犬のアレルギーの原因と予防対策&ドッグフードの選び方-ドッグフード博士

MENU

犬のアレルギーの原因と予防対策&ドッグフードの選び方-ドッグフード博士

犬のアレルギーの原因と予防対策&ドッグフードの選び方-ドッグフード博士

ここでは犬のアレルギーの原因と予防対策&ドッグフードの選び方をご紹介していきます。犬のアレルギーの原因としては摂取(食物アレルギー)と接触(接触アレルギー)があります。最も効果的な対策としてはアレルゲンを避けることです。但し消化・吸収に優れたフードを食べることで免疫力を高めたり、皮膚のバリアー機能を高めることでアレルギーの予防・対策につながります。ここでは全体の4割と言われる食物アレルギーを予防・対策するドッグフードの選び方をご紹介します。

 

犬のアレルギーの原因と予防対策【目次】

 

犬のアレルギーの原因となる糖尿病を予防するドッグフードの選び方【3つのポイント】

穀物不使用

穀物は消化に悪い為、穀物の割合が多いドッグフードを食べている子は穀物アレルギーを発症している可能性があります。

 

その場合はグレインフリー(穀物不使用)のドッグフードに切り替えるだけで症状が回復するケースも珍しくありません。

 

消化・吸収に優れたドッグフードを選ぶ

「4Dミール」や「〇〇肉副産物」といった粗悪な材料が使われているフードは、羽や毛皮部分が含まれている可能性があります。

 

その為消化しにくく、食物アレルギーを起こすことがあります。「〇〇生肉」や「乾燥〇〇肉」といった肉部分のみを使ったドッグフードを選びましょう。

 

整腸効果のある食材が使われているものを選ぶ

オリゴ糖や乳酸菌・酵母など腸内環境を整えてくれる食材が使われているものを選ぶと良いです。

 

それらがフードに含まれていない場合は、ヨーグルトや納豆・乳酸菌サプリメントなどをあげても良いです。

 

犬のアレルギーを予防対策をするドッグフードをポイントで徹底比較!

 

穀物不使用

肉材料の質※1

整腸効果

カナガン

フラクトオリゴ糖

ナチュラルドッグフード

ビール酵母

ファインペッツ極

ビール酵母

モグワン

ビール酵母・乳酸菌

ネルソンズ

オリゴ糖2種類

オリジン

腸球菌

ロイヤルカナン

×

フラクトオリゴ糖

アーテミス

乳酸菌3種類

ニュートロナチュラルチョイス

×

なし

サイエンスダイエット

×

なし

アイムス

×

フラクトオリゴ糖

アカナ

腸球菌

ヤラー

なし

ブラックウッド

×

乾燥ビール酵母・乾燥乳酸球菌発酵物

フィッシュ4ドッグ

×

ビール酵母

ナチュラルバランス

なし

アボ・ダーム

×

納豆菌発酵抽出物

ソルビダ

×

プロバイオティクス微生物

セレクトバランス

×

フラクトオリゴ糖

※1,公式サイト内で肉の質にこだわっているのが分かるものの、原材料に「ミール」などが使われている場合は「△」としています。

 

犬のアレルギーを予防対策をするドッグフードランキング

モグワンドッグフードのおすすめポイント

モグワンドッグフードはチキンとサーモンを全体の50%以上使用した穀物不使用のドッグフードです。使用しているチキンはイギリス産の平飼いチキンとスコットランド産のサーモンをそれぞれ生・乾燥の状態で使っています。メインの食材が2種類なので「チキンのみ」・や「サーモンのみ」のドッグフードと比べると食物アレルギーを起こす可能性も少なく、食物アレルギーが心配な子におすすめのドッグフードです。

価格 3,960円(1.8㎏)

【ドッグフード博士限定】上記金額から50%OFFキャンペーン中

評価 評価5
備考 グレインフリー/材料の50%以上は動物性の肉食材を使用/人口添加物不使用/
モグワンの総評

モグワンは上記の他にも皮膚のバリアー効果を高める働きがあるオメガ3脂肪酸を豊富に含んでいます。乳酸菌やビール酵母も含まれているので食物アレルギーと接触アレルギー、どちらのアレルギーに対してもおすすめできるドッグフードとなっています。

 

オリジンドッグフードのおすすめポイント

オリジンドッグフードはチキン・七面鳥・ニシン・ウォールアイ(白身魚)・乾燥サーモンなど、様々なたんぱく源を使ったドッグフードです。なので一般的なチキンメインのドッグフードと比べると食物アレルギーを起こしにくく、他にもメイン食材を変えた様々な味があるので既に特定の食材にアレルギーがある子にもおすすめです。

価格 6,480円(2.0㎏)
評価 評価4
備考 グレインフリー/人口添加物無添加/材料はヒューマングレード/当サイト内で最も高たんぱく

 

アカナドッグフードのおすすめポイント

アカナのドッグフードはグレインフリーで肉部分とレバーなどの臓器部分をメインに使ったドッグフードです。毛皮や羽などは使わず、消化に優れて栄養価の高い部分を使用しています。オリジン同様に様々な味があるので既に食物アレルギーがある子でも味を変えて試すことができるおすすめのドッグフードです。

価格 6,480円(2.0㎏)
評価 評価3
備考 グレインフリー/人口添加物無添加/材料はヒューマングレード/当サイト内で最も高たんぱく

 

犬がアレルギーになる原因で多いQ&AⅠ:アレルギーの検査ってした方が良いの?費用はどれくらい?

