ラブラドール・レトリバーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士

MENU

ラブラドール・レトリバーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士

ここではラブラドール・レトリバーの体格や特徴・ドッグフードでサポートができる病気に注目してラブラドール・レトリバーの餌の選び方とおすすめのドッグフードをご紹介します。ラブラドール・レトリバーは白内障や胃捻転などの病気にかかり易い犬種です。ただ、これらは遺伝や体系が主な原因でドッグフードでサポートするのが難しい病気ですが糖尿病が原因で発症することが多い病気でもあります。なので糖尿病を予防する為の選び方をまとめました。ラブラドールと暮らしている方は参考にしてみて下さい。

 

ラブラドール・レトリバーの餌の選び方【目次】

 

ラブラドール・レトリバーの餌の選び方【3つのポイント】

穀物不使用のものを選ぶ

ラブラドールレトリバーは糖尿病にかかり易い犬種です。多くのドッグフードに含まれる穀物は犬にとって糖尿病の原因となることがあります。

 

特に白米・トウモロコシなどは急激に血糖値が上がります。糖尿病予防の為にも穀物不使用のドッグフードを選びましょう。

 

全粒穀物は糖尿病予防につながりますが、犬にとって消化に良い食べ物ではなくおすすめできる食材ではありません。

 

高たんぱくなドッグフードを選ぶ

ラブラドールレトリバーは「股関節形成不全」にかかり易い犬種です。多いのは生後1歳までに発症するケースですが、この期間は関節に負担がかからないよう肥満に気を付ける必要があります。

 

高たんぱくなドッグフードを選ぶことで、脂質による体重増加ではなく、筋肉の増加による体重増加が望めるので関節への負担を減らすことができます。

 

カロリーよりも「穀物不使用」と「たんぱく質量」にこだわって下さい。

 

オメガ3脂肪酸が多いものを選ぶ

ラブラドールレトリバーは皮膚病(特に耳)にかかり易い犬種です。オメガ3に含まれるDHAやEPAは血液をサラサラにし、中性脂肪を減らしアレルギーの改善や関節痛の改善などが期待できます。

 

得に魚に多く含まれる脂肪酸なので、魚ベースのドッグフードを選ぶのもおすすめです。オメガ3脂肪酸の多いものを選びましょう。

 

ラブラドール・レトリバーにおすすめのドッグフードは?徹底比較!

 

穀物不使用

たんぱく質

オメガ3脂肪酸

カナガン

33.00%

0.90%

ナチュラルドッグフード

20.00%

1.51%

ファインペッツ極

36.00%

1.90%

モグワン

28.00%

1.29%

ネルソンズ

30.00%

0.24%

オリジン

38.00%

1.10%以上

ロイヤルカナン

×

19.00%

0.57%

アーテミス

25.00%

0.40%以上

ニュートロナチュラルチョイス

×

25.00%

不明

サイエンスダイエット

×

21.00%

0.35%以上

アイムス

×

22.00%

0.13%以上

アカナ

27.00%

0.80%以上

ヤラー

24.00%

0.40%以上

 

ラブラドール・レトリバーにおすすめなドッグフードランキング

モグワンドッグフードのおすすめポイント

モグワンドッグフードは穀物不使用で太りにくく、オメガ3脂肪酸も1.29%と多く含まれています。たんぱく質の割合が28%と超高たんぱくなドッグフードと比べると少なめですが、これは生の肉や魚を使っている為です。また、市販のドッグフードとは違い、使用している部分は人間も食べる身の部分だけなので消化にもよい高品質な部位のみを使用しています。なのでファインペッツ極やオリジンと比べると低たんぱくな値になっていますが、市販のものと比べればずっと高品質・高たんぱくなドッグフードなのでラブラドールレトリバーにおすすめのドッグフードです。

価格 3,960円(1.8kgの価格)
評価 評価5
備考 グレインフリー/材料の50%以上は動物性の肉食材を使用/人口添加物不使用
モグワンの総評

モグワンドッグフードはたんぱく質が28%と高たんぱくなドッグフードですが、ささみ肉のトッピングなどでさらにたんぱく質を多めにあげることもできます。超高たんぱくなドッグフードだとたんぱく質の割合を減らすにはフードを変えるしかありません。モグワンはトッピングという形で調整できるのでどんな子にも柔軟に対応できます。もし高たんぱくな食事を続けてもうんちが緩くなるといった症状がみられなければ超高たんぱくなフードに変えてあげても良いでしょう。

 

ファインペッツ極のおすすめポイント

ファインペッツ極は穀物不使用でオメガ3脂肪酸が最も多く含まれた超高たんぱくなドッグフードです。数値的にはラブラドールレトリバーに最もおすすめのドッグフードですが、体質によって高たんぱくなドッグフードが合わずに下痢をしてしまう子もいます。そういった場合はモグワンくらいのたんぱく質量のものに落としてトッピングでたんぱく質量を調整してあげると良いでしょう。

価格 1,000円(1.5kgのお試し価格)
評価 評価4
備考 グレインフリー/材料の9割は肉食材/消化吸収率87%

 

オリジンドッグフードのおすすめポイント

オリジンドッグフードは穀物不使用でオメガ3脂肪酸も含まれた超高たんぱくなドッグフードです。たんぱく質の割合は38%で当サイト内で最もたんぱく質量の高いドッグフードです。やはりファインペッツ極同様に超高たんぱくが合わずに下痢をするケースもあるので切り替えは少しずつ時間をかけて行い、それでもダメなら運動量を増やしてみて下さい。症状が改善しないようならやはりモグワンをおすすめします。

価格 6,156円(2.27kgの定価)
評価 評価3
備考 グレインフリー/人口添加物無添加/材料はヒューマングレード/当サイト内で最も高たんぱく

 

ラブラドール・レトリバー用ドッグフードのQ&AⅠ:ロイヤルカナンの「ラブラドールレトリバー用」ドッグフードってどう?

