フレンチブルドッグの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士

MENU

フレンチブルドッグの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士

ここではフレンチブルドッグの餌の選び方とおすすめのドッグフードをご紹介します。フレンチブルドッグは筋肉質な体格をしている他・皮膚病や腸が弱いといった特徴があります。ドッグフードでサポートできる病気についてはできるだけ配慮されたものを選びたいですよね。

 

フレンチブルドッグの餌の選び方【目次】

 

フレンチブルドッグの餌の選び方【3つのポイント】

皮膚病の多いフレンチブルには肉材料の割合が多いものを選ぶ

フレンチブルドッグは外耳炎や皮膚炎といった皮膚トラブルが多い犬種です。皮膚のバリア機能を高める為にもアミノ酸を豊富に含んだ肉材料の割合が多いものを選びましょう。

 

肉や魚などの肉材料の割合が50%以上が望ましいですが、少なくとも原材料の一番最初に肉材料が書かれているものを選んであげて下さい。

 

筋肉質なフレンチブルドッグの為に高たんぱくなドッグフードを選ぶ

フレンチブルドッグは愛嬌のある表情とは裏腹に体はがっしりとした筋肉質体系です。筋肉量を維持する為にもたんぱく質の割合が28%以上のものが理想です。

 

筋肉量を維持できれば、基礎代謝の維持につながり太りにくい体系の維持ができます。肥満は皮膚に十分な栄養を送る妨げになるので避けなければいけません。

 

穀物不使用のドッグフードを選んであげる

フレンチブルドッグは腸が弱くおならが多い犬種と言われています。消化を気にするのであれば穀物不使用(グレインフリー)は欠かせません。

 

トウモロコシ・小麦・大豆・玄米などは食べられますが、消化に良い食べ物ではありません。

 

フレンチブルドッグにおすすめのドッグフードは?徹底比較!

 

肉材料の割合

たんぱく質

穀物不使用※

カナガン

チキン(55.7%)

33.00%

ナチュラルドッグフード

ラム(55%)

20.00%

ファインペッツ極

アヒル&ニシン(90%)

36.00%

モグワン

チキン&サーモン(53%)

28.00%

ネルソンズ

チキン(46%)

30.00%

オリジン

チキン他(85%)

38.00%

ロイヤルカナン

未公開

19.00%

×

アーテミス

未公開

25.00%

ニュートロナチュラルチョイス

未公開

25.00%

×

サイエンスダイエット

未公開

21.00%

×

アイムス

未公開

22.00%

×

アカナ

ラム他(50%)

27.00%

ヤラー

チキン他(23%)

24.00%

ブラックウッド

未公開

27.50%

フィッシュ4ドッグ

未公開

26.00%

ナチュラルバランス

未公開

23.00%

アボ・ダーム

未公開

21.00%

ソルビダ

未公開

22.00%

セレクトバランス

未公開

22.00%

×

ボッシュ

未公開

25.00%

×

ナチュラルハーベスト

未公開

18.00%

スーパーゴールド

未公開

22.00%

ニュートロシュプレモ

未公開

26.00%

ワイソン

未公開

30.00%

ホリスティックレセピー

未公開

22.00%

ビィナチュラル

未公開

22.00%

グリーンフィッシュ

未公開

24.00%

×

ビルジャック

未公開

26.00%

×

ベストバランス

未公開

21.00%

×

※、「×」はトウモロコシ・小麦・大豆を使用、「△」はそれ以外の穀物を使用

 

フレンチブルドッグにおすすめなドッグフードランキング

モグワンドッグフードのおすすめポイント

モグワンドッグフードはチキンとサーモンを半分ずつ、全体の50%以上使用したドッグフードです。残りの半分は野菜や果物で作られているので肉だけでは取れない栄養素もばっちり補うことができます。また、腸が弱いフレンチブルドッグには嬉しい穀物不使用なのも特徴です。たんぱく質は28%となっているので室内飼いの子であればモグワンドッグフードが最もおすすめです。

価格 3,960円(1.8㎏)