犬のアレルギー検査についてはネット上でも賛否が分かれています。人でも同じことが言えますが検査結果の正確性に疑問が残るようです。

 

犬のアレルギー検査の項目 費用 特徴
リンパ球反応検査 2~3万円 食物アレルギーの検査で信頼性が高い
IgE血液検査 2~3万円 一般的なアレルギー検査

 

検査で陽性反応が出た物質に対して絶対アレルギーが起こるという訳ではなく、あくまでアレルギーの可能性がわかるというのがアレルギーの検査です。

 

なので最悪のケースとしては検査で陽性反応が出たものを全て除去したのにアレルギー症状が改善しないということもあり得るということです。

 

但し、どんな物質に対してアレルギーを起こす可能性があるのか?といったひとつの指標になるので闇雲にアレルゲンの除去をするよりも効果が期待できます。

 

どちらの検査を受けるか相談する為にも下記の点をよく観察しておくと良いでしょう。

 

  • 症状が出るタイミング(餌を食べた直後・散歩の後など)
  • 症状(痒がる・吐く・下痢など)
  • 季節性(時期によって花粉なのか?ダニなのか?などの判断の為)

 

 

犬がアレルギーになる原因で多いQ&AⅡ:アレルギー性皮膚炎にシャンプーは効果があるの?

接触アレルギーの場合には効果があります。例えばダニやハウスダスト・花粉などのケースですね。

 

食物アレルギーの場合にはシャンプーの効果は期待できません。ただ、フケが出ている場合などは洗い流せますが、フードをアレルゲンフリーのものに変えて水洗いをしてあげれば改善します。

 

接触アレルギーの場合は皮膚にアレルゲンが付着し、皮膚からアレルゲンを吸収することで症状が起こります。

 

被毛がバリア―効果を発揮するので短毛種は接触アレルギーを発症し易く、特に足の付け根やしっぽの裏・指の間などに発症し易いです。

 

接触アレルギーの原因となる主な物質

植物・花粉・洗剤・ノミ取り首輪・脱臭剤・除草剤・腐葉土・金属・織物・じゅうたん・プラスチック・ゴム・除草剤・防虫剤など

 

短毛種は長毛種と比べるとバリア―機能が低いので、オメガ3脂肪酸などを積極的に摂取し、皮膚の乾燥を予防することで接触アレルギーの発症を防ぐ効果が高まります。

 

犬がアレルギーになる原因で多いQ&AⅢ:犬のアレルギーってどんな症状が出るの?原因は?

  • 体を痒がる
  • フケが多い
  • 手や足を必要以上に舐める
  • 脱毛
  • 顔・手足の先・背中・耳などが赤くなり痒がる
  • くしゃみ
  • 目の痒みや充血

 

犬のアレルギー症状はヒトの時と似ていて上記のような症状が出ます。但し、飼い主がこれらの症状に気づくことができずアレルギー症状が酷くなると下痢・嘔吐・呼吸困難・心拍数の増加・めまいなどが起こります。

 

酷くなった場合の症状もヒトのアレルギー症状と似ていますね、原因についても多岐に渡ります。当サイトでオススメしない食材としている小麦・トウモロコシ・大豆などの穀物やダニやホコリといったハウスダストもアレルギーの原因となります。

 

もちろん、穀物に限らずチキンや魚・牛肉など「たんぱく質」に対して起こる免疫の異常反応がアレルギーです。なので犬も花粉でアレルギー症状が出ることもあります。

 

但し、食べ物に関して言えば犬は穀物の消化能力が低いのでアレルギーを起こしやすい食材と言えます。その為、最近ではグレインフリー(穀物不使用)のドッグフードの人気が高まりつつあります。

