ペディグリーチャムの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士(コピー)

MENU

ペディグリーチャムドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士

ペディグリーチャムの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士

人口添加物 着色料 4D
あり あり 不明
保存料 香料 穀物類
天然由来成分 あり あり
ライフステージ 犬種 粒の大きさ
製品による 全犬種対応 製品による
ベース 1日あたりの価格※ 栄養バランス
穀物 18.1円 ×

※購入先・容量にもよるので目安

 

当サイトのペディグリーチャムドッグフードへの評価

ペディグリーチャムドッグフードは当サイトでは最低のEランクのドッグフードです。今回はペディグリーチャムの「成犬用 旨みビーフ&緑黄色野菜入り」の成分・原材料を分析しました。国内で発売当初はドッグブリーダーをCMに使い、「ブリーダーが推奨する良質なドッグフード」というブランドイメージを作り上げました。当時は「プレミアムフード」もなく、そもそもドッグフードにヒューマングレードの材料を使うなんていう考え自体がありませんでした。近年ではペットの健康に対する関心が高まり、プレミアムフードも出てきたなかペディグリーチャムは最低評価のEランクとなりました。その理由については下記のボタンからどうぞ。

 

 

ペディグリーチャムドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士

 

 

 

ペディグリーチャムドッグフード【目次】

 

 

ペディグリーチャムドッグフードの評判・口コミ一覧


ここでは一般の方のペディグリーチャムドッグフードに対する評判・口コミをまとめました。

 

ペディグリーはよく食べます…が

年齢/犬種 愛犬の気になる症状 評価
3歳/柴犬 食べない

普段はプレミアムフードや無添加にこだわったフードをあげていますが、やはり飽きるのか食いつきが悪くなってくるのでたまに購入します。今回は成犬用の旨みビーフを購入しました。食いつきは良いんですがどうしてわざわざ着色料なんて使って色付けするんでしょうか?仕方ないと思いつつも罪悪感にかられます。

 

残念!ペディグリーはコスパ下がりましたね

犬種 愛犬の気になる症状 評価
5歳/ラブラドールレトリバー なし

以前は12㎏だったんですが10㎏になった上に価格も変わってコスパ下がりましたね、とはいっても食いつき・価格共にまだ他のに比べれば良いのでリピしています。たまに飽きるのか食いつきが悪くなるのでランミールミックスと交互に与えています。

 

食いつきは良いんですがオシッコの色が…(ペディグリーチャム)

年齢/犬種 愛犬の気になる症状 評価
6歳/トイプードル オシッコの色が濃い

喜んで食べるのでローテーションに入れていますが、ペディグリーチャムを食べると決まっておしっこの色が濃くなります。着色料がきつすぎるんですかね?正直アメリカのお菓子みたいに食欲を失うような色をしています。ただ値段も安くて助かるので特に問題がないようなら今後も購入すると思います。

 

色々試したけどペディグリーの食いつきが案外良好

年齢/犬種 愛犬の気になる症状 評価
4歳/ミニピン 食べない

全く食べないという訳ではないんですが、どれもがっつくことはなく「出されたものを黙々と食べる」感じだったんですが、ペディグリーの小型犬用に変えたらけっこうご飯を用意する時に尻尾を振りながら待つようになって、食べ方もけっこうガツガツ食べるようになった気がします。

 

ずっとペディグリーチャムです

年齢/犬種 愛犬の気になる症状 評価
8歳/雑種 なし

多分柴の血が強い雑種です。うちで飼うようになってからずっとペディグリーチャムのドライフードをあげています。一時「7歳以上用」をあげた時期もあったんですが、食いつきが悪くなったので成犬用に戻しました。

 

ペディグリーが安いお店を見つけて購入

年齢/犬種 愛犬の気になる症状 評価
5歳/ビーグル なし

普段は近くのホームセンターで安くなった時にある程度まとめ買いをしています。今回たまたま楽天で安く出しているお店があったので送料も考えて7袋まとめ買いしました。普段ホームセンターで買うよりも安く購入できました。

 

ペディグリーチャムドッグフード(成犬用 旨みビーフ&緑黄色野菜入り)の原材料・成分の危険度は?


ペディグリーチャムドッグフードの原材料・成分などからペディグリーチャムドッグフードの危険度を当サイトの基準で評価しました。

 

ペディグリーチャムドッグフード(成犬用 旨みビーフ&緑黄色野菜入り)のすべての原材料&成分一覧

穀類、肉類(チキン加水分解物、チキン、ビーフ等)、大豆、油脂類(パーム油等)、タンパク加水分解物、植物性タンパク、ビートパルプ、キシロース、野菜類(トマト、ほうれん草、にんじん)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸)、ミネラル類(亜鉛、カリウム、カルシウム、クロライド、セレン、鉄、銅、マンガン、ヨウ素、リン)、アミノ酸(グリシン、システイン、メチオニン)、着色料(青2、赤102、黄4、黄5、二酸化チタン)、保存料(ソルビン酸K)、酸化防止剤(BHA、BHT、クエン酸)、pH調整剤

粗たんぱく質18.00%以上、脂質10.00%以上、水分10.50%以下、粗繊維4.00%以下、灰分8.00%以下、代謝エネルギー350kcal/100g

 

ペディグリーチャムドッグフード(成犬用 旨みビーフ&緑黄色野菜入り)の危険度チェック


人間が食べられない標準以下の食材で様々な病気を引き起こす「4D」・がん・肝臓障害・先天異常などを引き起こす原因にある「添加物」・大腸の炎症や痙攣の原因になる「穀類」等の危険なものが入っていないか?徹底分析しました。

 

〇〇副産物※4D 〇〇消化物※4D 〇〇粉※4D
不明 なし なし
〇〇ミール※4D 穀類(グレイン) 没食子酸プロピル
不明 あり(数種類) なし
BHT BHA エトキシキン
あり あり なし
動物性油脂 ソルビン酸カリウム グリシリジンアンモニエート
あり あり なし
ビートパルプ 亜硝酸ナトリウム 赤色40号
あり なし なし
青色2号 赤色3号 黄色5号
あり なし あり
黄色6号 青色1号
なし なし あり

 

ペディグリーチャムドッグフードの成分結果について

ペディグリーチャムはとにかく危険な添加物が大量に使われています。発がん性のある酸化防止剤(BHA・BHT)や着色料など、また、「穀類」とまとめられており小麦やトウモロコシなど何が使われているのか分かりません。たんぱく質はAAFCOが公表している最低基準値である「18%以上」となっていますが、穀物がメインに作られている為、18%全てを消化・吸収することは難しいでしょう。つまりペディグリーチャムを食べ続けるということは、数々の添加物を長期摂取し健康リスクが増えるということになります。