【ドッグフード博士限定】上記金額から50%OFFキャンペーン中

評価 評価5
備考 グレインフリー/材料の50%以上は動物性の肉食材を使用/人口添加物不使用
モグワンの総評

モグワンドッグフードは市販のドッグフードと比べれば高たんぱくですが、「高たんぱくドッグフードの中では比較的たんぱく質の割合が低め」です。ただ、少ない分にはささみ肉などをトッピングしたりして調整でき、使い勝手も良いのでフレンチブルドッグに最もおすすめのドッグフードと言えます。

 

カナガンドッグフードのおすすめポイント

カナガンドッグフードは高たんぱく・穀物不使用のドッグフードです。たんぱく質の割合は33%と高たんぱくなので、フレンチブルドッグの中でも毎日朝晩のお散歩をしっかりできている子には適した割合と言えます。あまりお散歩に行くことができない子の場合、たんぱく質が高すぎてうんちが緩くなることもあるのでそういった場合はモグワンなどの穀物不使用でたんぱく質の割合が低いものを試してみて下さい。

価格 3,960円(1袋2.0kg)
評価 評価45
備考 人工添加物不使用/グレインフリー/材料はヒューマングレード/全体の50%以上にチキンを使用

 

ファインペッツ極のおすすめポイント

ファインペッツ極は超高たんぱく・穀物不使用のドッグフードです。全体の90%がアヒルとニシンからできた贅沢なドッグフードです。フレンチブルドッグの中でも毎日朝晩のお散歩と週1~2回、公園やドッグランなどで思いっきり遊べるような運動量の多いフレンチブルドッグにはファインペッツ極のような超こうたんぱくなドッグフードがおすすめです。お試し価格もあり試しやすいですが、通常価格は高いので注意が必要です。

価格 1,000円(1.5kgのお試し価格)
評価 評価4
備考 グレインフリー/材料の9割は肉食材/消化吸収率87%

 

アカナドッグフードのおすすめポイント

アカナの「グラスフェッドラム」はラム肉を50%使ったグレインフリーのドッグフードです。アカナには他にも肉食材を全体の70%使用使った「レジオナル」シリーズがあるので、そちらもおすすめです。ただ、フレブルはアトピーやアレルギー性皮膚炎が多い犬種です。アレルゲンの特定には「グラスフェッドラム」のような単一たんぱくのフードがおすすめです。

価格 5,300円(2.0kg)
評価 評価35
備考 グレインフリー(穀物不使用)/ラム肉を50%使用/人工添加物無添加

 

オリジンドッグフードのおすすめポイント

オリジンドッグフードは全体の85%に肉と魚を使ったグレインフリーフードです。食材も人間が食べられる高品質な食材で、人口添加物も不使用です。かなり優れたフードではありますが、値段がかなり高いです。フレブルのサイズは個体差がありますが、値段も考えると小柄なフレンチブルドッグにおすすめのドッグフードと言えます。

価格 6,480円(2.0㎏)
評価 評価3
備考 グレインフリー/人口添加物無添加/材料はヒューマングレード/肉食材は全体の85%

フレンチブルドッグに合うドッグフード選びで迷ったらおすすめはコレ!

フレンチブルドッグの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士

モグワンドッグフードがフレンチブルドッグにおすすめな理由
  • 全体の53%に肉と魚を使用
  • 穀物不使用(グレインフリー)
  • 人間も食べられる高品質の食材を使用
  • 合成の保存料や着色料など不使用
  • 抗炎症作用があるとされるオメガ3脂肪酸が豊富

 

フレンチブルドッグは骨格こそガッシリとして丈夫に見えますが、とにかく病気の多い犬種です。ペット保険のアニコムの調べでは、犬全体の皮膚疾患に対する請求割合が23.7%だったのに対して、フレブルは51.5%だったとしています。

 

食べ物に限らず、ハウスダストや花粉が原因で皮膚炎を起こすこともあるので、「痒がった」り「一か所をしつように舐める」などの症状が見られる場合、早めに受診しましょう。

 

魚に多く含まれるオメガ3脂肪酸には、炎症を抑える働きがあると言われています。モグワンは市販のフードよりもオメガ3脂肪酸が豊富で、皮膚トラブルが多いフレブルにおすすめのドッグフードと言えます。

 

 

フレンチブルドッグの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士

 

フレンチブルドッグ用ドッグフードのQ&AⅠ:ロイヤルカナンのフレンチブルドッグ用ドッグフードの評価ってどう?

