ポメラニアンの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士

MENU

ポメラニアンの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士

ここではポメラニアンの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。あまり見かけませんが、中にはポメラニアンを外飼いうする方もいらっしゃる様ですが、ポメラニアンは小型犬ですし温度差にも弱い子なので室内で飼ってあげて下さいね。ポメラニアンの特徴とかかり易い病気を元にまとめたので参考にしてみて下さい。

 

【目次】

 

ポメラニアンの餌の選び方【3つのポイント】

無添加のドッグフードを選ぶ

ポメラニアンにはン涙やけや流涙症にかかる子が多いです。毛の生え方など、先天的な原因もお多いんですがドッグフードに含まれる「人口添加物」は流涙症の原因となります。

 

酸化防止剤・香料・着色料といった人口の添加物が入っていないものを選んであげましょう。

 

穀物不使用のドッグフードを選ぶ

穀物に含まれる糖質は肥満の原因となります。「ダイエットフード」や「満腹感サポート」系のフードには穀物が大量に使われ、肉材料を減らしているので低カロリーになっています。

 

「低カロリー=痩せる」と思いがちですが、まったく逆です!犬の肥満の原因はほとんどが穀物です。穀物不使用または極力穀物の割合が少ないものを選んであげて下さい。

 

ポメラニアンには高たんぱくフードがおすすめ

穀物不使用で高たんぱくなドッグフードは必然的に肉材料の割合が多くなります。肉材料は犬の血肉になり易いので穀物よりもずっと太りにくい食材です。

 

散歩と高たんぱくな食事だけでほとんどの子は肥満を防げます。

 

ポメラニアンにおすすめのドッグフードは?徹底比較!

 

添加物不使用

穀物不使用

たんぱく質

カナガン

33.00%

ナチュラルドッグフード

20.00%

ファインペッツ極

36.00%

モグワン

28.00%

ネルソンズ

30.00%

オリジン

38.00%

ロイヤルカナン

×

×

19.00%

アーテミス

25.00%

ニュートロナチュラルチョイス

×

25.00%

サイエンスダイエット

×

21.00%

アイムス

×

22.00%

アカナ

27.00%

ヤラー

24.00%

 

ポメラニアンにおすすめなドッグフードランキング

カナガンドッグフードのおすすめポイント

カナガンドッグフードは人口添加物無添加・穀物不使用・高たんぱくなドッグフードで、ポメラニアンにおすすめのドッグフードです。カナガンは穀物の代わりにサツマイモを使っています。サツマイモはゆっくりと消化されていくので穀物に比べて太りにくく、良質な繊維質が含まれているので下痢や便秘といったお腹の弱いポメラニアンにもおすすめできるドッグフードです。

価格 3,960円(1袋2.0kg)
評価 評価5
備考 子犬~シニアまで対応/人工添加物不使用/グレインフリー/材料はヒューマングレード
カナガンの総評

ポメラニアンに多い流涙症は添加物以外にも「穀物」や「消化に悪い粗悪な材料」によっても誘発します。カナガンドッグフードは流涙症の原因となるようなものは一切使用せず、犬の健康を一番に考えたドッグフードです。

 

モグワンドッグフードのおすすめポイント

モグワンドッグフードも高たんぱく・人口添加物不使用・穀物不使用のドッグフードです。カナガンやオリジンと比べるとたんぱく質の割合が28%と少ないんですが、チキンやサーモンなどの動物性の肉材料を50%以上使用しているので消化に優れます。また、100gあたり344㎉と他の商品と比べると低カロリーですが、肉食材が多く含まれているので穀物が入ったフードと比べればずっと太り難いフードです。

価格 3,960円(1.8kgの価格)
評価 評価45
備考 グレインフリー/材料の50%以上は動物性の肉食材を使用/人口添加物不使用

 

オリジンドッグフードのおすすめポイント

オリジンドッグフードは当サイト内で最も高たんぱくなドッグフードです。オリジンは非常に良いフードなんですが、非常に高栄養価なフードです。ポメラニアンも個体差があるのであまり高たんぱくなフードが合わない子もいます。その場合は様子をみながらカナガンやモグワンなど、少しずつたんぱく質の割合が少ないものに変えてみて下さい。

価格 6,156円(2.27kgの定価)
評価 評価35
備考 グレインフリー/人口添加物無添加/材料はヒューマングレード/当サイト内で最も高たんぱく

 

ポメラニアン用ドッグフードのQ&AⅠ:ポメラニアンにどれくらい餌をあげたらいいの?

