ビートパルプ不使用のおすすめドッグフードランキング-ドッグフード博士

MENU

ビートパルプ不使用のおすすめドッグフードランキング-ドッグフード博士

ここではビートパルプ不使用のドッグフードをおすすめランキングでご紹介します。ビートパルプはドッグフードに不要な材料ですが、ペットフードメーカーば「かさ増し」の為にビートパルプを使います。選び方についてもポイントを3つにまとめたので参考にしてみて下さい。

 

ビートパルプ不使用のドッグフード【目次】

 

ビートパルプ不使用ドッグフードを選ぶ際の3つの重要ポイント!【これだけは絶対チェックして⁉】

ビートパルプだけではなく、セルロースも不使用のものを選ぶ

ビートパルプ同様に注意して欲しいのがセルロースです。こちらも食物性の不溶性繊維質で「かさ増し」の為に使われます。

 

犬にとっては何の栄養もなく、過剰な繊維質で腸内を傷つける・うんちが大きくなるので便秘になり易くなるなどのリスクがあるのでセルロースも不使用のものを選びましょう。

 

穀物不使用のものを選ぶ

ビートパルプの変わりによく使われるのが穀物です。特に玄米や小麦などの繊維質の多い状態でコストをかけずに使います。

 

ミネラルなどの栄養素が含まれますが犬の消化・吸収に良くないので、穀物不使用のものを選んであげましょう。

 

水溶性食物繊維が多い食材が使われているものを選ぶ

ビートパルプは不溶性の食物繊維で、消化されることなく腸をそのままの形で通過します。水溶性食物繊維は水を含むとドロドロになり、腸内で潤滑油のような働きをしてくれます。

 

ドッグフードに良く使われる食材で水溶性食物繊維が豊富なのはカボチャ・リンゴ・サツマイモ・海藻など、これらの使用量が多いものを選びましょう。

 

ビートパルプ不使用ドッグフードを選ぶ基準をもとにおすすめドッグフードを比較!

 

セルロース不使用

穀物不使用

水溶性食物繊維が多い食材※

カナガン

〇(サツマイモ)

モグワン

〇(サツマイモ)

ネルソンズ

〇(サツマイモ)

アボ・ダーム

△(グレインフリー有り)

△(アボカド)

アカナ

△(リンゴ)

ナチュラルバランス

△(グレインフリー有り)

△(乾燥ニンジン)

ナチュラルハーベスト

△(グレインフリー有り)

〇(えんどう豆繊維)

ブラックウッド

×

△(にんじん、セロリ)

ナチュラルドッグフード

×

ファインペッツ極

×

ソルビダ

×

〇(オーガニック豆類)

ビルジャック

×

△(乾燥甜菜果肉)

オリジン

×

アーテミス

△(グレインフリーもあり)

×

ヤラー

△(グレインフリーもあり)

×

スーパーゴールド

×

ビィナチュラル

×

×

ロイヤルカナン

ビートパルプ使用

ビートパルプ使用

ビートパルプ使用

ニュートロナチュラルチョイス

ビートパルプ使用

ビートパルプ使用

ビートパルプ使用

サイエンスダイエット

ビートパルプ使用

ビートパルプ使用

ビートパルプ使用

アイムス

ビートパルプ使用

ビートパルプ使用

ビートパルプ使用

フィッシュ4ドッグ

ビートファイバー使用

ビートファイバー使用

ビートファイバー使用

セレクトバランス

ビートパルプ使用

ビートパルプ使用

ビートパルプ使用

ボッシュ

ビートパルプ使用

ビートパルプ使用

ビートパルプ使用

ニュートロシュプレモ

ビートパルプ使用

ビートパルプ使用

ビートパルプ使用

ワイソン

ビートパルプ使用

ビートパルプ使用

ビートパルプ使用

ホリスティックレセピー

ビートパルプ使用

ビートパルプ使用

ビートパルプ使用

グリーンフィッシュ

ビートパルプ使用

ビートパルプ使用

ビートパルプ使用

ベストバランス

ビートパルプ使用

ビートパルプ使用

ビートパルプ使用

※原材料に書かれている順番が5番以内=〇、8番以内=△、10番以内=×

 

ビートパルプ不使用ドッグフードのおすすめランキング

モグワンドッグフードの特徴

モグワンドッグフードはグレインフリーでビートパルプ・セルロースを不使用のドッグフードです。メインはチキンとサーモン(53%)ですが、その次にサツマイモを使ったヘルシーなドッグフードです。たんぱく質・脂質・カロリーも全体的に控えめなので、完全室内飼いの子や運動不足が気になる子におすすめのドッグフードです。

価格 3,960円(1.8㎏)

