ミニチュア・ピンシャーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士

MENU

ミニチュア・ピンシャーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士

ここでは餌である程度ケアが期待できる病気やミニチュア・ピンシャーの特徴を元にミニチュア・ピンシャーの餌の選び方とおすすめのドッグフードをご紹介していきます。ミニチュア・ピンシャーは進行性網膜萎縮やレッグペルテスといった防ぐのが難しい病気にかかり易い犬種として知られている他、糖尿病や皮膚病などの好発犬種でもあります。ミニチュア・ピンシャーを飼っている方は参考にしてみて下さい。

 

ミニチュア・ピンシャーの餌の選び方【目次】

 

ミニチュア・ピンシャーの餌の選び方【3つのポイント】

穀物不使用のものを選ぶ

ミニチュア・ピンシャーも糖尿病の好発犬種です。穀物などの炭水化物は脂肪になり易く、太り易い食材です。犬にとって穀物はそれほどメリットのある食材ではなく、かえって糖尿病の原因となることもあるので穀物不使用のドッグフードがおすすめです。

 

尿結石に配慮されているものを選ぶ

ミニチュア・ピンシャーは尿結石にかかり易い犬種です。「果物やハーブを使用しているもの」・「塩分量を増やしてあるもの」・「pH調整されているもの」などドッグフードによって尿結石へのアプローチは異なります。

 

既に尿結石にかかったことがある子は再発もし易いので、医師の指示に従った食事を続けるのが良いですが、まだ発症していない子は尿結石に配慮されたドッグフードを選びましょう。

 

オメガ3脂肪酸が多いものを選ぶ

血液をサラサラにし、皮膚に十分な栄養を届けることで外耳炎や皮膚炎をサポートできます。具体的にはオメガ3脂肪酸の中に含まれるEPAという脂肪酸にこの効果が期待できます。

 

ミニチュア・ピンシャーは外耳炎や皮膚病にかかり易い犬種なので、オメガ3脂肪酸が多いもの(1.00%以上)を選びましょう。

 

ミニチュア・ピンシャーにおすすめのドッグフードは?徹底比較!

 

穀物不使用※1

尿結石ケア※2

オメガ3脂肪酸

カナガン

果物・ハーブ系

0.90%

ナチュラルドッグフード

なし

1.51%

ファインペッツ極

なし

1.90%

モグワン

果物・ハーブ系

1.29%

ネルソンズ

なし

0.24%

オリジン

pH5.5+ハーブ

0.80%以上

ロイヤルカナン

×

なし

0.57%

アーテミス

果物・ハーブ系

0.40%以上

ニュートロナチュラルチョイス

×

マグネシウム調整

不明

サイエンスダイエット

×

なし

0.35%以上

アイムス

×

なし

0.13%以上

アカナ

pH5.5+ハーブ

0.80%以上

ヤラー

なし

0.40%以上

ブラックウッド

なし

0.70%以上

フィッシュ4ドッグ

なし

1.80%

ナチュラルバランス

なし

0.40%以上

アボ・ダーム

なし

記載なし

ソルビダ

なし

0.30%以上

セレクトバランス

×

なし

記載なし

ボッシュ

×

低ミネラル食あり

記載なし

ナチュラルハーベスト

なし

0.60%

スーパーゴールド

なし

記載なし

ニュートロシュプレモ

なし

0.30%以上

ワイソン

なし

0.80%

ホリスティックレセピー

なし

0.25%

ビィナチュラル

なし

0.60%以上

グリーンフィッシュ

×

なし

0.32%

ビルジャック

×

なし

0.25%以上

ベストバランス

×

なし

記載なし

※1、「×」はトウモロコシ・小麦・大豆を使用、「△」はそれ以外の穀物を使用
※2、療法食は除く

 

