小型犬用の正しいドッグフードの選び方&おすすめランキング-ドッグフード博士

MENU

小型犬用の正しいドッグフードの選び方&おすすめランキング-ドッグフード博士

ここでは小型犬に多い病気を元に小型犬用のドッグフードの選び方&おすすめランキングを作りました。中でもドッグフードでサポートができそうな病気を元に3つのポイントにまとめたので餌選びの参考にしてみて下さい。

 

小型犬用のドッグフード【目次】

 

小型犬用の正しい餌の選び方【3つのポイント】

低GI値の材料が多いドッグフードを選ぶ

さつまいもやりんご鶏肉といったGI値が低い食材を多く含んだドッグフードを選びましょう。GI値が低い食材は食材に含まれる糖がゆっくりと血液中に溶けていくので、GI値が高い食材に比べて低血糖症をおこしにくいです。

 

穀物もGIが低いものがありますが、消化に悪く腸内環境を悪化させ低血糖症を起こしやすくなるのでおすすめしません。

 

高たんぱくなドッグフードを選ぶ

小型犬に多いのがパテラやヘルニアです。もちろん高たんぱくなご飯を食べたからといってパテラやヘルニアが改善するわけではありません。

 

でも、適度な運動と高たんぱくなご飯でしっかりと筋肉を付けることで関節を支え、代謝の維持にもつながるので腰や膝への負担を軽くしてくれます。

 

予防という意味では、滑り易いのでフローリングをやめたり、土や芝生の上を歩かせるのが効果的です。

 

穀物不使用で低カロリーなものを選ぶ

穀物はGI値が高いものが多く、穀物が多いドッグフードは太り易く、低血糖症にもなり易いです。また、小型犬は完全室内飼いの子が多く太り易い子が多いです。

 

穀物を使わずに低カロリーなドッグフードは太りにくく余計な栄養(炭水化物)が少ないので小型犬におすすめです。

 

小型犬におすすめのドッグフードは?徹底比較!

 

低GI値な食材と割合※1

たんぱく質

穀物不使用※2

カナガン

さつまいも(多め)

33.00%

ナチュラルドッグフード

玄米(多め)

20.00%

ファインペッツ極

グリーンピース(多め)

36.00%

モグワン

さつまいも(少なめ)

28.00%

ネルソンズ

さつまいも(多め)

30.00%

オリジン

チキン・レバー(多め)

38.00%

ロイヤルカナン

なし

19.00%

×

アーテミス

玄米(多め)

25.00%

ニュートロナチュラルチョイス

玄米(多め)

25.00%

×

サイエンスダイエット

なし

21.00%

×

アイムス

なし

22.00%

×

アカナ

レンズ豆(多め)

27.00%

ヤラー

海藻(少なめ)

24.00%

ブラックウッド

玄米(多め)

27.50%

フィッシュ4ドッグ

エンドウ(多め)

26.00%

ナチュラルバランス

玄米(多め)

23.00%

アボ・ダーム

玄米(多め)

21.00%

ソルビダ

オーツ(多め)

22.00%

セレクトバランス

玄米(少なめ)

22.00%

×

ボッシュ

キビ(少なめ)

25.00%

×

ナチュラルハーベスト

×

18.00%

スーパーゴールド

×

22.00%

ニュートロシュプレモ

玄米(多め)

26.00%

ワイソン

オーツ(多め)

30.00%

ホリスティックレセピー

玄米(多め)

22.00%

ビィナチュラル

ライ麦(多め)

22.00%

グリーンフィッシュ

×

24.00%

×

ビルジャック

×

26.00%

×

ベストバランス

玄米(少なめ)

21.00%

×

※1、「多め・少なめ」に関しては原材料に書かれている順番を元にしています。
※2、「×」はトウモロコシ・小麦・大豆を使用、「△」はその他の穀物を使用。

 

小型犬におすすめなドッグフードランキング

モグワンドッグフードの特徴

モグワンドッグフードはさつまいもの使用量やたんぱく質の割合ではカナガンやオリジンに劣ります。ただし、一般的な成犬用フードと比べれば十分高たんぱくな作りになっています。日本では小型犬を室内飼いにするケースが多く、運動量が少なくなりがちです。モグワンはカナガンやオリジンに比べるとカロリーも低いので、日本の小型犬に適したフードと言えます。