 

 

ペディグリーチャムドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士

 

 

ペディグリーチャムドッグフードの各商品まとめ

ペディグリーチャムドッグフード商品一覧 「特徴」と「危険な添加物・原材料」
成犬用 ビーフ&緑黄色野菜&魚入り

【特徴】:穀物メイン、超低たんぱく、着色料・保存料・酸化防止剤入り
【危険な添加物】:8種類
【不安な材料】:5種類

成犬用 チキン&緑黄色野菜入り

【特徴】:穀物メイン、超低たんぱく、着色料・保存料・酸化防止剤入り
【危険な添加物】:8種類
【不安な材料】:5種類

子犬用 チキン&緑黄色野菜入り

【特徴】:穀物メイン、着色料・保存料・酸化防止剤入り
【危険な添加物】:8種類
【不安な材料】:5種類

7歳から用 チキン&緑黄色野菜入り

【特徴】:穀物メイン、超低たんぱく、着色料・保存料・酸化防止剤入り
【危険な添加物】:7種類
【不安な材料】:4種類

11歳から用 チキン&緑黄色野菜入り

【特徴】:穀物メイン、超低たんぱく、着色料・保存料・酸化防止剤入り
【危険な添加物】:7種類
【不安な材料】:4種類

肥満気味の愛犬用 ささみ&ビーフ&緑黄色野菜入り

【特徴】:穀物メイン、超低たんぱく、着色料・保存料・酸化防止剤入り
【危険な添加物】:7種類
【不安な材料】:4種類

大型犬用 ビーフ&チキン&緑黄色野菜味

【特徴】:穀物メイン、超低たんぱく、着色料・保存料・酸化防止剤入り
【危険な添加物】:8種類
【不安な材料】:4種類

それいけ!小型犬 成犬用 (チキン チーズ入り)

【特徴】:穀物メイン、着色料・保存料・酸化防止剤入り
【危険な添加物】:8種類
【不安な材料】:6種類

それいけ!小型犬 成犬用 (チキン入り)

【特徴】:穀物メイン、着色料・保存料・酸化防止剤入り
【危険な添加物】:8種類
【不安な材料】:6種類

それいけ!小型犬 成犬用 (ビーフ入り)

【特徴】:穀物メイン、着色料・保存料・酸化防止剤入り
【危険な添加物】:8種類
【不安な材料】:6種類

それいけ!小型犬 子犬用 (チキン入り)

【特徴】:穀物メイン、保存料・酸化防止剤入り
【危険な添加物】:4種類
【不安な材料】:3種類

それいけ!小型犬 7歳から用 (チキン入り)

【特徴】:穀物メイン、着色料・保存料・酸化防止剤入り
【危険な添加物】:8種類
【不安な材料】:5種類

それいけ!小型犬 11歳から用 (チキン入り)

【特徴】:穀物メイン、着色料・保存料・酸化防止剤入り
【危険な添加物】:8種類
【不安な材料】:5種類

それいけ!小型犬 体重管理用 (チキン入り)

【特徴】:穀物メイン、超低脂質なフード
【危険な添加物】:3種類
【不安な材料】:4種類

 

ペディグリーチャムドッグフードを購入する前の不安FAQ

ペディグリーチャムってどういう意味?

直訳すると「ペディグリー = 純血・由緒正しい・血統」という意味になるそうです。「チャム」についても調べてみましたが、関連性のある単語は見つかりませんでした。

 

一部では「チャム = 仲間」で「ペディグリーチャム = 愛犬仲間」という意味だという内容もありましたが、情報の信頼性・信ぴょう性が低いです。

 

ペディグリーの子犬用って良くないの?

一言でまとめると「良くない」です。原料を見ると「穀類(とうもろこし、米等)」が一番最初に書かれています。つまりトウモロコシと米・その他の穀類がメインで作られていることが分かります。

 

穀物は犬にとって消化が難しいので成分に書かれている数値分を十分に消化・吸収できないだけでなく、食物アレルギーを起こしやす食材でもあります。

 

発がん性がある「酸化防止剤(BHA・BHT)」が使われています。また、長期摂取による健康被害のリスクがある着色料も使用されています。

 

そもそも犬は色によって嗜好性は左右されないので無駄に健康リスクを負う添加物が使われている点から、良いドッグフードとは言えません。

 

「ペディグリーチャムミキサー」と「ペディグリーチャム」の違いって何なの?

情報が古く誤りがあったら申し訳ありません。「ペディグリーチャムミキサー」に関しては1990年代にCMをやっていた、まだ当時は「マスターフーズリミテッド社」の頃の商品名です。

 

この当時はオーストラリアで生産されていましたが、現在はマースジャパンリミテッド社の商品になっており生産もタイになっています。

 

当時の成分表などは見つけられませんでしたが、現在のペディグリーチャムと比べるとどうなんでしょうね?

 

ただ、当時販売していた「ペディグリーチャムミキサー」というフードはもう存在しないので気にする必要はありません。

 

ペディグリーチャムの缶詰って評判はどうなの?

【成犬用】
ビーフ&緑黄色野菜
ビーフ&緑黄色野菜と魚入り
ビーフ&チキン&緑黄色野菜
ビーフ
チキン&緑黄色野菜
角切りビーフ
角切りビーフ&緑黄色野菜

 

【子犬用】
ビーフ&緑黄色野菜

 

【7歳以上用】
ビーフ&緑黄色野菜
ビーフ&チキン&緑黄色野菜

 

【11歳以上用】
ビーフ&緑黄色野菜
ビーフ&チキン&緑黄色野菜
チキン&緑黄色野菜
チキン&緑黄色野菜とお米入り
角切りビーフ
角切りビーフ&緑黄色野菜

 

【13歳以上用】
ビーフ&緑黄色野菜
ビーフ&チキン&緑黄色野菜
ビーフ
チキン&緑黄色野菜

 

ペディグリーの缶詰には上記のように多品種あります。基本的にはホームセンターの方が低価格なこともあり、ネット上の評判は少ないです。

 

材料的には「ビーフ」と書いてあってもチキン方が使用量が多かったりしますが、肉の使用量が多い点は評価できます。ただ発色剤や酸化防止剤なども使われています。

 

また、肉の質については分かりません。一部のリピート層の評判は良かったですが、当サイトとしては推奨できる内容ではありません。

 

ペディグリーチャムのCMを見ると凄く良さそうなんだけど実際はどうなの?