ミニチュア・ピンシャーにおすすめなドッグフードランキング

モグワンドッグフードのおすすめポイント

モグワンドッグフードは穀物不使用でオメガ3脂肪酸の量も多く、果物やハーブを使った尿結石のサポートが期待できるドッグフードです。モグワンドッグフードに使われているクランベリーは利尿作用がありおしっこの回数が増えることで体内でおしっこが結石化するのをサポートしてくれます。モグワンドッグフードは肉と魚を半分ずつ使ったドッグフードです。肉と比べると魚にはEPAが多く、血液サラサラ効果にも期待できます。

価格 3,960円(1.8㎏)

【ドッグフード博士限定】上記金額から50%OFFキャンペーン中

評価 評価5
備考 グレインフリー/材料の50%以上は動物性の肉食材を使用/人口添加物不使用
モグワンの総評

モグワンドッグフードはミニチュア・ピンシャーがかかり易い皮膚病・尿結石・糖尿病などをサポートに期待ができる内容になっています。市販のメーカーでも専用フードにはそれなりの内容が書いてありますが、実際には穀物が使われていたりします。ミニチュア・ピンシャーがかかり易い全ての病気をサポートすることはできませんが、ある程度の病気をサポートするならモグワンがおすすめです。

 

アカナドッグフードのおすすめポイント

当サイトではアカナの「グラスフェッドラム」をレビューしましたが、魚ベースの「パシフィカ」は2%以上、「パシフィックピルチャード」は1.5%以上と、オメガ3脂肪酸が豊富です。オリジン同様にフード自体のpHが5.5に調節してあり、グレインフリー(穀物不使用)でもあります。肉や魚の使用量がオリジンより少ないんですが、市販のフードと比べればずっと多く、値段もオリジンより安いのでミニピンにおすすめのフードです。

価格 5,300円(2.0kg)
評価 評価45
備考 グレインフリー(穀物不使用)/ミニピンには魚ベースがおすすめ/尿結石ケア(pH約5.5)/人工添加物無添加

 

オリジンドッグフードのおすすめポイント

オリジンドッグフードは穀物不使用で、フード自体のpH値を5.5に調整してあります。これはおしっこのpHが体内で偏るのを防ぎ、結石化するのを防いでくれます。当サイトでは「オリジナル」をレビューしましたが、「シックスフィッシュ」は魚ベースでオメガ3脂肪酸が2%以上含まれています。魚系が苦手でなければミニピンにはシックスフィッシュがおすすめです。

価格 6,480円(2.0㎏)
評価 評価4
備考 グレインフリー/人口添加物無添加/「シックスフィッシュ」がおすすめ/当サイト内で最も高たんぱく

 

ファインペッツ極のおすすめポイント

ファインペッツ極は穀物不使用でオメガ3脂肪酸が最も多く含まれたドッグフードです。慢性的に皮膚病にかかり易いミニチュア・ピンシャーの子にはファインペッツ極がおすすめです。ただ、尿結石をサポートするような成分や作りにはなっていないので、しっかりと運動させてお水を飲む量を増やすなど、尿結石のサポートを十分に行ってあげて下さい。

価格 1,000円(1.5kgのお試し価格)
評価 評価35
備考 グレインフリー/材料の9割は肉食材/消化吸収率87%

 

フィッシュ4ドッグドッグフードのおすすめポイント

フィッシュ4ドッグはたんぱく源に肉を使わずに魚だけで作られたフードです。その為、オメガ3脂肪酸が豊富で皮膚トラブルの多いミニピンにおすすめのフードと言えます。グレインフリーなのも嬉しいポイントです。ただ、泌尿器ケアが期待できそうな食材などは使われていません。

価格 5,130円(3.0kg)
評価 評価3
備考 グレインフリー(穀物不使用)/魚ベースでオメガ3脂肪酸が豊富/無添加

ミニチュア・ピンシャーに合うドッグフード選びで迷ったらおすすめはコレ!

