ダックスフンドの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士

MENU

ダックスフンドの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士

ここではダックスフンドの餌の選び方とおすすめのドッグフードをご紹介します。餌の選び方については、ダックスフンドの特徴やかかり易い病気などを元にまとめました。おすすめドッグフードに関しては選ぶポイントを抑えた内容になっています。

 

ダックスフンドの餌の選び方【目次】

 

ダックスフンドの餌の選び方【3つのポイント】

高たんぱくなドッグフードを選ぶ

ダックスフンドは遺伝的に肥満・運動不足・糖尿病などにかかり易い犬種です。高たんぱくな食事は筋肉量の維持につながり、基礎代謝を維持して太りにくい体を作ってくれます。

 

またダックスに多いヘルニアにはグルコサミンなどのサプリメントもありますが、若い内から筋力を維持し腰への負担を減らすのも効果的です。

 

高脂質なドッグフードを選ぶ

脂質は取り過ぎれば太りますが、犬の消化によくエネルギーに変わり易い成分で、短時間で満腹感を得られます。

 

食べ過ぎの予防も期待できるので脂質の割合が15%くらいで選んであげて、うんちの状態がゆるければ脂質の割合が低いものに変えてあげましょう。

 

ダックスフンドには穀物不使用のフードを選ぶ!

穀物に含まれる糖質は脂肪に変わり易い成分です。さつまいもやかぼちゃなどにも糖質は含まれていますが、穀物の糖質はGI値が高く特に太り易い食材です。

 

逆にさつまいもに含まれる糖質はGI値が低いのでゆっくりと消化されていくのでダイエットや糖尿病予防にもおすすめの食材です。

 

ダックスフンドにおすすめのドッグフードは?徹底比較!

 

たんぱく質

高脂質

穀物不使用

カナガン

33.00%

17.00%

ナチュラルドッグフード

20.00%

12.00%

ファインペッツ極

36.00%

20.00%

モグワン

28.00%

12.50%

ネルソンズ

30.00%

15.00%

オリジン

38.00%

18.00%

ロイヤルカナン

19.00%

12.00%

×

アーテミス

25.00%

15.00%

ニュートロナチュラルチョイス

25.00%

16.00%

×

サイエンスダイエット

21.00%

13.00%

×

アイムス

22.00%

12.00%

×

アカナ

27.00%

15.00%

ヤラー

24.00%

6.50%

 

ダックスフンドにおすすめなドッグフードランキング

カナガンドッグフードのおすすめポイント

カナガンドッグフードは高たんぱく・高脂質で穀物不使用のドッグフードです。室内飼いで慢性的な運動不足になり易いダックスフンドは、肥満・糖尿病などの病気を発症し易いのでカナガンドッグフードのような高たんぱく・高脂質なドッグフードがおすすめです。また、穀物も不使用なので消化にも優しく、不要な炭水化物や糖類を取らずに済むので肥満の予防にもつながります。

価格 3,960円(1袋2.0kg)
評価 評価5
備考 子犬~シニアまで対応/人工添加物不使用/グレインフリー/材料はヒューマングレード
カナガンの総評

カナガンドッグフードは小粒タイプなので、小型犬のダックスフンドにおすすめです。また、中型~大型犬と比べると体が小さい分、腸も短いので穀物の消化は苦手です。カナガンのような穀物不使用のドッグフードを選んであげて下さい。

 

オリジンドッグフードのおすすめポイント

オリジンドッグフードは当サイト内で最も高たんぱく・高脂質なドッグフードです。ただし、価格が高いのが難点です。これまで食べていたフードにもよりますが、高品質なたんぱく質フードに切り替えるとお腹の調子を崩す子がいます。オリジンは高たんぱく・高脂質なので切り替えの際は毎日10%くらいずつオリジンの割合を増やしていくと良いでしょう。

価格 6,156円(2.27kgの定価)
評価 評価4
備考 グレインフリー/人口添加物無添加/材料はヒューマングレード/当サイト内で最も高たんぱく

 

モグワンドッグフードのおすすめポイント

モグワンドッグフードはカナガン・オリジンと比べるとたんぱく質・脂質の量共に控えめです。もしダックスフンドがカナガンやオリジンでなかなかお腹の調子が収まらなかったり、皮膚がベタベタと油っぽくなってしまうようなら様子を見ながらモグワンくらいのたんぱく質・脂質のものを試してみて下さい。基本は高たんぱく・高脂質がおすすめですが、個体差もありたんぱく質や脂質が低めの方が良い子もいます。

価格 3,960円(1.8kgの価格)
評価 評価35
備考 グレインフリー/材料の50%以上は動物性の肉食材を使用/人口添加物不使用

 

ダックスフンド用ドッグフードのQ&AⅠ:子犬のダックスフンドには何をあげたらいいの?