ペディグリーチャムのCMがやっていたのは1980~1990年代までです。CMの中では「トップブリーダー推奨」と言っている他、「獣医師と開発」とも書かれています。

 

確かに80~90年代は今のようにプレミアムフードはありませんでしたし、当時は犬が1日に必要とする栄養を補える優れたドッグフードだったのかもしれません。

 

但し、現在では研究が進みより消化・吸収に優れたグレインフリー(穀物不使用)のドッグフードや羽・くちばし・ヒヅメなどの副産物を使用しないプレミアムフードが販売されています。

 

その為、当時は優れたドッグフードだったかもしれませんが、現在では消化に悪く人口添加物を大量に使用した健康リスクの高いドッグフードと言えます。

 

 

ペディグリーチャムドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士

 

 

ペディグリーチャムドッグフード販売会社情報

会社名 マースジャパンリミテッド
住所 東京都港区港南1-2-70 品川シーズンテラス7F
電話番号 0120-164412(コールセンター)
生産国 タイ
価格(楽天を参照)

1.0㎏・・・468円
2.0㎏・・・740円
5.5㎏・・・1,780円
10.0㎏・・・2,779円

工場 品質管理基準に関する記述はなし
返品・交換 ペディグリーのHP上には返品・交換の情報は無し

ドッグフード業界の恐ろしい事実がついに判明・・・

ペディグリーチャムドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士

目的別のドッグフードおすすめランキング一覧

ペディグリーチャムドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士

関連ページ

ロイヤルカナン(犬)ドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
療法食を利用している方も多いロイヤルカナンですが、韓国産になるなどあまり良い評判がありません。ここではロイヤルカナンのドッグフードの評判、添加物と原材料から危険度のチェックをしました。
アーテミスドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
アーテミスはザ・ホール・ドッグ・ジャーナルというアメリカの犬専門雑誌で取り上げられたことを機に注目が高まったドッグフードです。その為、原材料の質や無添加の点についてはお墨付きです。ここではアーテミスのドッグフードのネット上の評判と当サイト独自の目線で成分を評価し、危険度チェックをしました。
ニュートロナチュラルチョイスの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ニュートロのナチュラルチョイスは人口添加物の他、犬が食物アレルギーを起こしやすい「小麦」・「トウモロコシ」・「大豆」などの穀物を使っていません。愛犬の健康に関心がある方の中ではよく名前があがるフードです。ここではニュートロのナチュラルチョイスの評判と、成分を独自の項目でチェックし危険度をランクつけしました。
サイエンスダイエット(犬)の評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
サイエンスダイエットは療法食も有名なヒルズ・コルゲート社のドッグフードです。ネットでの評判は市販のドッグフードよりは安全性が高いという認識が多いです。ここでは当サイト独自のチェック項目でサイエンスだいっとの成分をチェック、危険度ランクを付けました。
アイムスドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
アイムスは低価格でありながら天然由来の保存料を使用し、愛犬の健康意識が高い層からよく名前があがるドッグフードです。ここではネットでの評判と原材料を当サイト独自の切り口でチェックし、危険度ランクを付けました。
アカナドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
アカナはネットや2チャンネルを中心に愛犬の健康意識が特に高い層に評判の良いドッグフードです。添加物・原材料などの安全性が非常に高く、非常に優れたドッグフードと言えます。ここではアカナのドッグフードを当サイト独自のチェック項目にかけて自危険度をチェックしました。
ヤラードッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ヤラーはドッグフードでは珍しい「オーガニック」食材を使ったイギリス産のドッグフードです。自信もオーガニック思考の高い飼い主に評判のフードです。オーガニック認証団体「Skal」の認証を受けている為、オーガニックという付加価値は認めますが、とにかく高いです。そんなヤラーのドッグフードを独自のチェック項目で成分を危険度チェックしました。
ブラックウッドドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ブラックウッドははアメリアのペットフードメーカーで、低温調理・返金保証に特徴があるメーカーです。原材料は全てヒューマングレードなので、「ミール」なども使われていますが安全性の高いフードと言えます。ここではブラックウッドの評判・成分についてご紹介します。
フィッシュ4ドッグドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
フィッシュ4ドッグは魚がメインのドッグフードです。魚を全体の50%以上使い、無添加・穀物不使用な点は評価できるんですが、ポテトとエンドウの使用量が多いのが気になるフードです。ここではフィッシュ4ドッグの評判・成分についてご紹介します。
ナチュラルバランスドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ナチュラルバランスはアメリカの無添加ペットフードメーカーです。公式サイト内には副産物を使わないと書かれていることから、健康志向の強いオーナーから支持を得ています。ここではナチュラルバランスの評判と成分についてご紹介します。
アボ・ダームドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
アボ・ダームはアボカドを使用したドッグフードで、皮膚・被毛の健康維持に優れていると評判のドッグフードです。添加物も不使用で健康的ですが、穀物に関してはどうでしょうか?ここではアボ・ダームの評判・成分をご紹介します。
ソルビダドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ソルビダは主原料にオーガニック原料を使ったドッグフードです。オーガニック系のフードによくある小麦・トウモロコシなどは使わず、オーツ麦や大麦を使っているので一般的なオーガニック系フードよりも消化に優れています。ここではソルビダドッグフードの評判や成分をご紹介します。
セレクトバランスドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
セレクトバランスはドッグフードでは珍しい「オーガニック」食材を使ったイギリス産のドッグフードです。自信もオーガニック思考の高い飼い主に評判のフードです。オーガニック認証団体「Skal」の認証を受けている為、オーガニックという付加価値は認めますが、とにかく高いです。そんなヤラーのドッグフードを独自のチェック項目で成分を危険度チェックしました。
ボッシュドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ボッシュのドッグフードはISO9001やHACCPといった厳しい国際基準をクリアしたドイツの自社工場で作られた安全性の高いドッグフードです。材料に関しても有機栽培されたものを使うなど、安全性に対する関心が高いペットフードメーカーです。ここではボッシュの評判と成分を元に危険度を分析しました。
ナチュラルハーベストドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ナチュラルバランスはアメリカ生まれのドッグフードで、無添加・ヒューマングレードの材料を使用している他、第三者機関に成分分析を依頼した結果をHPで公表したり、全ての材料の原産国を公表している非常に安全度の高いペットフードメーカーです。ここではそんなナチュラルハーベストの評判と成分から危険度を分析しました。
スーパーゴールドドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
スーパーゴールドは森永乳業のグループ会社である「㈱森乳サンワールド」がアメリカの工場で生産しているドッグフードで、ブリーダーパックなど大袋があり大型犬をや多頭飼いの家庭から人気を集めています。ここではそんなスーパーゴールドの成分を調べて危険度を分析しました。また、評判についても集めたので参考にしてみて下さい。
ニュートロシュプレモドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ここではニュートロ社が製造・販売している「シュプレモ」の評判や成分を元に危険度チェックをしました。ナチュラルチョイスよりも肉材料の割合が増えている分、点数は高くなっていますがランクは同じくBでした。シュプレモをあげている方や、検討中の方は参考にしてみて下さい。
ワイソンドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ワイソンはドクターワイソンが監修して作ったアメリカ生まれのドッグフードで、安全性と「動物が野生で食べている食事」に最も近いフードを目指し、鮮度と有機栽培を重視して作られているドッグフードです。そんなワイソンの評判と成分から危険度を分析しました。
ホリスティックレセピードッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ホリスティックレセピーは日本の「㈱パーパス」という会社がアメリカの工場で作っているドッグフードです。無添加ということなんですが、食材に関しては「肉粉」や「穀物」など、消化が不安な材料が使われています。そんなホリスティックレセピーの評判・成分から危険度を分析しました。
ビィナチュラルドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ビィナチュラルは大阪にあるペットフード会社の商品で、オーストラリアにある工場で作られています。特に人気の高い「アレルカット」はカンガルー肉を使用した珍しいドッグフードで、食物アレルギーを持っている子に人気があります。ここではそんなビィナチュラルの評判・成分から危険度を分析しました。
グリーンフィッシュドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
グリーンフィッシュはイタリア生まれのドッグフードで、イタリアでは獣医が推奨しているという名前の通り魚がメインのドッグフードです。ここではグリーンフィッシュの評判や成分を分析し危険度をランク付けしました。
ビルジャックドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ビルジャックは「(有)ビージェイペットプロダクツ」が輸入代理店を務めているドッグフードでアメリカの工場で作られています。良質な蛋白源を多く使っていてなかなか良いことが書いてありますがどうでしょうか?ここではビルジャックの評判と成分を分析し危険度をチェックしました。
ベストバランスドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ユニチャームが作っている「ベストバランス」の評判・成分を分析し危険度をチェックしました。国内工場で作っていることもありなんとなく「安全」というイメージを持っている方もいるかと思いますが、ベストバランスをあげている方は一度読んでみて下さい。
ユーカヌバドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ユーカヌバはヒューマングレードの「高品質な原材料」を使い、仕入先長い取引があるところと取引を行い、さらには1点ずつチェックしているそうです。品質面での安全性は高そうですが、果たしてドッグフードとしての質はどうでしょうか?
ドクターズダイエットドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ドクターズダイエットはエランコジャパン社(旧ノバルティス社)が製造・販売する動物病院専用のドッグフードです。楽天やamazonからも購入が可能ですが、直接購入しようとすると提携の動物病院から購入するしかありません。いかにも健康そうな気がしますが実際はどうでしょうか?
ワンズライフドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ワンズライフは愛知県にある㈱スマックというペットフード会社が製造・販売しているドッグフードです。HPを調べてみたんですが、国内で製造されていることは分かりましたが工場がある場所まではわかりませんでした。ここでは当サイトの基準でワンズライフの危険度をチェックしていきます。
ランミールミックスドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ランミールミックスは日清ペットフード㈱が製造・販売するドッグフードです。ここではランミール・ミックスに使われている原材料・成分を分析し、当サイトの基準で危険度をチェックしました。現在ランミールをあげている方は参考にしてみて下さい。
ビタワンドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
黄色い袋が印象的なビタワンは「日本ペットフード㈱」という会社が製造・販売しており、日本国内で作られています。ビタワンの他にもコンボやビューティープロなど、犬を飼っていない人でも聞いたことがあるような商品を展開しています。その中でもここではビタワンの材料・成分を分析しました。
プロマネージドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
プロマネージはマースジャパンリミテッドが輸入・販売をしているペットフードです。公式サイト内には「ウォルサム研究所で開発」と書かれていますが、基本的にマース社の製品は全てウォルサム研究所が関わっています。にもかかわらずそれぞれ栄養価が異なるので「ウォルサム研究所が開発」したからといって得に意味はありません。ここではそんなプロマネージの成分・評判から危険度をチェックしました。
プロフェッショナルバランスドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
プロフェッショナルバランスはペットライン㈱が国内で製造・販売するドッグフードです。公式サイトを見ると「ペットフードの専門家たちが、この国に暮らす全ての愛犬のために開発した、美味しくて健康に良いバランスフード」と書かれていますが、果たして本当でしょうか?ここではプロフェッショナルバランスの評判・成分から危険度をチェックしました。
ビューティープロドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ビューティープロは「日本ペットフード㈱」が製造・販売するドッグフードで公式サイトの情報によると「美しさ」・「おいしさ」・「健康」の3つの特徴をもったドッグフードのようです。実際にビューティープロの評判と成分から危険度をチェックしてみました。
スタイルズドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
スタイルズは「㈱マルカン」が製造・販売するドッグフードで各犬種専用のソフトタイプ(半生)のドッグフードを出しています。半生タイプというと保存料などが気になるところです。スタイルズの成分や評判から危険度をチェックしたので現在スタイルズをあげている人は参考にしてみて下さい。
jPスタイルドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
jPスタイルは「日清ペットフード㈱」が製造・販売するドッグフードです。公式サイトをみると「日本に暮らす愛犬・愛猫のために安心・健康・おいしさを追求した香料・着色料無添加のドッグフード」という内容が書かれています。ここではjPスタイルの原料・評判から危険度をチェックしました。現在jPスタイルをあげている方は参考にしてみて下さい。
ゴン太のふっくらソフトドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ゴン太のふっくらソフトはセミモイストタイプの総合栄養食です。食感にこだわっているドッグフードで通常のドライフードとは違い、噛みごたえがあり間食率が高いのが特徴です。但し材料や添加物などはどうでしょうか?ここでは評判や材料を元にゴン太のふっくらソフトの危険度をチェックしてみました。
グラン・デリドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
グランデリはユニチャームペットが製造・販売するドッグフードです。同社のベストバランスは最低ランクでしたが、グランデリはどうでしょうか?ここではグランデリの評判・成分から危険度をチェックしました。現在グランデリをあげている方は参考にしてみて下さい。
家族のごはんドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
家族のごはんは「㈱スマック」というペットフード会社が製造・販売するドッグフードです。「すき焼き味」が特徴のドッグフードなんですが、成分や原材料はどうでしょうか?ここでは家族のご飯の評判や成分から危険度をチェックしてみました。現在家族のごはんをあげている方は参考にしてみて下さい。
いぬのしあわせドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
いぬのしあわせは「日清ペットフード㈱」が製造・販売する国産のドッグフードです。公式サイト内には3つの特徴として「国内製造」・「着色料無添加」・「独自の健康プログラム」が書かれていました、その他の添加物についてはどうでしょうか?ここではいぬのしあわせの評判・成分から危険度をチェックしました。
いぬのしあわせプッチーヌドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
いぬのしあわせは「日清ペットフード㈱」が製造・販売する国産のドッグフードです。公式サイトを見ると「小食」・「偏食」・「グルメ」なワンコの為の総合栄養食と書かれています。食いつきは良いかもしれませんが、成分や口コミから危険度をチェックしてみました。
愛犬元気ドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
愛犬元気はユニチャームが製造・販売するドッグフードです。愛犬元気にはウェットフードもありますが、ここではドライフードの成分・評判から危険度を分析しました。愛犬元気をあげている方は参考にしてみて下さい。
ジェムドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ジェムドッグフードは「ジェムペットサービス」というところが製造・販売しているドッグフードで同社は他にもおやつやトッピング用の生肉などを扱っています。ジェムドッグフードの評判や成分から危険度をチェックしたのでジェムが気になっている方は参考にしてみて下さい。
PIYOドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
PIYOのドッグフードは原材料のうち99%がオーガニック認証を受けた材料を使ったドッグフードです。当然無添加なので、材料の質・添加物に関しての危険は皆無です。ですが成分についてはどうでしょうか?ここでは評判や成分を元にPIYOの危険度をチェックしました。
ハッピードッグドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ハッピードッグはドイツのドッグフードで、日本では「ワールドプレミアム㈱」が正規輸入元となっています。ハッピードッグの成分や評判から危険度をチェックしたので、ハッピードッグが気になっている方は参考にしてみて下さい。
モアソフトドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
モアソフトは株式会社ペティオのブランドで国内で製造・販売されているセミモイストタイプのドッグフードです。セミモイストタイプということで保存料や酸化防止剤が気になる商品です。評判や成分から危険度をチェックしたのでモアソフトが気になっている方は参考にしてみて下さい。
メディコートドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
メディコートドッグフードはペットライン㈱が製造・販売するペットフードで、ここではメディコートのドッグフードの成分・口コミから危険度をチェックしました。メディコートをあげている方・これから買おうか迷っている方は参考にしてみて下さい。
プリスクリプションダイエットドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
プリスクリプションダイエットはヒルズが製造・販売する特定の病気の回復や進行を防ぐための療法食です。病気の回復や進行を防ぐ目的であげる為、プリスクリプションダイエットからの切り替えは難しく、獣医の指示が必要です。プリスクリプションダイエットの評判・成分から危険度をチェックしました。
ファーストチョイスドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ファーストチョイスは「アース」でお馴染みの大塚グループの「アース・バイオケミカル㈱」が製造・販売するペットフードで健康食品とペットフードの製造・販売を行っている会社です。殺虫剤などのイメージが強いアースの関連会社ということで、ファーストチョイスの成分・評価から危険度をチェックしてみました。
プリンシプルドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士(コピー)
プリンシプルドッグフードはアメリカで製造されたものを日本の「ワイ・エス・エンタープライズ」という会社が輸入元となって販売しているドッグフードです。合成添加物を不使用で厳選した材料を使用しているようですが、当サイトでのランクはどうでしょうか?評判・成分から危険度をチェックしてみたのでプリンシプルドッグフードが気になっている方は参考にしてみて下さい。
プロプランドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
プロプランはネスレ日本㈱グループであるネスレピュリナペットケア㈱が製造・販売するペットフードです。ピュリナワンやモンプチといった人気商品もありますが、今回は「プロプラン」の評判・成分から危険度をチェックしました。プロプランが気になっている方・あげている方は参考にしてみて下さい。
プロステージドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
プロステージは兵庫県にある「イースター㈱」が製造・販売するドッグフードです。プロステージ商品はアレルギーの多い穀物を不使用でっポークと米がメインに作られています。成分や評価をもとに当サイトで危険度チェックをしたのでプロステージをあげている方・気になっている方は参考にしてみて下さい。
ドクタープロドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ドクタープロはペットフード・ペットケア商品を製造・販売する「株式会社ニチドウ」のドッグフードです。ドラッグストアやスーパーでは見かけることがほとんどなく、ペットショップを中心に販売されています。ここではドクタープロの評判・成分から危険度をチェックしました。ドクタープロをあげている方は参考にしてみて下さい。
ドクターズチョイスドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ドクターズチョイスは「㈱オフィスピースワン」が製造・販売するドッグフードです。納豆菌をオーストラリアに送って、オーストラリアの工場で製造されているドクターズチョイスの評判・成分を元に危険度をチェックしました。ドクターズチョイスが気になっている方は参考にしてみて下さい。
ドゥロイヤルドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ドゥロイヤルは大阪にある「㈱ジャンプ」が製造・販売するドッグフードで、セミモイスト(半生)タイプのドッグフードです。セミモイストというと問題になるのが保存料などの添加物です。ドゥロイヤルの成分や評判を元に危険度をチェックしたので、ドゥロイヤルをあげている方は参考にしてみて下さい。
キャネディドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ドゥロイヤルは大阪にある「㈱ジャンプ」が製造・販売するドッグフードで、セミモイスト(半生)タイプのドッグフードです。セミモイストというと問題になるのが保存料などの添加物です。ドゥロイヤルの成分や評判を元に危険度をチェックしたので、ドゥロイヤルをあげている方は参考にしてみて下さい。
ウェルケアドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ウェルケアはプロステージなども手掛ける「イースター㈱」が製造・販売する「各犬種専用ドッグフード」です。それぞれの犬種事に悩みの多い病気や症状をケアする成分などを配合したドッグフードですが、危険度はどうでしょうか?成分や評判を元にチェックしてみたので、ウェルケアをあげている方は参考にしてみて下さい。
モッピープロドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
モッピープロはアメリカに本社があるケトン社のドッグフードで、国内には「㈱黒龍堂」が輸入をしています。衛生基準の厳しいオーストラリア産の原料・工場にこだわって作られているようですが、中身はどうでしょうか?成分・評判から危険度をチェックしてみたので、モッピープロをあげている・試そうと興味がある方は参考にしてみて下さい。
モッピードッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
公式サイトの情報によるとモッピードッグフードは「お手頃価格で愛犬の健康を維持できる」ドッグフードを目指して作られた総合栄養食です。本当にモッピーを食べていると健康になれるのか?成分や評判を元に危険度をチェックしてみました。
ナナドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ナナドッグフードは㈱黒龍堂が輸入販売するオーストラリア産のドッグフードです。同じくオーストラリアで製造されているモッピーと似ていますが、どちらが健康的なフードなんでしょうか?成分・評判を元に危険度をチェックしてみたので、ナナをあげている方やナナドッグフードに興味がある方は参考にしてみて下さい。
マザープラスドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