ミニチュア・ピンシャーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士

モグワンドッグフードがミニピンにおすすめな理由
  • 穀物不使用(グレインフリー)
  • 尿路に優しいクランベリーを使用
  • 炎症を抑える働きが期待されるオメガ3脂肪酸が豊富
  • 食材は人間も食べれるヒューマングレード
  • 野菜や果物も低GI食材で血糖値を上げにくい

 

ミニチュアピンシャーは糖尿病が多い犬種です。ミニピンの糖尿病は遺伝が原因と考えられているので、食べ物の成分や材料は関係ないかもしれませんが、モグワンはグレインフリーで血糖血を上げにくい低GIの食材を使用しています。

 

また、高たんぱくなわりにカロリーは控えめなので、太りにくいドッグフードと言えます。肥満は糖尿病のリスクを上げる原因なので、ミニピンの引き締まった体を維持するのにおすすめなフードと言えます。

 

モグワンドッグフードはミニピンに合ったフードですが、ドッグフードだけで健康は維持できません。ミニピンは運動要求量の高い犬種です。運動不足は免疫力の低下やストレスによる過食の原因となるので、朝晩30分は散歩をしてあげて下さいね。

 

ミニチュア・ピンシャーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士

 

ミニチュア・ピンシャー用ドッグフードのQ&AⅠ:ミニピン(ミニチュア・ピンシャー)がご飯を食べないんだけど…

ミニチュア・ピンシャーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士

ミニピンがドッグフードを食べない時の対処法
  1. おやつをあげている場合はおやつを止める
  2. 食べなければお皿を下げる
  3. 今まであげていたドッグフードをフライパンでかるく炒る
  4. 食べないのが1~2日なら様子を見る(丸2日食べなければ病院へ)
  5. 下痢や嘔吐・ぐったりして動かないなどの症状があれば直ぐ病院へ

ミニチュア・ピンシャーはとても頭の良い犬種です。なのでご飯を食べてくれないからといって頻繁にフードを変えたりするのはおすすめしません。

 

「食べなければ違う味(もっと美味しいの)を出してくれる」と変な学習をしてしまう為です。寒さに弱いということもあり室内飼いの子が多いと思いますが、もともと運動量の多い犬種なので室内ではもの足りない場合があります。

 

お散歩や室内での軽いキャッチボールなど、にかく運動量を増やしてお腹を空かせてから上記を試してみて下さい。健康な子であれば、1~3までを繰り返せば食べるようになります。

 

また、飼い主にはとても従順ですが一度下に見られてしまうと以降の躾が大変になってしまいます。常にあなたがリーダーであることを前提に飼っていかなくてはいけません。

 

ドッグフードの食いつきが悪い場合の解決方法」を参考に、ドッグフードを食べるように躾をしてみて下さい。

 

ミニチュア・ピンシャー用ドッグフードのQ&AⅡ:ミニチュア・ピンシャーの体が臭い⁉どうしたらいいの?

ミニチュア・ピンシャーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士

ミニチュア・ピンシャーは他の室内飼いの犬種と比べると体臭が強い子が多いです。運動の後や外に行った後は硬く絞ったタオルで手足の付け根部分や体全体の汚れをふき取って下さい。

 

定期的にお風呂やサロンに行ってもある程度臭いがする子が多いようです。異常なほどの体臭がするようなら病気も考えられるのでこの場合は診察を受けてみて下さい。

 

ドッグフードに粗悪な材料が混ざっていて体臭がきつくなる事もあります。この場合問題になるのは「動物性油脂」などの粗悪な油分です。また、酸化したフードを食べても体からフードと同じような酸化したような臭いがします。その他に口が臭うケースもあります。

 

歯垢や歯石が原因となって口臭がするので、歯磨きや病院で歯石の除去をしてもらいましょう。「犬の口臭・体臭の予防対策&ドッグフードの選び方」も参考にしてみて下さい。

 

ミニチュア・ピンシャー用ドッグフードのQ&AⅢ:ミニピンの子犬・シニア犬に合うドッグフードはどれ?

