけで良くなるケースがあります。

 

これは高品質なフードは消化・吸収率が高く、皮膚の下にある毛細血管が隅々まで栄養を届けてくれる他、消化に使う体力が少なくて済むので免疫の維持にもつながる為です。

 

慢性的に皮膚病になり易いパグの子なら当サイトで紹介しているような高品質なドッグフードをあげてみて下さい。

 

パグ用ドッグフードのQ&AⅡ:パグ専用のドッグフードの評価は?

 

NG食材・添加物

ロイヤルカナン

米・トウモロコシ粉・動物性油脂・とうもろこし・小麦粉・コーングルテン。ビートパルプ・ソルビン酸カリウム・BHA・没食子酸プロピル

ウェルケア

チキンミール・米糖・小麦粉・グルテンフィード・米粉・グルテンミール・ビートパルプ・動物性油脂・食塩

 

ロイヤルカナンウェルケアから「パグ専用」のドッグフードが出ていますね。

 

公式サイトには「皮膚」や「関節」といったパグに多い病気について書かれていますがどちらも原材料には大量の穀物と添加物が使用されているのが分かります。

 

もちろん成分的にはサポートできるだけの割合が含まれているのかもしれませんが、穀物が多すぎて果たして全体の何%を消化・吸収できるのかといった問題が出てきます。

 

パグは特別消化能力が低いということはありませんが、やはり他の犬種同様に穀物の消化は苦手とします。

 

添加物についても健康被害のあるものも使用されている為、無添加・グレインフリーのパグにおすすめなドッグフードを選んであげて下さい。

 

パグ用ドッグフードのQ&AⅢ:パグがドッグフードを食べない原因と対策

パグがドッグフードを食べない時の対処法
  1. おやつをあげている場合はおやつを止める
  2. 食べなければお皿を下げる
  3. 今まであげていたドッグフードをフライパンでかるく炒る
  4. 食べないのが1~2日なら様子を見る(丸2日食べなければ病院へ)
  5. 下痢や嘔吐・ぐったりして動かないなどの症状があれば直ぐ病院へ

 

パグに限らず、犬がドッグフードを食べなくなる原因は「病気による体調不良」か「わがまま」の2つです。基本的にわがままであれば上記を1から順番に試して貰うことでまた食べるようになります。

 

「病気」か「わがまま」の判断がつかない時は、「元気の有無(散歩や遊びたがる)」・「食欲の有無(おやつや人間の食べ物は食べる)」・「排泄の状態(便やおしっこに問題がない)」場合、わがままの可能性が高いです。

 

突然食べてくれなくなると確かに心配なんですが、「新しいドッグフードを試す」・「トッピングをする」などはパグに「食べなければおいしいものをくれる」と勘違いさせる原因になってしまうので、最終手段にとっておきましょう。

 

パグ用ドッグフードのQ&AⅣ:パグのダイエットにおすすめなドッグフードはどれ?

パグの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士

パグのダイエットに限った話ではありませんが、犬を健康に痩せさせる為には「高たんぱくなフード」と「適切な給餌量」・「運動」が大切です。高たんぱくなフードについては「パグにおすすめのドッグフードは?徹底比較!」をご覧ください。

 

ダイエットを成功させる秘訣は、いかに「筋肉を落とさずに脂肪を減らすか」です。筋肉はエネルギー(カロリー)を消費する為に大切な要素ですが、急な食事制限を始めると筋肉量が減ってしまいます。

 

筋肉の維持にはどうしてもたんぱく質が必要です。また、食事制限だけではパグにとってもストレスとなります。パグが太ってしまった原因は飼い主であるあなたに責任があります。

 

散歩時間を増やすなど、あなたも一緒にダイエットする姿勢が必要です。ダイエット方法について詳しくは「【病気になる前に!】犬に効果的なダイエット方法」を参考にしてみて下さい。

 

パグ用ドッグフードのQ&AⅤ:パグに1日にあげる餌の量はどれくらい?

パグの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士

ここからはパグのライフステージ毎におすすめのドッグフードと1日にあげる目安量をまとめました。栄養要求量は個体差があるので、ここで紹介する量を食べきらなかったり、食べすぎても問題はありません。

 

実際にあげる時は、目安量をあげて翌日の便をチェックします。便は食べ過ぎると軟便に、少ないと硬くなる傾向があります。その為、便の状態に合わせて目安量から10%程度を調節してあげて下さい。

 

パグの子犬におすすめなファインペッツ極ドッグフードを1日にあげる量

パグの子犬の体重(㎏)

生後2~3カ月

1日の給餌量(g)

生後3~6カ月

1日の給餌量(g)

生後6~12カ月

1日の給餌量(g)

1

35~50

 

 

2

60~90

50~70

35~55

3

85~100

65~95

50~70

4

105~150

85~120

(95)

5

125~175

100~140

75~105

6

140~200

(161)