カナガンドッグフードやオリジンドッグフードなどの高たんぱく・高脂質なものを選んであげて下さい。

 

一般的なパピー用フードも成犬用と比べるとたんぱく質・脂質の量が多めになっていますが、ほとんどのパピー用フードは穀物が大量に含まれています。

 

穀物は消化・吸収率が悪いので成犬以上に栄養を必要とする子犬の場合、栄養不足となり成長不良などに陥る可能性があります。

 

カナガンやオリジンにこだわらなくても良質な肉材料を50%以上使った高たんぱく・高脂質なドッグフードであれば大丈夫です。

 

ダックスフンド用ドッグフードのQ&AⅡ:ダックスフンドがあまりご飯を噛まないで食べるんだけど大丈夫?

犬の歯はもともと飲み込めるサイズに砕く程度で、ヒトの奥歯のように細かくすりつぶすようにはなっていません。

 

なのでダックスフンドに合った小粒タイプなら問題ありませんが、大粒サイズを丸のみしてしまうと喉につっかえる危険があるので、ある程度砕いてからあげるか、小粒サイズに変えてあげた方が良いかもしれません。

 

基本的には消化不良で吐き戻したり、喉につっかえてしまったりしないのであれば放っておいても大丈夫です。

 

丸飲みよりも注意して欲しいのは食べるスピードです。あまりにガッツイて食べると「胃捻転」や「消化不良」になり易いです。

 

大粒にして1~2回かみ砕かないと飲めないサイズにしたり、小粒でもよいので食べ難いお皿(食べるのに時間がかかるお皿)なども売っているので、食べるペースが速い子にはそういった対策をとってあげて下さい。

 

特に穀物やビートパルプの割合が多いフードはお腹の中で水分を吸って急激に膨らむので、胃捻転になり易いです。

 

食べるのが早い子には穀物不使用のドッグフードにしてあげた方が良いでしょう。

関連ページ

チワワの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではチワワにおすすめの餌の選び方とおすすめドッグフードをランキング形式でご紹介していきます。チワワの特徴やかかり易い病気などを元にチワワにおすすめの餌の選び方をご紹介しています。
トイプードルの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではトイプードルに合った餌の選び方と、選び方を元におすすめドッグフードをランキング形式でご紹介しています。選び方についてはトイプードルの特徴やかかり易い病気を元にしています。既にトイプードルと一緒に暮らしている方も、これからトイプードルを家族に迎える方も参考にしてみて下さい。
柴犬の餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここでは柴犬に合った餌の選び方を3つのポイントに絞ってご紹介しています。また、選び方を元におすすめドッグフードのランキングも作成しました。柴犬を飼っている方・これから飼うという方は参考にしてみて下さい。
ポメラニアンの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではポメラニアンに合った餌の選び方とおすすめドッグフードをランキング形式でご紹介していきます。餌の選び方についてはポメラニアンの特徴やかかり易い病気などを元にまとめました。これからポメラニアンを迎える人も、既にポメラニアンと暮らしている方も参考にしてみて下さい。
ヨークシャーテリアの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではヨークシャーテリアの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはヨークシャーテリアの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからヨークシャーテリアを飼う人も、既にヨークシャーテリアと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
パピヨンの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではパピヨンの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはパピヨンの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからパピヨンを飼う人も、既にパピヨンと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
シーズーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではシーズーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはシーズーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからシーズーを飼う人も、既にシーズーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
フレンチブルドッグの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではフレンチブルドッグの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはフレンチブルドッグの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからフレンチブルドッグを飼う人も、既にフレンチブルドッグと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
ミニチュアシュナウザーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではミニチュアシュナウザーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはミニチュアシュナウザーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからミニチュアシュナウザーを飼う人も、既にミニチュアシュナウザーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
マルチーズの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではマルチーズの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはマルチーズの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからマルチーズを飼う人も、既にマルチーズと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
ウェルシュ・コーギーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではウェルシュ・コーギーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはウェルシュ・コーギーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからウェルシュ・コーギーを飼う人も、既にウェルシュ・コーギーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
パグの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではパグの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。パグは遺伝的にレッグ・ペルテスや膝蓋骨脱臼を起こしやすい犬種です。そんなパグの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからパグを飼う人も、既にパグと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
ミニチュア・ピンシャーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではミニチュア・ピンシャーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはミニチュア・ピンシャーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからミニチュア・ピンシャーを飼う人も、既にミニチュア・ピンシャーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。
ラブラドール・レトリバーの餌の選び方とおすすめのドッグフード-ドッグフード博士
ここではラブラドール・レトリバーの餌の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。餌の選び方についてはラブラドール・レトリバーの特徴やかかり易い病気を元にまとめました。これからラブラドール・レトリバーを飼う人も、既ラブラドール・レトリバーと一緒に暮らしている方も参考になるはずなので読んでみて下さい。