ロイヤルカナンのラブラドールレトリバー用ドッグフード(成犬用)の原材料や成分を見てみましょう。

 

  • 穀物が多い(米・小麦・トウモロコシ・コーングルテン)
  • たんぱく質28%
  • オメガ3脂肪酸0.8%

 

たんぱく質の割合は28%と高たんぱくな作りになっていますが、この割合は穀物を含めた割合です。

 

小麦やトウモロコシは消化に悪いので、実際にラブラドールレトリバーが消化・吸収できるたんぱく質量はもっと少なくなります。

 

加えてオメガ3脂肪酸の量も少し少な目ですね、ロイヤルカナンでは魚は使わず香りづけ程度に「魚油」を使う程度なのでオメガ3脂肪酸の割合は低くなりがちです。

 

市販の易いドッグフードと比べれば良いフードだと言えますが、当サイトとしてはおすすめできるフードとは言えません。

 

ラブラドール・レトリバー用ドッグフードのQ&AⅡ:ラブラドールレトリバーの子犬におすすめのドッグフードを知りたい

ラブラドールレトリバーの子犬のドッグフードで気を付けたいのが以下の3点です。

 

  • 太らせない(関節に負担をかけない為)
  • 穀物不使用で消化に良いものを選ぶ
  • 高たんぱく・高脂質なものを選ぶ

 

丈夫な体を作る大切な時期なので高たんぱく・高脂質なドッグフードを選んであげて下さい。たんぱく質は体や筋肉を作る上で欠かせない栄養素で30%以上がベストです。

 

脂質は15%前後のものが理想です。「高脂質だと太り易いんじゃ?」と不安に思うかもしれませんが、脂質は犬にとってエネルギーに変えやすい栄養素で、満腹感も得られる優れた成分です。

 

よくカロリーコントロール系のドッグフードで見られる「脂質をカットで低カロリー」みたいなものがありますが、あの手のドッグフードは全然ダメです。

 

脂質を減らした分を穀物を使っているからです。穀物に含まれる糖質は脂肪になり易く、穀物自体も消化によくないので十分に栄養を吸収できません。

 

ラブラドールレトリバーは1歳半頃まではゆるやかに成長します。この頃までは穀物不使用でしっかりと栄養を吸収できる優れたフードを選んであげて下さい。

関連ページ

チワワの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではチワワにおすすめの餌の選び方とおすすめドッグフードをランキング形式でご紹介していきます。チワワの特徴やかかり易い病気などを元にチワワにおすすめの餌の選び方をご紹介しています。
トイプードルの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではトイプードルに合った餌の選び方と、選び方を元におすすめドッグフードをランキング形式でご紹介しています。選び方についてはトイプードルの特徴やかかり易い病気を元にしています。既にトイプードルと一緒に暮らしている方も、これからトイプードルを家族に迎える方も参考にしてみて下さい。
柴犬の餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここでは柴犬に合った餌の選び方を3つのポイントに絞ってご紹介しています。また、選び方を元におすすめドッグフードのランキングも作成しました。柴犬を飼っている方・これから飼うという方は参考にしてみて下さい。
ダックスフンドの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではダックスフンドの特徴やかかり易い病気を元に、ダックスフンドに合ったドッグフードの選び方と、それを元におすすめドッグフードをご紹介します。既にダックスと一緒に暮らしている方も、これからダックスを迎える方も参考にしてみて下さい。
ポメラニアンの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではポメラニアンに合った餌の選び方とおすすめドッグフードをランキング形式でご紹介していきます。餌の選び方についてはポメラニアンの特徴やかかり易い病気などを元にまとめました。これからポメラニアンを迎える人も、既にポメラニアンと暮らしている方も参考にしてみて下さい。
ヨークシャーテリアの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではヨークシャーテリアの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはヨークシャーテリアの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからヨークシャーテリアを飼う人も、既にヨークシャーテリアと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
パピヨンの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではパピヨンの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはパピヨンの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからパピヨンを飼う人も、既にパピヨンと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
シーズーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではシーズーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはシーズーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからシーズーを飼う人も、既にシーズーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
フレンチブルドッグの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではフレンチブルドッグの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはフレンチブルドッグの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからフレンチブルドッグを飼う人も、既にフレンチブルドッグと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
ミニチュアシュナウザーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではミニチュアシュナウザーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはミニチュアシュナウザーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからミニチュアシュナウザーを飼う人も、既にミニチュアシュナウザーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
マルチーズの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではマルチーズの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはマルチーズの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからマルチーズを飼う人も、既にマルチーズと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
ウェルシュ・コーギーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではウェルシュ・コーギーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはウェルシュ・コーギーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからウェルシュ・コーギーを飼う人も、既にウェルシュ・コーギーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
パグの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではパグの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。パグは遺伝的にレッグ・ペルテスや膝蓋骨脱臼を起こしやすい犬種です。そんなパグの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからパグを飼う人も、既にパグと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
ミニチュア・ピンシャーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではミニチュア・ピンシャーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはミニチュア・ピンシャーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからミニチュア・ピンシャーを飼う人も、既にミニチュア・ピンシャーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。