フレンチブルドッグの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士

小麦動物性脂肪、ポークプロテイン、植物性分離タンパク*、肉類(鶏、七面鳥)、加水分解動物性タンパク、ビートパルプ、大豆油、魚油、フラクトオリゴ糖、加水分解甲殻類(グルコサミン源)、マリーゴールド抽出物(ルテイン源)、緑茶・ブドウ抽出物(ポリフェノール源)、加水分解軟骨(コンドロイチン硫酸源)、アミノ酸類(L-チロシン、タウリン、L-カルニチン)、ポリリン酸ナトリウム、ゼオライト、ミネラル類(Cl、K、Na、Ca、P、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、D3、イノシトール、E、コリン、ナイアシン、C、パントテン酸カルシウム、B6、B1、B2、葉酸、ビオチン、B12)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA没食子酸プロピル

 

上記はロイヤルカナンのフレンチブルドッグ(成犬用)の原材料表です。上記を見ると米と小麦がメインでそれらの穀物に動物性油脂で香りづけをしたものだということが分かります。

 

米は他の穀物とは違い消化には良いんですがGI値が高く太り易い食材でもあります。短毛種でただでさえ皮膚疾患が多いフレンチブルドッグに穀物の多いドッグフードというのは正直おすすめできる内容ではありません。

 

また、動物性油脂についても薬品などが混入している可能性が十分に考えられます。ロイヤルカナンが使用している危険な原材料について、詳しくは「ドッグフードの危険な原材料・添加物全まとめ」をご覧ください。

 

フレンチブルドッグ用ドッグフードのQ&AⅡ:フレンチブルドッグのアレルギーや皮膚炎はドッグフードと関係があるの?

フレンチブルドッグの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士

一概にフレンチブルドッグの皮膚炎とドッグフードの関係性を結びつけるのは難しいですが、短毛でシングルコートのフレンチブルドッグは、ダブルコートの犬種と比べると接触アレルギーの
可能性が高くなります。

 

これは、ダブルコートのように被毛でしっかりと皮膚を守っている犬種と比べて、フレンチブルドッグは花粉やハウスダストなどのアレルゲンを皮膚から吸収し易い為と言われています。

 

もちろん、腸が弱いので食物アレルギーも起こしやすい犬種とも言えます。皮膚炎が出ているからといってそれが食べ物が原因なのか?花粉やハウスダストが原因なのか?といった判断は素人では難しいです。

 

むやみにドッグフードを切り替えても消化の負担となるので、まずは皮膚炎を起こしている原因(アレルゲン)を特定することが先決です。

 

それと同時に、市販の消化に悪いドッグフードをあげているなら消化に良い肉材料が豊富で無添加・グレインフリーのドッグフードに変えてみて下さい。

 

消化に良いドッグフードに変えることで、腸内環境が良くなり皮膚のバリア機能の向上が期待できます。

 

 

フレンチブルドッグ用ドッグフードのQ&AⅢ:フレンチブルドッグがドッグフードを食べない原因と対策

フレンチブルドッグの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士

フレブルがドッグフードを食べない時の対処法
  1. おやつをあげている場合はおやつを止める
  2. 食べなければお皿を下げる
  3. 今まであげていたドッグフードをフライパンでかるく炒る
  4. 食べないのが1~2日なら様子を見る(丸2日食べなければ病院へ)
  5. 下痢や嘔吐・ぐったりして動かないなどの症状があれば直ぐ病院へ

 

フレンチブルドッグに限らず、犬がドッグフードを食べない原因は「病気」か「わがまま」のどちらかです。例えば、夏はどの犬種も食欲が落ちる時期ですが、フレブルは特に暑さ・寒さに弱い犬種です。

 

こういった時期にはフードを炒ったり、ぬるま湯でふやかしてあげると食べてくれるようになります。病気や体調不良でなければ、上記の1~3を試していけば食べるようになります。

 

新しいフードに切り替えたり、トッピングも食べるようになりますが、「食べなければ何か美味しいものをくれる」と勘違いさせてしまうことにもなります。できれば最終手段としてとっておきたい方法です。

フレンチブルドッグ用ドッグフードのQ&AⅣ:フレンチブルドッグにかかる餌代はどれくらい?