ミニピンの子犬におすすめのフード ミニピンのシニア犬におすすめのフード

 

生後10カ月頃まではオリジンやファインペッツ極のような、高たんぱく・高カロリーなフードがおすすめです。急激な成長が止まる生後10カ月以降や、去勢・避妊後は高たんぱく・低カロリーなフードに変えてあげましょう。

 

一般的にシニア期は低たんぱく・低カロリーなフードが良いとされています。ですが、ミニピンの筋肉質で引き締まった体を維持する為には、低たんぱくなフードはおすすめしません。

 

低たんぱく食は筋肉を減らしてしまうので、脂肪の多い体になってしまいます。結果として太り易く、痩せにくい体になってしまいます。グレインフリーでたんぱく質は25%以上・カロリーは100gあたり350㎉前後を目安に探してみて下さい。

 

ミニチュア・ピンシャー用ドッグフードのQ&AⅣ:ミニピンにかかる餌代はどれくらい?

子犬

成犬

シニア犬

1日の餌代

261.8円

211.2円

193.6円

1カ月の餌代

7,854円

6,336円

5,808円

1年間の餌代

70,686円(9カ月)

76,032円

69,696円

※1、体重は4.5㎏で固定
※2、ドッグフードはモグワン(1.8㎏ 3960円)で固定
※3、子犬・成犬はメーカーの給餌量を目安、シニアはDERを用いて算出

 

上記は体重4.5㎏のミニチュアピンシャーにおすすめの、モグワンドッグフードをあげた場合にかかる餌代のシュミレーション結果です。餌代は体重・値段・用量など、様々な要因で変わってきます。

 

例えば、市販で穀物が入ったものであれば上記の半分の費用に抑えることもできます。フードの質を落とすと、病院にかかる費用が増えるケースもあります。ですが、餌代がネックになり飼えなくなってしまっては本末転倒です。

 

当サイトとしてはミニピンにモグワンドッグフードをおすすめしますが、値段的にあげるのが難しい場合は、「ミニチュア・ピンシャーの餌の選び方【3つのポイント】」の条件に合うドッグフードを選んであげて下さい。

 

ミニチュア・ピンシャー用ドッグフードのQ&AⅤ:ミニピンに1日にあげる餌の量はどれくらい?

ミニチュア・ピンシャーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士

ここではミニチュアピンシャーのライフステージ毎におすすめのドッグフードと1日にあげる目安量をまとめました。体重別に目安となる量をまとめていますが、栄養要求量は個体差があります。

 

便は食べすぎで軟便に、足りないと硬くなる傾向があります。実際にあげる時は便の様子を見ながら、10%程度を調節しながら上げて下さい。

 

ミニピンの子犬におすすめなオリジンドッグフードを1日にあげる量

ミニピンの子犬の体重(㎏)

1日の給餌量(g)

1.5~2

48~60

2~2.5

60~71

2.5~3

71~81

3~3.5

81~91

3.5~4

91~101

4~4.5

101~110

4.5~5

110~119

5~6

119~136

 

上記はミニピンの子犬におすすめなオリジンドッグフード(オリジナル)を1日に与える目安量です。オリジンでは子犬用の目安量がないので、DER(1日に必要なエネルギー要求量)という式を使って計算しています。

 

上記を1日分の量とし、生後6カ月頃までは1日3回に分けて、6カ月以降は2回に分けてあげて下さい。もちろん、便のチェックも忘れずにして下さいね。

 

便を摘まんだ時に指の跡がのこるくらいがベストな状態です。理想な硬さになるように少しずつ調節してあげて下さい。

 

ミニピンの成犬におすすめなモグワンドッグフードを1日にあげる量

ミニピンの成犬の体重(㎏)

1日の給餌量(g)

3~3.5

76~83

3.5~4

83~89

4~4.5

89~96

4.5~5

96~104

5~6

104~118

 

上記はミニピンの成犬におすすめなモグワンドッグフードを1日にあげる目安量です。ミニピンは超が付く小型種ですが、他の同サイズの犬よりも運動量が必要です。

 

便の状態に合わせた量の調節も大切ですが、運動不足で便の状態が安定しないケースも考えられます。十分な散歩時間の確保や、家で体を使った遊びをしてあげましょう。

 