価格 3,960円(1.8㎏)

【ドッグフード博士限定】上記金額から50%OFFキャンペーン中

評価 評価5
備考 グレインフリー/材料の50%以上は動物性の肉食材を使用/人口添加物不使用
モグワンドッグフードの総評

どんなに良いフードでも食べてくれなければ意味がありません。また、食べてくれるかどうかは試してみるまで分かりません。ドッグフード博士にランクインしているフードはどれも質が高いんですが、サンプルが無く2㎏程のパッケージしかないのが欠点でした。そこでドッグフード博士限定で初回購入価格が半額になるキャンペーンを実施中です。1袋飽きずに食べてくれるかを今だけ半額でお試しできます。プレミアムフードを半額でお試しできるチャンスになっています。

 

カナガンドッグフードの特徴

カナガンドッグフードは低GIなさつまいもの使用料が多めで穀物不使用なグレインフリードッグフードです。肉材料もイギリス産チキンの可食部(肉部分のみ)を使用しているので小型犬の消化にも優しい作りになっています。たんぱく質も33%と「やや高め」なくらいなのでカナガンドッグフードをベースにあげてみてもしうんちの調子が悪くなるようならもう少したんぱく質割合が少ないネルソンズドッグフードに変えてみて下さい。

価格 3,960円(2.0㎏)
評価 評価45
備考 子犬~シニアまで対応/人工添加物不使用/グレインフリー/材料はヒューマングレード

 

アカナドッグフードのおすすめポイント

当サイトでは「グラスフェッドラム」をレビューしましたが、アカナにはさまざまな種類のフードがあります。使っている材量の質は一級品ですし、低GIの食材を積極的に使っています。もちろん、グレインフリーなので炭水化物(糖質)が低く太りにくいフードです。特に小型犬には高たんぱく・低カロリーな「ヘリテージ」や「レジオナル」シリーズがおすすめです。値段もオリジンより安く続けやすいフードです。

価格 5,300円(2.0kg)
評価 評価4
備考 グレインフリー(穀物不使用)/オリジンよりも安い/肉・魚の使用量が多い/人工添加物無添加

 

ファインペッツ極の特徴

ファインペッツ極は原材料の90%がアヒル肉とニシンでできた、無添加・グレインフリーのドッグフードです。肉や魚はGI値が低いので、ファインペッツ極自体が低GIのフードと言えます。ただ、かなり高カロリーです。食べムラのある子にはおすすめですが、小型犬種で食欲の強い子や、完全室内飼いで運動不足子にあげる場合は注意が必要です。

お試し価格 1,000円(1.5㎏)
評価 評価35
備考 お試し価格あり/高たんぱく・高カロリー/肉材料の使用量90%/グレインフリー/無添加

 

オリジンドッグフードのおすすめポイント

オリジンドッグフードはGI値の低いチキンやレバーの使用料が多く、最も高たんぱくなドッグフードです。もちろん穀物も不使用です。2018年のリニューアルで値上げとなりました。食べる量が少ない小型犬なら影響は少ないんですが、値上げは嬉しい内容ではありませんよね。小型犬に適したフードですが、値段が高く体重5㎏以下の子でないと、続けるのは難しいかもしれません。

価格 6,480円(2.0㎏)
評価 評価3
備考 グレインフリー/人口添加物無添加/材料はヒューマングレード/当サイト内で最も高たんぱく

小型犬に合うドッグフード選びで迷ったらおすすめはコレ!

小型犬用の正しいドッグフードの選び方&おすすめランキング-ドッグフード博士

モグワンドッグフードが小型犬におすすめな理由
  • 低GI食材をたくさん使用
  • 高たんぱくなわりにカロリーは控えめ
  • 高たんぱく過ぎない
  • 食材は人間も食べれるヒューマングレード
  • 穀物不使用(グレインフリー)
  • 全体の50%以上に肉と魚を使用

 

モグワンドッグフードはサツマイモや豆類など、低GIの食材を多く使っています。また、高たんぱくなわりにカロリーは344㎉と低めなので、運動不足の子が多い日本の小型犬におすすめのドッグフードです。

 

また、高たんぱく過ぎないのもポイントです。完全室内飼いなどで運動が不足しがちな小型犬では、高たんぱくなフードが合わずに、下痢や軟便になってしまう子もいます。肉や魚は人間も食べられるヒューマングレードの食材を使用し、消化の妨げになる香料や着色料は不使用です。

 

モグワンは市販フードと比べると少し高いんですが、食べる量が少ない小型犬なら毎月の餌代も抑えられます。小型犬に合うドッグフードを探しているなら一度は試してみて下さい。

 

 

小型犬用の正しいドッグフードの選び方&おすすめランキング-ドッグフード博士

 

小型犬用ドッグフードのQ&AⅠ:小型犬の1ヵ月の餌代ってどれくらいかかるの?