子犬

成犬

シニア犬

1日の餌代

473円

385円

352円

1カ月の餌代

14,190円

11,550円

10,560円

1年間の餌代

127,710円(9カ月)

138,600円

126,720円

※1、体重は10㎏で固定
※2、ドッグフードはモグワン(1.8㎏ 3960円)で固定
※3、子犬・成犬はメーカーの給餌量を目安、シニアはDERを用いて算出

 

フレンチブルドッグの体重は8~14kgとかなり差があります。上記は体重10㎏という条件で餌代を計算しました。子犬はペットショップやブリーダーから譲り受ける場合、早くても生後3カ月以降の子なので9カ月で計算しています。

 

餌代は体重・ドッグフードの値段によって大きく変わります。その為、上記はあくまで参考程度にみて下さい。

 

フレンチブルドッグ用ドッグフードのQ&AⅣ:フレンチブルドッグに1日にあげる餌の量はどれくらい?

フレンチブルドッグの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士

ここからはフレンチブルドッグのライフステージ毎におすすめのドッグフードと、1日に与える目安量をまとめました。ここで紹介するのはあくまで目安となる量です。必ずこの量を食べきらないといけない訳ではありません。

 

特に、フレンチブルドッグは成犬時の体重が8~14㎏とかなり個体差があります。その為、体重だけではなく「BCS(ボディ・コンディション・スコア)」もチェックが必要です。

 

実際にあげる時は便の様子を見ながら目安量に対して10%程度を調節してあげて下さい。便は食べすぎで軟便に、少ないと硬くなる傾向があるので毎日欠かさずチェックしてあげて下さい。

 

フレンチブルドッグの子犬におすすめなモグワンドッグフードをを1日にあげる量

フレブルの子犬の体重(㎏)

1日の給餌量(g)

1.5~2

55~68

2~2.5

68~84

2.5~3

84~93

3~3.5

93~102

3.5~4

102~110

4~4.5

110~119

4.5~5

119~128

5~6

128~145

6~7

145~163

7~8

163~180

8~10

180~215

10~12

215~250

12~14

250~285

 

上記はフレンチブルドッグの子犬におすすめなモグワンドッグフードを1日にあげる目安量です。上記の量を食べきれずに、便が硬くなってしまう場合はカナガンやオリジンなど、高カロリーなフードに切り替えてあげましょう。

 

カロリーが高いのでモグワンと同量でも十分な栄養を補えます。避妊・去勢手術の後や、急激な成長が止まる生後10カ月を目安に、またモグワンなどのカロリーが低めなフードに切り替えてあげると、肥満を防げます。

 

上記を元に、生後6カ月頃までは1日3回に分けて、6カ月以降は1日2回に分けてあげて下さい。便のチェックも忘れずにしてあげて下さいね。

 

フレンチブルドッグの成犬におすすめなカナガンドッグフードを1日にあげる量

フレブルの成犬の体重(㎏)

1日の給餌量(g)

5~6

104~119

6~7

119~133

7~8

133~148

8~10

148~174

10~12

174~200

12~14

200~224

 

上記はフレンチブルドッグの成犬(避妊・去勢済み)におすすめなカナガンドッグフードを1日に与える目安量です。避妊・去勢手術をしていない場合、上記よりも10%程度増やしてあげて下さい。

 

カナガンの公式サイトでは目安量が大雑把なので、上記は当サイトがDER(1日に必要なエネルギー要求量)という数式を用いて計算しました。実際にあげる時は便の様子を見ながら量を調節してあげて下さい。

