ミニチュアシュナウザーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士

MENU

ミニチュアシュナウザーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士

ここではミニチュアシュナウザーの餌の選び方とおすすめのドッグフードをご紹介します。ミニチュアシュナウザーは目の遺伝的に目の病気にかかり易いと言われています。ただこれに関しては遺伝の影響が大きく、ドッグフードではサポートすることが難しいのが現状です。それ以外にも尿結石や糖尿病といった病気にかかり易いので、これらのドッグフードでサポートできる病気にフォーカスして選び方をまとめました。

 

ミニチュアシュナウザーの餌の選び方【目次】

 

ミニチュアシュナウザーの餌の選び方【3つのポイント】

穀物不使用のドッグフードを選ぶ

ミニチュアシュナウザーは遺伝的に糖尿病にかかり易い犬種です。糖尿病予防には血糖値を上げないドッグフードがベストです。

 

GI値が高い穀物の変わりにサツマイモや豆類といった低GIの食材が多く使われたドッグフードを選びましょう。

 

※既に糖尿病を発症している子に関しては獣医の指示の元、療法食をあげて下さい。

 

動物性たんぱく源が豊富なドッグフードを選ぶ

皮膚のバリア機能の維持に欠かせないのがアミノ酸。中でも犬が体内で生成できない必須アミノ酸は10種類です。

 

肉や魚に多く含まれているので肉材料の割合が多いプレミアムドッグフードを選びましょう。

 

尿結石に配慮されたフードを選ぶ

「ドッグフード自体のpH値を調整」したものや「ハーブや利尿作用のある果物を使用」したフードなど、様々な種類があります。

 

塩分量を調整し、強制的に飲水量を増やすものもあるので注意が必要です。

 

ミニチュアシュナウザーにおすすめのドッグフードは?徹底比較!

 

穀物不使用

肉材料の割合

尿結石ケア

カナガン

チキン(55.7%)

果物・ハーブ系

ナチュラルドッグフード

ラム(55%)

なし

ファインペッツ極

アヒル&ニシン(90%)

なし

モグワン

チキン&サーモン(53%)

果物・ハーブ系

ネルソンズ

チキン(46%)

なし

オリジン

チキン他(80%)

pH5.5+ハーブ

ロイヤルカナン

×

未公開

なし

アーテミス

未公開

果物・ハーブ系

ニュートロナチュラルチョイス

×

未公開

マグネシウム調整

サイエンスダイエット

×

未公開

なし

アイムス

×

未公開

なし

アカナ

ラム他(50%)

なし

ヤラー

チキン他(23%)

なし

※、「多め・少なめ」に関しては原材料に書かれている順番を元にしています。

 

ミニチュアシュナウザーにおすすめなドッグフードランキング

オリジンドッグフードのおすすめポイント

オリジンドッグフードは穀物不使用で、GI値の低いレバー・豆類などを沢山使ったドッグフードです。また、ドッグフード自体のpH値が5.5に調整されているのでお腹の中で消化されたフードがおしっことして出るまでの間中性を保ち、結石化しにくく調整されています。療法食や維持食とはいきませんが、ミニチュアシュナウザーにおすすめできるドッグフードと言えます。

価格 6,480円(2.0㎏)
評価 評価5
備考 穀物不使用/低GI値食材が豊富/尿結石ケア/当サイト内で最も高たんぱく
オリジンドッグフードの総評

オリジンドッグフードはレバーや豆類の他、ハーブなども使い尿結石をサポートしてくれます。既に尿結石にかかっている子は引き続き獣医の指示に従って療法食や維持食を続けた方が良いですが、まだ尿結石になったことが無いミニチュアシュナウザーにはおすすめできるドッグフードです。

 

モグワンドッグフードのおすすめポイント

モグワンドッグフードはクランベリーやセイヨウタンポポといった利尿作用のある果物やハーブを使った穀物不使用のドッグフードです。GI値の低いサツマイモの他エンドウ豆やヒヨコ豆などが豊富に使われている他、チキンとサーモンを全体の53%使用したアミノ酸たっぷりのドッグフードなので、ミニチュアシュナウザーにおすすめのドッグフードと言えます。

価格 3,960円(1.8㎏)