マザープラスドッグフードは「株式会社ミンシア(犬猫自然食本舗)」が製造・販売するドッグフードで、最高級の厳選素材を使用した総合栄養食として紹介されています。果たして材料や成分はどうでしょうか?口コミなどを元に危険度をチェックしてみました。
グリーンプラスドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
グリーンプラスドッグフードは無添加ペットフードを販売している犬猫自然食本舗のドッグフードです。楽天にも出典しており特にドッグフードの添加物と産地を気にする方から支持を集めています。実際に成分や評判を元に危険度をチェックしてみたので、現在グリーンプラスをあげている方や気になっている方は参考にしてみて下さい。
ボジータドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ボジータはスウェーデンで100年以上の歴史がある「ラントメンネンドギー社」が作るフードです。材料もスウェーデン産にこだわり、正規品の場合日本へは温度管理できるコンテナで輸送されてきます。そんなボジータですが原料や成分は本当に安全と言い切れるんでしょうか?評判や成分を元に危険度をチェックしてみました。
ピュアロイヤルドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ピュアロイヤルは「㈱ジャンプ」が製造・販売する国産のセミモイスト(半生)タイプのドッグフードです。セミモイストというと気になってくるのが保存料や添加物です。成分や評判を元に危険度をチェックしたので、ピュアロイヤルを与えている方・気になっている方は参考にしてみて下さい。
ペット・ドゥドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ペット・ドゥは「㈱ジャンプ」が製造・販売するドライフードのドッグフードです。総合栄養食ということですが成分はどうでしょうか?評判や成分を元に危険度分析をしました。ペット・ドゥをあげている方は参考にしてみて下さい。
プロネイチャーホリスティックドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
プロネイチャーホリスティックは「アース・バイオケミカル㈱」が製造・販売するドッグフードで、ビタミンやミネラルなども添加するのではなく、食材に含まれる栄養素をとれるよう作られたドッグフードです。果たして危険度はどうでしょうか?評判や成分を分析してみました。
華ドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
華ドッグフードは「ビッグウッド㈱」が製造・販売するドッグフードで、低温調理が特徴のドッグフードです。低温調理することで食材に含まれる壊れやすい栄養素をそのまま摂取できるということですが、果たして安全性はどうでしょうか?評判と成分から危険度をチェックしました。
ビオナチュールドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ビオナチュールは「㈱アマナグレイス」が製造・販売する国産のドッグフードです。合成保存料や着色料は無添加ですが、成分や原材料に関してはどうでしょうか?評判も含めて危険度をチェックしたのでビオナチュールが気になっている方は参考にしてみて下さい。
ホリスティックブレンドドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ホリスティックブレンドは「(有)フリーステッチ」が日本国内総販売代理店を務めるドッグフードです。コンセプトや材料の質はかなり良く、ファンも多いんですが現在は工場変更などで流通が安定していません。ホリスティックブレンドの成分・評判を元に危険度をチェックしました。
ジャッジズチョイスドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ジャッジズチョイスは「㈱ドットモービル」が日本総輸入元を務めるドッグフードで、世界15カ国で販売されている「イギリス王室御用達」の歴史と実力のあるドッグフードです。実際にジャッジズチョイスの成分・評判から危険度をチェックしてみました。ジャッジズチョイスが気になっている方は参考にしてみて下さい。
ジウィピークドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ジウィピークはニュージーランド産の食材を使った消化吸収率の高いドッグフードです。見た目からも分かるように原材料の98%が肉というまさに肉食と言われる犬の為のドッグフードです。ジウィピークの成分や評判を元に危険度をチェックしてみました。完璧とも言えるジウィピークに危険な点はあるんでしょうか?参考にしてみて下さい。
ロータスドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ロータスのドッグフードはヒューマングレードの材料を使用し、「オーブンベイク」という独自の製法で作られたドッグフードです。カリカリ・サクサクとした食感が特徴で、一般的なドッグフードとは食感の違いを楽しむことができます。ここではロータスのドッグフードの成分・評判を元に危険度をチェックしてみました。
アルモネイチャードッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
アルモネイチャーのドッグフードはイタリアのペットフードメーカーが作っています。キャットフードの方が知名度は高いですが、原材料はヒューマングレードを使用しており日本向けのドライフードはイギリスで作られています。ここではアルモネイチャードッグフードの評判・成分から危険度をチェックしました。
アニマルプラネット(プラペ)ドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
アニマルプラネット(プラペ)のドッグフードは添加物や副産物を使わない高品質なドッグフードです。公式サイトには「原材料の高騰を理由に材料のグレードを落とすことはしない」と書かれており、質の高さが伺えます。そんなアニマルプラネットのドッグフードの成分と評判から危険度をチェックしました。
プラペ!ドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
プラペ!のドッグフードは動物専門チャンネル「アニマルプラネット」と共同開発したドッグフードです。アニマルプラネットもドッグフードを製造・販売していますが、プラペ!はグレインフリーで作られているのでこちらの方が評価は高くなりそうです。実際の評判や成分から危険度をチェックしました!
アニモンダ(グランカルノ)ドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
アニモンダの「グランカルノ」シリーズは公式サイトの情報によると「体に優しい栄養構成で、消化吸収に優れた理想的なドライフード」と書かれていますが、果たして成分はどうでしょうか?評判や原材料など、総合的に危険度をチェックしてみました。
クプレラドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
クプレラのドッグフードはオーガニックに近い材料を使用し、塩なども無添加で作られています。製造はオーストラリアですが、国内で最終チェックもしており品質面では信頼できるメーカーです。そんなクプレラの評判や成分から危険度をチェックしたのでクプレラが気になっている方は参考にしてみて下さい。
K9ナチュラルドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
k9ナチュラルにはウェットフードやトリーツもありますが、ここではドライフード(フリーズドライ)を評価しました。フリーズドライ製法なので水でふやかすと生食と同等の量になるk9ナチュラルの成分・評判から危険度をチェックしました。
go!(ゴー)ドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
go!(ゴー)ドッグフードはカナダのペットキュリアン社で製造・販売されているフードで、日本では「グローバルペットニュートリション㈱」が輸入総販売元となっています。人口添加物無添加で、グレインフリー・家畜もホルモン剤など不使用なので安全性の高いドッグフードと言えますが、どうでしょうか?成分・評判を元に危険度をチェックしてみました。
NOW FRESH(ナウフレッシュ)ドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ナウフレッシュドッグフードはカナダのペットキュリアン社が製造・販売するフードで、国内は「グローバルペットニュートリション㈱」が総輸入元になっています。どちらも甲乙つけがたい優れたドッグフードですが、成分・評判を元に危険度をチェックしてみました。ナウフレッシュが気になっている方は参考にしてみて下さい。
forza10(フォルツァディエチ)ドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