(129)

7

160~230

125~185

(145)

8

175~250

140~200

(160)

9

190~275

(218)

(175)

 

上記はパグの子犬におすすめなファインペッツ極ドッグフードを1日にあげる目安量です。「〇~〇」と書かれているのはメーカーが公表している目安量で、「(〇)」と書かれている部分はメーカーの目安量に記載がない部分です。

 

その為、当サイトにてDER(1日に必要なエネルギー要求量)という式を使って計算しました。どちらを参考にしても良いですが、必ず便の様子を見ながら量を調節してあげて下さい。

 

上記は1日分の目安量です。生後6カ月までは1日3回に分けて、6カ月以降は1日2回に分けてあげて下さい。

 

パグの成犬におすすめなモグワンドッグフードを1日にあげる量

パグの成犬の体重(㎏)

1日の給餌量(g)

5~6

104~118

6~7

118~132

7~8

132~146

8~10

146~175

 

上記はパグの成犬におすすめなモグワンドッグフードを1日にあげる目安量です。上記は公式サイトの情報ですが、実際にあげる時は便の様子を見ながら量を調節してあげて下さい。

 

パグのシニア犬におすすめなオリジンドッグフードを1日にあげる量

パグのシニア犬の体重(㎏)

1日の給餌量(g)

5~6

83~95

6~7

195~107

7~8

107~118

8~9

118~129

9~10

129~140

 

上記はパグのシニア犬におすすめなオリジンドッグフードを1日にあげる目安量です。オリジンではシニア用の目安量を公表していないので、上記はDER(1日に必要なエネルギー要求量)という式を使って計算しました。

 

まとめ


ここではパグにおすすめなドッグフードと選び方をまとめました。パグは皮膚や目のトラブルが多い犬種です。目についてはパグの特徴から仕方のない部分もあります。

 

皮膚についてはオメガ3脂肪酸と太りにくいフードを選ぶことで、健康な皮膚を維持するのに期待ができます。このページを元にパグにあったドッグフードを選んであげて下さい。

関連ページ

チワワの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではチワワにおすすめの餌の選び方とおすすめドッグフードをランキング形式でご紹介していきます。チワワの特徴やかかり易い病気などを元にチワワにおすすめの餌の選び方をご紹介しています。
トイプードルの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではトイプードルに合った餌の選び方と、選び方を元におすすめドッグフードをランキング形式でご紹介しています。選び方についてはトイプードルの特徴やかかり易い病気を元にしています。既にトイプードルと一緒に暮らしている方も、これからトイプードルを家族に迎える方も参考にしてみて下さい。
柴犬の餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここでは柴犬に合った餌の選び方を3つのポイントに絞ってご紹介しています。また、選び方を元におすすめドッグフードのランキングも作成しました。柴犬を飼っている方・これから飼うという方は参考にしてみて下さい。
ダックスフンドの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではダックスフンドの特徴やかかり易い病気を元に、ダックスフンドに合ったドッグフードの選び方と、それを元におすすめドッグフードをご紹介します。既にダックスと一緒に暮らしている方も、これからダックスを迎える方も参考にしてみて下さい。
ポメラニアンの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではポメラニアンに合った餌の選び方とおすすめドッグフードをランキング形式でご紹介していきます。餌の選び方についてはポメラニアンの特徴やかかり易い病気などを元にまとめました。これからポメラニアンを迎える人も、既にポメラニアンと暮らしている方も参考にしてみて下さい。
ヨークシャーテリアの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではヨークシャーテリアの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはヨークシャーテリアの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからヨークシャーテリアを飼う人も、既にヨークシャーテリアと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
パピヨンの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではパピヨンの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはパピヨンの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからパピヨンを飼う人も、既にパピヨンと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
シーズーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではシーズーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはシーズーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからシーズーを飼う人も、既にシーズーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
フレンチブルドッグの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではフレンチブルドッグの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはフレンチブルドッグの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからフレンチブルドッグを飼う人も、既にフレンチブルドッグと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
ミニチュアシュナウザーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではミニチュアシュナウザーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはミニチュアシュナウザーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからミニチュアシュナウザーを飼う人も、既にミニチュアシュナウザーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
マルチーズの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではマルチーズの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはマルチーズの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからマルチーズを飼う人も、既にマルチーズと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
ウェルシュ・コーギーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではウェルシュ・コーギーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはウェルシュ・コーギーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからウェルシュ・コーギーを飼う人も、既にウェルシュ・コーギーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
ミニチュア・ピンシャーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではミニチュア・ピンシャーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはミニチュア・ピンシャーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからミニチュア・ピンシャーを飼う人も、既にミニチュア・ピンシャーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
ラブラドール・レトリバーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではラブラドール・レトリバーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはラブラドール・レトリバーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからラブラドール・レトリバーを飼う人も、既ラブラドール・レトリバーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。