【ドッグフード博士限定】上記金額から50%OFFキャンペーン中

評価 評価4
備考 グレインフリー/材料の50%以上は動物性の肉食材を使用/人口添加物不使用

 

カナガンドッグフードのおすすめポイント

カナガンドッグフードは穀物不使用・でチキンを全体の55%以上使用したドッグフードです。GI値の低いサツマイモの他エンドウ豆を使用しています。使用量は少ないですが、GI値の高いジャガイモを使用していることから3位としました。尿結石に関しては利尿作用が期待できるクランベリーの他、免疫力の維持サポートが期待できるマリーゴールドなどのハーブを使用しています。

価格 3,960円(1袋2.0kg)
評価 評価35
備考 子犬~シニアまで対応/人工添加物不使用/グレインフリー/材料はヒューマングレード

 

ミニチュアシュナウザー用ドッグフードのQ&AⅠ:ミニチュアシュナウザーの餌代ってどれくらいかかるの?

ミニチュアシュナウザーの餌代に関してはその子の体重や食べる量・運動量の他、ドッグフード自体の価格によっても変わってきますが、一般的な餌代のとしては次のように計算すると良いでしょう。

 

  • ミニチュアシュナウザーの平均体重(4~8㎏)
  • 平均的な給餌量(70~150g)
  • 100gあたりの価格×30日
ミニチュアシュナウザーの平均的な餌代の計算方法

体重6㎏×110g×100gあたりの価格×30日=【ミニチュアシュナウザーの平均的な餌代】

 

ミニチュアシュナウザーの1ヵ月の餌代【平均値】

フードは定価・税抜き・送料別で計算

カナガン(2㎏ 3960円として計算)

6,534円

ナチュラルドッグフード(2㎏ 3960円として計算)

6,534円

ファインペッツ極(1.5㎏ 5278円として計算)

11,611円

モグワン(1.8㎏ 3960円として計算)

7,260円

ネルソンズ(2㎏ 3960円として計算)

6,534円

オリジン(2.27㎏ 5700円として計算)

8,286円

ロイヤルカナン(2㎏ 2000円として計算)

3,300円

アーテミス(3㎏ 3850円として計算)

4,234円

ニュートロナチュラルチョイス(3㎏ 3000円として計算)

3,300円

サイエンスダイエット(3㎏ 2600円として計算)

2,383円

アイムス(2.6㎏ 1400円として計算)

1,776円

アカナ(2㎏ 5000円として計算)

8,250円

ヤラー(2㎏ 4100円として計算)

6,765円

※、公式サイト内に定価の記載がないメーカーは楽天の価格を参考にしています。

 

上記の金額はあくまで目安です。ドッグフードによって体重毎の給餌量が異なりますし、体重よりもBCSで給餌量を調整する方が理想です。

 

 

ミニチュアシュナウザー用ドッグフードのQ&AⅡ:ミニチュアシュナウザー用のドッグフードってどうなの?

「ロイヤルカナン」と「ウェルケア」からミニチュアシュナウザー用のドッグフードが販売されていますが、どちらもあまりおすすめできる内容ではありません。

 

「ロイヤルカナン」ミニチュアシュナウザー用の原材料

家禽*ミートとうもろこし、植物性分離タンパク**、コーングルテン動物性脂肪、加水分解動物性タンパク、チコリパルプ、魚油、植物性繊維、オオバコ種皮・種子、フラクトオリゴ糖、大豆油、クエン酸カリウム、ルリチシャ油、緑茶・ブドウ抽出物(ポリフェノール源)、加水分解甲殻類(グルコサミン源)、マリーゴールド抽出物(ルテイン源)、加水分解軟骨(コンドロイチン硫酸源)、アミノ酸類(L-リジン、DL-メチオニン、L-チロシン、タウリン、L-カルニチン)、ポリリン酸ナトリウム、ゼオライト、ミネラル類(Cl、Na、K、Ca、Mg、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、D3、イノシトール、コリン、E、ナイアシン、C、パントテン酸カルシウム、B6、B2、B1、葉酸、ビオチン、B12)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA没食子酸プロピル

 