小型犬用の正しいドッグフードの選び方&おすすめランキング-ドッグフード博士

小型犬であればだいたい2.0㎏入りのドッグフードを1ヵ月に1袋食べきります。(体重3キログラムの子を想定)なので、あとは購入するドッグフードの価格によって1ヵ月あたりの餌代が変わってきます。

 

例えば、当サイトで人気があるカナガンドッグフードなら1ヵ月あたり約3,960円、市販のドッグフードなら1,000~2,000円程度ですね。小型犬といっても、成犬時の体重が10㎏までのことを言います。体重によって食べる量も変わるのであくまで参考程度に考えて下さい。

 

また、市販のドッグフードを選ぶ際は「添加物」や「材料」などを良くチェックしてから購入してください。「高いフード=良い」ではありませんが、「安いフード=悪い」はけっこう当てはまるフードが多いです。

 

小型犬用ドッグフードのQ&AⅡ:小型犬には一回でどれくらいの量をあげたらいいの?

小型犬用の正しいドッグフードの選び方&おすすめランキング-ドッグフード博士

購入したドッグフードの裏か、メーカーの公式サイトに給餌量が記載されているのでまずはそれを参考にあげましょう。自分でしっかりと計算したい方は「ドッグフードのカロリー計算方法」、難しい計算をしたくない方は「ドッグフードの供給量目安を犬の体重別で徹底解説」をご覧ください。

 

但し、子犬の内は成長期ということもあり1日3~5回を欲しがるだけ与えて大丈夫です。(軟便は食べすぎなので量を減らす)1歳を超えて成長が止まったら体重を元にした給餌量だけでなく、体型を元にした「BCS(ボディ・コンディション・スコア)」も取り入れてください。

 

BCSでは体系を元に餌の量を微調整していきます。この場合は今まであげていた量を基準に1gずつ1週間単位で増減させていき、愛犬がベストな体系になるにはどれくらいの量が適正なのかをみていきます。

 

体重から算出する給餌量は簡単ですが骨格や身長によっても必要な量は変わってくるので、体系を元にするBCSのを参考に給餌量を決めた方がベストです。

 

もし「自分ではよくわからない」という方は動物病院でも見てくれるので定期健診やワクチン接種の際に獣医に相談してみて下さい。

 

小型犬用ドッグフードのQ&AⅢ:小型犬の子犬・シニア犬におすすめなフードはどれ?

小型犬用の正しいドッグフードの選び方&おすすめランキング-ドッグフード博士

子犬の場合は「子犬(パピー)用の正しいドッグフードの選び方&おすすめランキング」、シニア犬の場合は「老犬(高齢犬)用の正しいドッグフードの選び方&おすすめランキング」を参考にしてみて下さい。

 

子犬は一度に食べられる量が少ないので、一粒あたりの栄養価が高いフードがおすすめです。月齢によっては1日3~5回に分けて小まめに与えて下さい。

 

一般的にシニア犬は低たんぱく・低カロリーなフードをすすめられます。ですが、低たんぱくなフードは筋肉量が減り体脂肪が増える傾向にあります。腎機能に問題がなければ、肉や魚をたくさん使った高たんぱくなフードを選んであげましょう。

 

小型犬用ドッグフードのQ&AⅣ:カークランド(コストコ)のフードは小型犬には合わないの?