 

フレンチブルドッグのシニア犬におすすめなアカナドッグフードを1日にあげる量

フレブルのシニア犬の体重(㎏)

1日の給餌量(g)

5~6

85~98

6~7

98~110

7~8

110~121

8~10

121~143

10~12

143~164

12~14

164~184

 

上記はフレンチブルドッグのシニア犬におすすめなアカナドッグフード(パシフィカ)を1日に与える目安量です。炎症を抑える働きがあるオメガ3脂肪酸が豊富なので、フレブルのシニアにおすすめなドッグフードです。

 

アカナの公式サイトでは目安量が大雑把なので、上記は当サイトがDER(1日に必要なエネルギー要求量)という数式を用いて計算しました。実際にあげる時は便の様子を見ながら量を調節してあげて下さい。

 

まとめ


ここではフレンチブルドッグにおすすめのドッグフードと選び方をまとめました。フレンチブルドッグは筋肉質な体型をしているので丈夫そうに見えますが、実はとても病気の多い犬種です。

 

できるだけ体やお腹に優しいドッグフードを選んであげて下さい。このページがドッグフード選びの参考になれば幸いです。

関連ページ

チワワの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではチワワにおすすめの餌の選び方とおすすめドッグフードをランキング形式でご紹介していきます。チワワの特徴やかかり易い病気などを元にチワワにおすすめの餌の選び方をご紹介しています。
トイプードルの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではトイプードルに合った餌の選び方と、選び方を元におすすめドッグフードをランキング形式でご紹介しています。選び方についてはトイプードルの特徴やかかり易い病気を元にしています。既にトイプードルと一緒に暮らしている方も、これからトイプードルを家族に迎える方も参考にしてみて下さい。
柴犬の餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここでは柴犬に合った餌の選び方を3つのポイントに絞ってご紹介しています。また、選び方を元におすすめドッグフードのランキングも作成しました。柴犬を飼っている方・これから飼うという方は参考にしてみて下さい。
ダックスフンドの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではダックスフンドの特徴やかかり易い病気を元に、ダックスフンドに合ったドッグフードの選び方と、それを元におすすめドッグフードをご紹介します。既にダックスと一緒に暮らしている方も、これからダックスを迎える方も参考にしてみて下さい。
ポメラニアンの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではポメラニアンに合った餌の選び方とおすすめドッグフードをランキング形式でご紹介していきます。餌の選び方についてはポメラニアンの特徴やかかり易い病気などを元にまとめました。これからポメラニアンを迎える人も、既にポメラニアンと暮らしている方も参考にしてみて下さい。
ヨークシャーテリアの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではヨークシャーテリアの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはヨークシャーテリアの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからヨークシャーテリアを飼う人も、既にヨークシャーテリアと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
パピヨンの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではパピヨンの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはパピヨンの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからパピヨンを飼う人も、既にパピヨンと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
シーズーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではシーズーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはシーズーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからシーズーを飼う人も、既にシーズーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
ミニチュアシュナウザーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではミニチュアシュナウザーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはミニチュアシュナウザーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからミニチュアシュナウザーを飼う人も、既にミニチュアシュナウザーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
マルチーズの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではマルチーズの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはマルチーズの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからマルチーズを飼う人も、既にマルチーズと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
ウェルシュ・コーギーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではウェルシュ・コーギーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはウェルシュ・コーギーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからウェルシュ・コーギーを飼う人も、既にウェルシュ・コーギーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
パグの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではパグの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。パグは遺伝的にレッグ・ペルテスや膝蓋骨脱臼を起こしやすい犬種です。そんなパグの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからパグを飼う人も、既にパグと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
ミニチュア・ピンシャーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではミニチュア・ピンシャーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはミニチュア・ピンシャーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからミニチュア・ピンシャーを飼う人も、既にミニチュア・ピンシャーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
ラブラドール・レトリバーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではラブラドール・レトリバーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはラブラドール・レトリバーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからラブラドール・レトリバーを飼う人も、既ラブラドール・レトリバーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。