「ウェルケア」ミニチュアシュナウザー用の原材料

チキン(鶏肉、チキンミール)、米糠小麦粉グルテンフィード米粉グルテンミールビートパルプ動物性油脂、植物性油脂、ケルプミール、精製魚油(DHA・EPA源)、酵母エキス、ビール酵母、オリゴ糖、乾燥カモミール、L-カルニチン、コエンザイムQ10、ミネラル類(食塩、炭酸カルシウム、塩化カリウム、硫酸亜鉛、ヨウ素酸カルシウム、硫酸銅)、ビタミン類(A、B2、B12、D3、塩化コリン、D-パントテン酸カルシウム、d-ビオチン)、アミノ酸類(DL-メチオニン、L-トリプトファン)、香料(ガーリックオイル)

 

赤字にしたのは当サイト内では粗悪な材料として扱っている原材料です。詳しくは「ドッグフードの危険な原材料・添加物全まとめ」をご覧ください。

 

どちらも総合栄養食なので、最低限のアミノ酸やビタミン類は入っています。ただ、これだけ穀物が多く使われていると消化に対する不安が出てきます。

 

また、糖尿病に対する配慮が足りない(米の使用が多い)気もします。「ロイヤルカナン」や「ウェルケア」と比べると高くはなりますが当サイトで紹介しているようなGI値の低い食材を使ったドッグフードを検討してあげて欲しいと思います。

関連ページ

チワワの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではチワワにおすすめの餌の選び方とおすすめドッグフードをランキング形式でご紹介していきます。チワワの特徴やかかり易い病気などを元にチワワにおすすめの餌の選び方をご紹介しています。
トイプードルの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではトイプードルに合った餌の選び方と、選び方を元におすすめドッグフードをランキング形式でご紹介しています。選び方についてはトイプードルの特徴やかかり易い病気を元にしています。既にトイプードルと一緒に暮らしている方も、これからトイプードルを家族に迎える方も参考にしてみて下さい。
柴犬の餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここでは柴犬に合った餌の選び方を3つのポイントに絞ってご紹介しています。また、選び方を元におすすめドッグフードのランキングも作成しました。柴犬を飼っている方・これから飼うという方は参考にしてみて下さい。
ダックスフンドの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではダックスフンドの特徴やかかり易い病気を元に、ダックスフンドに合ったドッグフードの選び方と、それを元におすすめドッグフードをご紹介します。既にダックスと一緒に暮らしている方も、これからダックスを迎える方も参考にしてみて下さい。
ポメラニアンの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではポメラニアンに合った餌の選び方とおすすめドッグフードをランキング形式でご紹介していきます。餌の選び方についてはポメラニアンの特徴やかかり易い病気などを元にまとめました。これからポメラニアンを迎える人も、既にポメラニアンと暮らしている方も参考にしてみて下さい。
ヨークシャーテリアの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではヨークシャーテリアの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはヨークシャーテリアの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからヨークシャーテリアを飼う人も、既にヨークシャーテリアと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
パピヨンの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではパピヨンの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはパピヨンの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからパピヨンを飼う人も、既にパピヨンと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
シーズーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではシーズーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはシーズーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからシーズーを飼う人も、既にシーズーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
フレンチブルドッグの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではフレンチブルドッグの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはフレンチブルドッグの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからフレンチブルドッグを飼う人も、既にフレンチブルドッグと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
マルチーズの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではマルチーズの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはマルチーズの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからマルチーズを飼う人も、既にマルチーズと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
ウェルシュ・コーギーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではウェルシュ・コーギーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはウェルシュ・コーギーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからウェルシュ・コーギーを飼う人も、既にウェルシュ・コーギーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
パグの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではパグの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。パグは遺伝的にレッグ・ペルテスや膝蓋骨脱臼を起こしやすい犬種です。そんなパグの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからパグを飼う人も、既にパグと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
ミニチュア・ピンシャーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではミニチュア・ピンシャーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはミニチュア・ピンシャーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからミニチュア・ピンシャーを飼う人も、既にミニチュア・ピンシャーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
ラブラドール・レトリバーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではラブラドール・レトリバーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはラブラドール・レトリバーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからラブラドール・レトリバーを飼う人も、既ラブラドール・レトリバーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。