小型犬用の正しいドッグフードの選び方&おすすめランキング-ドッグフード博士

AAFCO(米国飼料検査官協会)の栄養基準を満たしているので、小型犬でも問題なく食べられます。ただ、小さくても9kg程度の量からしかなく、体重にもよりますが食べきる前の劣化が心配です。

 

多頭飼いでフードの消費量が多い家庭なら問題ありませんが、劣化が進むとフードの油分が酸化して消化不良を起こしたり、風味が飛んで食いつきが悪くなったりします。

 

ご近所さんとシェアすることも可能ですが、ご近所トラブルの原因になる可能性もあります。開封後1カ月程度で食べきれないのであれば止めておいた方が良いでしょう。

 

 

小型犬用ドッグフードのQ&AⅣ:小型犬に中型犬用や大型犬用のドッグフードを与えても大丈夫?

小型犬用の正しいドッグフードの選び方&おすすめランキング-ドッグフード博士

基本的には問題ありません。一般的に小型犬用と大型犬用フードでは栄養価に大きな差はありません。多少カロリーが違うので小型犬に大型犬用のフードをあげる場合は、「ドッグフードのカロリー計算方法」を元に計算してあげて下さい。

 

気を付けて欲しいのは、「大きさ別」よりも「ライフステージ別」です。例えば、小型種の子犬に大型犬用の成犬用フードを与えるのは良くありません。成犬よりも子犬の方がより多くの栄養を必要とします。その為「子犬用(パピー)」は1粒辺りの栄養価が高く作られています。

 

小型犬以外に中型犬や大型犬を飼っている場合、フードを統一して良いのか気になるかもしれません。「成犬用」か「子犬用」かをしっかり守れば「小型犬用」か「大型犬用」かは心配する必要はありません。

 

それと、前項でも書きましたが安く済ませる為に大型犬用の大袋を購入する場合、1カ月程度で食べきれないのであれば劣化するのでやめておきましょう。

 

まとめ


小型犬の場合、骨や関節がきゃしゃでトラブルが多いです。骨を太くすることはできませんが、筋力をつけることで骨や関節にかかる負担を少しは軽くできます。とはいえ、筋力維持には散歩も欠かせません。

 

愛犬に少しでも元気な状態でいて貰う為にも、高たんぱくでグレインフリーのフードを選び、体の大きさに合わせて十分な散歩をさせてあげましょう。

関連ページ

子犬(パピー)用の正しいドッグフードの選び方&おすすめランキング-ドッグフード博士
ここでは子犬(パピー)用ドッグフードの選び方と、子犬用におすすめのドッグフードランキングを作りました。子犬は犬が一生付き合っていく骨や内臓を作る大切な時期です。しっかりと厳選したよいドッグフードを選んであげて下さい。
成犬用の正しいドッグフードの選び方&おすすめランキング-ドッグフード博士
ここでは成犬の為の餌の選び方と、おすすめドッグフードのランキングをご紹介します。子犬・成犬・シニア犬ではそれぞれ栄養素を必要とする値が変わってきます。もちろん小型か大型かによっても変わってくるので、あくまで基準として参考にして頂ければと思います。
老犬(高齢犬)用の正しいドッグフードの選び方&おすすめランキング-ドッグフード博士
ここでは老犬(高齢犬)用の正しいドッグフードの選び方と、老犬(高齢犬)におすすめのドッグフードランキングを作りました。老犬になると消化能力が落ちてくるので、成犬時よりも良質なドッグフードが必要になってきます。愛犬が一般的にシニアと呼ばれる7歳以上の方は参考にしてみて下さい。
大型犬用の正しいドッグフードの選び方&おすすめランキング-ドッグフード博士
ここでは大型犬用の正しいドッグフードの選び方&おすすめランキングをご紹介します。大型犬がかかり易い病気を元に、ドッグフードで予防が可能な病気にフォーカスして選び方を3つのポイントにまとめました。
痩せ気味の犬のドッグフードの選び方&おすすめランキング-ドッグフード博士
ここでは痩せ気味の犬の為のドッグフードの選び方とおすすめランキングをご紹介しています。痩せ気味の子が気を付けたい病気を元に餌の選び方を3つのポイントにまとめました。愛犬が少し痩せていると感じる方は参考にしてみて下さい。
ダイエットが必要な肥満犬におすすめのドッグフード&選び方-ドッグフード博士
ここではダイエットが必要な肥満犬におすすめのドッグフードと餌の選び方をご紹介していきます。肥満が万病と言われるのはなにも人間だけの話しではありません。犬にとっても肥満は怖い病気なので、ダイエットに向いたおすすめドッグフードと、その選び方についてこちらの記事を参考にしてみて下さい。