forza10(フォルツァディエチ)はイタリアのsanypet社が製造・販売するドッグフードで「㈱Tricco International」が輸入・販売元となっています。イタリアの獣医師が集まって開発した療法食ということで内容に期待ができそうです。forza10の成分・評判を元に危険度をチェックしてみたのでforza10に興味がある方は参考にしてみて下さい。
アーガイルディッシュドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
アーガイルディッシュはACOのオーガニック認定を受けたドッグフードです。今回はACO認定外の「グレヴィレア・アダルト」を評価しましたが、こちらに関してもメインの魚以外はオーガニック認定の材料を使用しています。オーガニックは健康面で魅力的ですが、オーガニックだからといって消化・吸収が良くなる訳ではありません。成分や材料・口コミなどからアーガイルディッシュの危険度をチェックしました。アーガイルディッシュが気になっている方は参考にしてみて下さい。
プリモドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
プリモのドッグフードは神戸にある工場で生肉を50%以上使って作られた「生食に最も近いドライフード」ということで販売されています。国産・無添加ということですが、安全性はどうでしょうか?成分・原料・評判などを元に危険度をチェックしてみました。プリモのドッグフードが気になっている方は参考にしてみて下さい。
イノーバ・エボドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
アーガイルディッシュはACOのオーガニック認定を受けたドッグフードです。今回はACO認定外の「グレヴィレア・アダルト」を評価しましたが、こちらに関してもメインの魚以外はオーガニック認定の材料を使用しています。オーガニックは健康面で魅力的ですが、オーガニックだからといって消化・吸収が良くなる訳ではありません。成分や材料・口コミなどからアーガイルディッシュの危険度をチェックしました。アーガイルディッシュが気になっている方は参考にしてみて下さい。
ソリッドゴールドドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ソリッドゴールドはアメリカで製造・販売されるドッグフードで、国内へは「㈱ケイエムテイ」が総輸入代理店として取り扱いをしています。専門雑誌である「ホールドッグジャーナル」でも高い評価を受けているソリッドゴールドですが、成分・評判を元に危険度をチェックしました。ソリッドゴールドを検討している方は参考にしてみて下さい。
ピナクルドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ピナクルのドッグフードはアボダームでもおなじみのブリーダーズチョイス社が製造・販売しています。国内には「㈱Biペットランド」が正規輸入代理店となっています。今回はピナクルの成分・評判を元に危険度をチェックしました。
ウェルネスドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ウェルネスのドッグフードは「副産物」を使用せず高品質な素材を使ったドッグフードです。購入場所がイオンかamazonに限られてしまうのが残念ですが、グレインフリーもある注目のメーカーです。ここではウェルネスの評判・成分から危険度をチェックしました。
カークランドドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
コストコのプライベートブランド「カークランド」のドッグフードを評価しました。とにかくコストパフォーマンスが高い反面、大袋しかないので多頭飼い・大型犬の過程しか購入が難しいカークランドですが、肝心な成分・評判はどうでしょうか?参考にしてみて下さい。
ダイアモンドナチュラルドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
アメリカのダイアモンド社が製造・販売する「ダイアモンドのドッグフードにはダイアモンド・ダイアモンドナチュラル・ダイアモンドナチュラルグレインフリーの3種類があります。ここではダイアモンドナチュラルグレインフリーの成分と評判を徹底調査しました。
ティンバーウルフドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ティンバーウルフは動物性たんぱく質8対フルーツや野菜などが2という高たんぱくなドッグフードで、「犬はリビングにいる狼」というコンセプトの元作られたグレインフリーのドッグフードです。今回はティンバーウルフの評判・成分を元に危険度をチェックしてみました。
ANFドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ANFのドッグフードはアメリカのANFスペシャリティーズ社が製造・販売するドッグフードで、最新の栄養学に基づいて作っているのが特徴です。ここではANFドッグフードの成分・評判から危険度を分析しました。anfが気になっている方は参考にしてみて下さい。
アディクションドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
アディクションはニュージーランドのペットフードメーカーで、保存料・香料・着色料不使用で、使用する肉類は全て放し飼いで育った動物を使った安全性の高いフードです。ここではアディクションの評判・成分を元に危険度をチェックしました。
ナチュラルナースドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ブリーダーをしていた二人の女性が作ったナチュラルナースはカンガルー肉とラム肉を使ったドッグフードで、脂肪が少なくミネラルが豊富という特徴をもっています。そんなナチュラルナースの評判と成分から危険度を分析してみました。
ニュートラムドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ニュートラムはカナダのメーカーのドッグフードで、予防医学に基づいた栄養バランスと、ヒューマングレードの食材を使っているのが特徴です。ここではニュートラムの成分・評判を元に危険度を分析しました。現在、国内では入手困難な状態が続いていますが、参考にしてみて下さい。
ネイチャーズロジックドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ネイチャーズロジックは保存料や着色料だけでなく、ビタミンやミネラルも無添加で作ったナチュラルドッグフードです。無添加なのはとても良いことですが、成分的にはどうでしょうか?ここではネイチャーズロジックの評判や成分から危険度を分析してみました。
ネイチャーズバラエティドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ネイチャーズバラエティはもともと動物園に生肉を卸していた会社が作ったペットフード会社で、肉の使用量やフリーズドライの肉を入れた特徴あるドッグフードを出しています。ここではそんなネイチャーズバラエティのドッグフードを成分・評判から危険度分析しました。
プラチナムナチュラルドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
プラチナムナチュラルはドイツのペットフードメーカーが作った「無水調理」が特徴のドッグフードです。ここではプラチナムナチュラルの評判・成分から危険度をチェックしました。プラチナムナチュラルが気になっている方は参考にしてみて下さい。
イティ(iti)ドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
イティはニュージーランド産の生肉をエアドライした高級ドッグフードです。ジウィピークに似ていますね。ここではそんな高級ドッグフードイティの評判・成分から危険度を分析しました。イティが気になっている方は参考にしてみて下さい。
ファーストメイトドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ファーストメイトは世界で初めてグレインフリーフードを出したカナダのメーカーで、品質管理の認証を受けた自社工場で製造しています。ここではそんなファーストメイトの評判・成分から危険度を分析しました。ファーストメイトが気になっている方は参考にしてみて下さい。
ギャザードッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ギャザーはオーガニック認証を受けた食材を使用した安全性の高いカナダ産のドッグフードです。ここではギャザーの評判・成分から危険度を分析しました。ギャザードッグフードが気になっている方は参考にしてみて下さい。
キアオラドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
キアオラはニュージーランドのペットフードメーカーが作るドッグフードで、使われる家畜はホルモン剤や抗生物質を使うことなく、自然放牧で育てられた高品質な肉食材を使っています。ここではキアオラの成分・評判から危険度を分析しました。キアオラが気になっている方は参考にしてみて下さい。
ルポナチュラルドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ルポナチュラルはスイスの放し飼いで育ったチキンを使用しています。また、独自の「コールドプレス製法」でビタミンやミネラルを壊さないよう50℃以下で調理されたドッグフードです。ここではルポナチュラルの評判・成分から危険度を分析しました。
ネイチャーズテイストドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ネイチャーズテイストは自称「オーストラリア原産のスーパープレミアムドッグフード」といううたい文句で販売しているドッグフードです。業界初となる「エミューオイル」を使っていますが、成分はどうでしょうか?評判や成分を元にネイチャーズテイストの危険度をチェックしてみました。
オーブンベークドトラディションドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
オーブンベークドトラディションはカナダのペットフードメーカーが作るドッグフードで、その名の通りオーブンで焼いているドッグフードです。今までのドッグフードと違い、サクサクとしたクッキーのような食感の虜になる子が多いフードです。ここではそんなオーブンベークドトラディションの成分・評判から危険度を分析しました。
パーフェクションドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
パーフェクションはオーストラリアのペットフードメーカーが作る消化吸収率90%以上のヒューマングレードの材料を使用したドッグフードです。ここではパーフェクションドッグフードの評判や成分から危険度を分析しました。パーフェクションが気になっている方は参考にしてみて下さい。
プレイアーデンドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
プレイアーデンはドイツ生まれのオーガニックドッグフードです。オーガニックと聞くと、穀物の割合が多いイメージがありあまりおすすめできるものがありませんがプレイアーデンはどうでしょうか?ここではプレイアーデンの成分・評判から危険度を分析しました。
ペットカインドドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ペットカインドはトライプ(牛や羊の胃袋)を使用したドライタイプのドッグフードです。カナダのメーカーなので品質的にも安全性が高いです。また、グレインフリーなので消化にもメリットがあります。そんなペットカインドの評判や成分あら危険度をチェックしました。
リガロドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
リガロのドッグフードはグレインフリーで高たんぱくが売りのドッグフードで、アメリカの向上で製造されています。ターキーとラムは単一たんぱく質なのでアレルギーをもった子にもおすすめできるドッグフードです。そんなリガロのドッグフードの評判・成分から危険度をチェックしました。
ナチュラリーフレッシュドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ナチュラリーフレッシュはカナダのnutreco社で作られる低GIのドッグフードです。一般的なドッグフードが小麦や大豆・トウモロコシを使用するところを、キヌアやハトムギといった古代穀物を使用することで低GIなフードに仕上げています。ここではそんなナチュラリーフレッシュの評判や成分を元に危険度をチェックしました。
ナチュラル&デリシャス(N&D)ドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ナチュラル&デリシャス(N&D)はイタリアのペットフードメーカーが作るグレインフリーのドッグフードで、キャットフードもあります。肉や魚も骨抜きのものを使用しているナチュラル&デリシャスの成分や評判を元に危険度をチェックしました。
マーカスミューレドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
マーカスミューレはドイツ生まれの「コールドプレス製法」と「ビタミン・ミネラルも天然素材を使用」したドッグフードです。そんなマーカスミューレの評判や成分を参考に危険度をチェックしたのでマーカスミューレが気になっている方は参考にしてみて下さい。
カーナ4ドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
カーナ4は添加物を一切使わないオーガニックドッグフードです。ビタミンやミネラルについても天然素材で補った安全性の高いドッグフードと言えます。そんなカーナ4の評判や成分を元に危険度を分析しました。
アイディールドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
アイディールヘルスフードは「株式会社オプティマジャパン」が輸入販売しているどっぎフードで、アメリカで製造されています。今回はアイディールヘルスフードの成分や評判を元に危険度をチェックしました。アイディールヘルスフードが気になっている方は参考にしてみて下さい。
1stdogfoodドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
1stDogFoodは国産のナチュラルドッグフードということで注目を集めています。大手メーカーとは違い、マイナーな商品でありながら年間10トンの販売実績があるというのは驚きです。そんな1stdogfoodの成分・評判を元に危険度をチェックしました。
ネイティブドッグドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
カーナ4は添加物を一切使わないオーガニックドッグフードです。ビタミンやミネラルについても天然素材で補った安全性の高いドッグフードと言えます。そんなカーナ4の評判や成分を元に危険度を分析しました。
ワンラックナチュラルドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ワンラックナチュラルは森乳サンワールドが製造・販売する国産の無添加ドッグフードです。コストパフォーマンスが高く、多頭飼いや大型犬に向いています。ここではワンラックナチュラルの成分や評判を元に危険度をチェックしました。
キャスター&ポラックスドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
キャスター&ポラックスはアメリカのオーガニックや安全性の高い商品を販売するスーパーマーケットを中心に扱われるドッグフードです。ここではキャスター&ポラックスの評判・成分から危険度をチェックしました。
メリックドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
全米で顧客満足度ナンバー1というブランドのメリックはグレインフリーで保存料不使用のドッグフードです。ここではメリックの評判や成分をもとに危険度をチェックしました。メリックが気になっている方は参考にしてみて下さい。
ワンモアセブンドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
旧「日本配合飼料㈱」が製造・販売していたワンモアセブンというドッグフードですが、2015年に合併し現在は「フィード・ワン㈱」の商品になっています。ここではワンモアセブンの評判や成分を元に危険度をチェックしました。ワンモアセブンをあげている方・気になっている方は参考にしてみて下さい。
ドッグデイトドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ドッグデイトは「文永堂薬品㈱」が製造・販売する国産のドッグフードです。プレミアムドッグフードとして紹介している販売店もありますが実際のところはどうでしょうか?ここではドッグデイトの評判や成分を元に危険度をチェックしてみました。
ベルカンドドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
ベルカンドはドイツ生まれの着色料・化学調味料・保存料無添加のドッグフードです。小麦は不使用ですがトウモロコシや米は普通に使っています。ここではベルカンドの評判や成分を元に危険度をチェックしました。
いつものごちそうドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
いつものごちそうは「ペットアイ㈱」が製造・販売するドッグフードです。コストパフォーマンスに優れるフードですが、安全面ではどうでしょうか?ここではいつものごちそうの評判や成分から危険度をチェックしました。
リーガルドッグフードの評判と成分から危険度を徹底分析-ドッグフード博士
リーガルはアメリカのメーカーで、副産物不使用の良質なドッグフードを作っています。ローテーションを推奨しているメーカーでもあります。ここではリーガルのドッグフードの成分・評判を元に危険度をチェックしました。