ドッグフード業界の恐ろしい事実がついに判明・・・

犬のアレルギーの原因と予防対策&ドッグフードの選び方-ドッグフード博士

目的別のドッグフードおすすめランキング一覧

犬のアレルギーの原因と予防対策&ドッグフードの選び方-ドッグフード博士

関連ページ

犬が吐く&嘔吐をする原因と対策&ドッグフードの選び方-ドッグフード博士
ここでは犬が「吐く」・「嘔吐」してしまう原因と対策をまとめました。また、原因を元にドッグフードの選び方についてもまとめました。愛犬がよく吐く・嘔吐してしまう方は参考にしてみて下さい。
犬が下痢をする原因と対策&ドッグフードの選び方-ドッグフード博士
ここでは犬が下痢をしてしまう原因と対策をまとめました。また、原因を元に下痢をし易い子におすすめのドッグフードの選び方についてもまとめましたので参考にしてみて下さい。
犬の便秘の原因と対策&ドッグフードの選び方-ドッグフード博士
ここでは犬の便秘の原因と対策&ドッグフードの選び方をご紹介します。犬が便秘をする原因はいくつか考えられますが、ここではドッグフードが原因で便秘になる場合の対策とドッグフードの選び方についてご紹介していきます。
犬の涙やけを改善するドッグフードの選び方&おすすめランキング-ドッグフード博士
ここでは犬の涙やけを改善するドッグフードの選び方&おすすめランキングをご紹介していきます。犬の涙やけは先天的な原因や毛の生え方などによっても起こりますが、ドッグフードが原因でも起こります。ここでは涙やけが起こりにくいドッグフードの選び方とおおすすめランキングをまとめました。
犬の口臭・体臭の予防対策&ドッグフードの選び方-ドッグフード博士
ここでは犬の口臭・体臭の予防対策&ドッグフードの選び方をご紹介します。犬の口臭や体臭はドッグフードが原因で起こることもあるんです。この記事を参考にあなたの愛犬が食べているドッグフードをチェックしてみて下さい。
犬の虫歯予防と対策方法&ドッグフードの選び方-ドッグフード博士
ここでは犬の虫歯予防と対策方法&ドッグフードの選び方をご紹介します。犬は人間のような虫歯になることはほとんどありませんが、歯石や歯垢が貯まり易く、歯周病に陥り易いですここでは犬の虫歯予防対策と虫歯予防におすすめのドッグフードの選び方をご紹介します。
犬の血便の原因と対策&ドッグフードの選び方-ドッグフード博士
ここでは犬が血便をしてしまう理由を元に対策、血便を予防・改善するのにおすすめのドッグフードの選び方をご紹介していきます。愛犬に血便の症状が良くみられる場合は参考にしてみて下さい。
犬が白内障になる原因と予防対策&ドッグフードの選び方-ドッグフード博士
ここでは犬が白内障になる原因と対策、白内障を予防する為のドッグフードの選び方をご紹介していきます。白内障は遺伝的に発症するケースが多いですが、糖尿病などの基礎疾患が原因で起こることもあるので、予防としては糖尿病予防をすることになります。
犬の風邪の原因と予防対策-ドッグフード博士
ここでは犬の風邪の原因と予防対策について詳しくご紹介していきます。また、犬の風邪が人にうつるのか?どのような症状がでるのか?など犬の風邪について詳しくまとめたので愛犬が風邪っぽいと思う方は参考にしてみて下さい。
犬の血尿の原因と予防対策-ドッグフード博士
ここでは犬の血尿の原因と予防対策について詳しくまとめました。血尿をしやすい犬種や年齢・性別などの条件についてもまとめたので、愛犬のおしっこの様子がおかしい!と感じている方は参考にしてみて下さい。
犬の皮膚病の原因と対策&ドッグフードの選び方-ドッグフード博士
ここでは犬の皮膚病の原因と対策、皮膚病を予防する効果が期待できるドッグフードの選び方をご紹介していきます。皮膚病は遺伝や感染だけでなく免疫力の低下でも起こる為、主に免疫力の維持におすすめのドッグフードをご紹介しています。
犬が咳をする原因と予防方法&対策方法-ドッグフード博士
ここでは犬が咳をする原因と対策をご紹介していきます。基本的に犬が咳をする場合、遺伝や感染といった要因がほとんどで、体系や栄養が関わる病気は無いのでこれを参考に咳の原因となる病気を予防してあげて下さい。
犬のくしゃみの原因と予防対策-ドッグフード博士
ここでは犬のくしゃみの原因と予防対策方法をまとめました。
犬の耳掃除のやり方・頻度と嫌がる時の対処法-ドッグフード博士
ここでは犬の耳掃除のやり方と頻度、嫌がる時の対処法について詳しくまとめました。毎日必要な訳ではありませんが、定期的にやっておかないと病気や悪臭の原因になってしまいます。今までやっていなかったという方は参考にしてみて下さい。
犬の目やにの原因と取り方-ドッグフード博士
ここでは犬の目やにの原因と、目やにの取り方、その他に目やにの色での危険度チェックなど「犬の目やに」に関する情報を徹底的にまとめました。愛犬の目元に違和感を感じている方は参考にしてみてください。