ポメラニアンに対する給餌量についての質問は非常に多いんですが、結論としては「個体差があるのでそれぞれで違う」ということになります。

 

月齢や体重から給餌量を算出する方法もあるので参考にしてみて下さい。(理想はBCSとうんちの硬さ・食後の様子などを見ながら判断していく方が良いです)

 

  • 3ヶ月(体重1.0kg) 60g前後を1日3回
  • 4ヶ月(体重1.2g) 75g前後を1日3回
  • 6ヶ月(体重1.5kg) 85g前後を1日3回
  • 6ヶ月~(体重1.5kg) 75g前後を1日2回

 

うんちの硬さについては、餌の量が多いと軟便になり、量が少ないと硬くなる傾向にあります。その子の運動量によっても変わってくるのであくまで目安としてお考え下さい。

 

ポメラニアン用ドッグフードのQ&AⅡ:生後間もないポメラニアンには何をあげたらいいの?

離乳を前提に考えますが、ご家庭にくる前の環境で食べていたものを中心にあげるのが良いです。

 

決めつける訳ではありませんが、ブリーダーやペットショップなどでは当サイトとしてはあまりおすすめしていないようなドッグフードを食べさせているケースが多いです。

 

恐らく譲り受ける際に餌についての説明も受けるはずです(今まで食べていたフードを少し分けてくれるところもある)。

 

どんなに優れたフードであっても、今まで食べていたフードから急に変えるとほとんどの子はお腹の調子が悪くなります。

 

ましてや生活環境が急激に変わって、知らない人の家に連れてこられた状態です。ただでさえストレスがかかっている状態です。

 

なので餌だけでも以前と同じものにしてあげて、ご自宅やご家族に慣れてきたころに少しずつフードを切り替えるのが良いでしょう。

 

関連ページ

チワワの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではチワワにおすすめの餌の選び方とおすすめドッグフードをランキング形式でご紹介していきます。チワワの特徴やかかり易い病気などを元にチワワにおすすめの餌の選び方をご紹介しています。
トイプードルの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではトイプードルに合った餌の選び方と、選び方を元におすすめドッグフードをランキング形式でご紹介しています。選び方についてはトイプードルの特徴やかかり易い病気を元にしています。既にトイプードルと一緒に暮らしている方も、これからトイプードルを家族に迎える方も参考にしてみて下さい。
柴犬の餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここでは柴犬に合った餌の選び方を3つのポイントに絞ってご紹介しています。また、選び方を元におすすめドッグフードのランキングも作成しました。柴犬を飼っている方・これから飼うという方は参考にしてみて下さい。
ダックスフンドの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではダックスフンドの特徴やかかり易い病気を元に、ダックスフンドに合ったドッグフードの選び方と、それを元におすすめドッグフードをご紹介します。既にダックスと一緒に暮らしている方も、これからダックスを迎える方も参考にしてみて下さい。
ヨークシャーテリアの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではヨークシャーテリアの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはヨークシャーテリアの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからヨークシャーテリアを飼う人も、既にヨークシャーテリアと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
パピヨンの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではパピヨンの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはパピヨンの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからパピヨンを飼う人も、既にパピヨンと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
シーズーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではシーズーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはシーズーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからシーズーを飼う人も、既にシーズーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
フレンチブルドッグの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではフレンチブルドッグの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはフレンチブルドッグの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからフレンチブルドッグを飼う人も、既にフレンチブルドッグと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
ミニチュアシュナウザーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではミニチュアシュナウザーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはミニチュアシュナウザーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからミニチュアシュナウザーを飼う人も、既にミニチュアシュナウザーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
マルチーズの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではマルチーズの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはマルチーズの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからマルチーズを飼う人も、既にマルチーズと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
ウェルシュ・コーギーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではウェルシュ・コーギーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはウェルシュ・コーギーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからウェルシュ・コーギーを飼う人も、既にウェルシュ・コーギーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
パグの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではパグの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。パグは遺伝的にレッグ・ペルテスや膝蓋骨脱臼を起こしやすい犬種です。そんなパグの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからパグを飼う人も、既にパグと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
ミニチュア・ピンシャーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではミニチュア・ピンシャーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはミニチュア・ピンシャーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからミニチュア・ピンシャーを飼う人も、既にミニチュア・ピンシャーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
ラブラドール・レトリバーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではラブラドール・レトリバーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはラブラドール・レトリバーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからラブラドール・レトリバーを飼う人も、既ラブラドール・レトリバーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。