ミニピンのシニア犬におすすめなカナガンドッグフードを1日にあげる量

ミニピンのシニア犬の体重(㎏)

1日の給餌量(g)

3~3.5

62~69

3.5~4

69~77

4~4.5

77~84

4.5~5

84~91

5~5.5

91~97

5.5~6

97~104

 

上記はミニピンのシニア犬におすすめなカナガンドッグフードを1日にあげる目安量です。カナガンではシニア用の目安量が無いので、DER(1日に必要なエネルギー要求量)という式を使って計算しました。

 

小型犬では9~10歳が高齢期と言われていますが、「老いの度合い」には個体差があります。10歳頃を目安に「食べる量」や「運動量」を見ながら給餌量も調節してあげて下さい。

 

まとめ


ここではミニチュアピンシャーにおすすめのドッグフードと選び方をまとめました。ミニピンは体こそ小さいですがとてもエネルギッシュな犬種で、散歩や遊びなど十分な運動が欠かせません。

 

ドッグフードの質も大切なんですが、肥満や糖尿病を防ぐ為にもミニピンの運動欲求を満たしてあげられるよう努力してあげて下さい。

関連ページ

チワワの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではチワワにおすすめの餌の選び方とおすすめドッグフードをランキング形式でご紹介していきます。チワワの特徴やかかり易い病気などを元にチワワにおすすめの餌の選び方をご紹介しています。
トイプードルの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではトイプードルに合った餌の選び方と、選び方を元におすすめドッグフードをランキング形式でご紹介しています。選び方についてはトイプードルの特徴やかかり易い病気を元にしています。既にトイプードルと一緒に暮らしている方も、これからトイプードルを家族に迎える方も参考にしてみて下さい。
柴犬の餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここでは柴犬に合った餌の選び方を3つのポイントに絞ってご紹介しています。また、選び方を元におすすめドッグフードのランキングも作成しました。柴犬を飼っている方・これから飼うという方は参考にしてみて下さい。
ダックスフンドの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではダックスフンドの特徴やかかり易い病気を元に、ダックスフンドに合ったドッグフードの選び方と、それを元におすすめドッグフードをご紹介します。既にダックスと一緒に暮らしている方も、これからダックスを迎える方も参考にしてみて下さい。
ポメラニアンの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではポメラニアンに合った餌の選び方とおすすめドッグフードをランキング形式でご紹介していきます。餌の選び方についてはポメラニアンの特徴やかかり易い病気などを元にまとめました。これからポメラニアンを迎える人も、既にポメラニアンと暮らしている方も参考にしてみて下さい。
ヨークシャーテリアの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではヨークシャーテリアの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはヨークシャーテリアの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからヨークシャーテリアを飼う人も、既にヨークシャーテリアと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
パピヨンの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではパピヨンの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはパピヨンの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからパピヨンを飼う人も、既にパピヨンと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
シーズーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではシーズーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはシーズーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからシーズーを飼う人も、既にシーズーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
フレンチブルドッグの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではフレンチブルドッグの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはフレンチブルドッグの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからフレンチブルドッグを飼う人も、既にフレンチブルドッグと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
ミニチュアシュナウザーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではミニチュアシュナウザーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはミニチュアシュナウザーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからミニチュアシュナウザーを飼う人も、既にミニチュアシュナウザーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
マルチーズの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではマルチーズの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはマルチーズの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからマルチーズを飼う人も、既にマルチーズと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
ウェルシュ・コーギーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではウェルシュ・コーギーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはウェルシュ・コーギーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからウェルシュ・コーギーを飼う人も、既にウェルシュ・コーギーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
パグの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではパグの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。パグは遺伝的にレッグ・ペルテスや膝蓋骨脱臼を起こしやすい犬種です。そんなパグの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからパグを飼う人も、既にパグと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
ラブラドール・レトリバーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではラブラドール・レトリバーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはラブラドール・レトリバーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからラブラドール・レトリバーを飼う人も、既ラブラドール・レトリバーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。