【ドッグフード博士限定】上記金額から50%OFFキャンペーン中

評価 評価5
備考 グレインフリー(穀物不使用)/ビートパルプ・セルロース不使用/人口添加物不使用
モグワンドッグフードの総評

モグワンドッグフードに使われているサツマイモは、GI値が低く糖分がゆっくりと血液に吸収されていくので穀物(米)と比べると太りにくい食材です。また、ドッグフード博士限定で初回価格が半額になるキャンペーンを実施しています。ビートパルプ不使用でヒューマングレードの材料を使ったプレミアムフードをお得に試せるチャンスになっています。

 

カナガンドッグフードの特徴

カナガンドッグフードは無添加・穀物不使用のドッグフードです。メイン食材はチキンですが、チキンの次に水溶性食物繊維の多いサツマイモを使用した便秘解消や肥満解消におすすめのドッグフードです。カナガンドッグフードに使われる食材は全て人が食べられるグレードのものを使用しているので、安全性も高くカナガンドッグフード自体人が食べることができます。体に無理なく便秘解消やダイエットをするのであればカナガンがおすすめです。

価格 3,960円(2.0㎏)
評価 評価45
備考 子犬~シニアまで対応/人工添加物不使用/グレインフリー(穀物不使用)/ビートパルプ・セルロース不使用

 

ネルソンズドッグフードのおすすめポイント

ネルソンズドッグフードは無添加・穀物不使用のドッグフードです。メイン材料であるチキンの次にサツマイモを使っているヘルシーな作りになっています。サツマイモ以外にもオリゴ糖の配合など、犬のお腹に優しい作りになっています。室内飼い~外飼いまでおすすめできるドッグフードですが、7か月~7歳までの対応になっています。

価格 3,960円(2.0kg)
評価 評価4
備考 グレインフリー(穀物不使用)/ビートパルプ・セルロース不使用/着色料・香料不使用

 

アボ・ダームドッグフードのおすすめポイント

アボ・ダームには「リボルビングメニュー」というグレインフリーシリーズがあります。原材料を見ると8番目以内に「トマト繊維」や「乾燥アボカド果肉」を使っているのが分かります。アボカドは犬に危険な食材と言われていますが、かなりの種類があり、アボダームに使われているアボカドは安全なようです。そしてアボカドは水溶性と不溶性の食物繊維が豊富な食材です。その為、グレインフリーシリーズに関してはビートパルプ不使用のドッグフードとしておすすめです。

価格 2,500円(2.4kgの定価)
評価 評価35
備考 グレインフリー有り/人口添加物無添加/ビートパルプ・セルロース不使用

 

アカナドッグフードのおすすめポイント

アカナのグラスフェッドラムは、全体の4%ほどですがリンゴを使っています。また、レンズ豆は使用量が書かれていませんが、不溶性食物繊維に対して水溶性食物繊維が豊富な食材でもあります。加工された食材を使っていないので、全て食材のまま使用しているのがアカナの良いところです。安全性においては安心できますが、毎日食べるにはコスパが悪いのが残念です。

価格 5,300円(2.0kg)
評価 評価3
備考 グレインフリー(穀物不使用)/ビートパルプ・セルロース不使用/無添加

 

ビートパルプ不使用ドッグフードのQ&AⅠ:ビートパルプが入っていないドッグフードにしたら軟便になったんだけど…

うちの子はビートパルプが入っていないと軟便になっちゃうんだけど、ビートパルプ入りのフードに戻した方がいいの?

ビートパルプ不使用のドッグフードに切り替えてから1ヵ月以内ということならもう少し様子を見ても良いでしょう。
また、切り替えてから1ヵ月以上軟便が続くようなら毎食皮付きの蒸かしたサツマイモやカボチャなどをひとかけらトッピングしてみて下さい。納豆もおすすめです。
1週間ほどトッピングをしてみても軟便が改善されないようなら別のビートパルプ不使用のフードも試してみて下さい。
ドッグフードの危険な原材料・添加物全まとめ」でも書きましたが、ビートパルプには硫酸系の薬剤が残っている可能性もありおすすめできません。

 

ビートパルプ不使用ドッグフードのQ&AⅡ:ビートパルプが入っていた方が満腹感が出てダイエットに向いてるんでしょ?

ビートパルプは満腹感が出るからダイエットにおすすめって聞いたんだけど?

確かに、ビートパルプはお腹の中で水分を吸収して膨張するので満腹感は出るかもしれませんね。ただ、ドッグフードを食べ始めてからお腹に入って、胃液などを吸収して膨らむまでには時間がかかります。その間に食べてしまった分はどんどんとお腹の中で膨らんでいき、胃捻転などを起こす可能性があるのでビートパルプ入りのドッグフードをあげる時は水やぬるま湯でふやかしてあげるのが良いでしょう。ダイエットには色々な方法がありますが、ご飯でダイエットをするのであれば低GIの食材を使った腹持ちが良く、高たんぱくなカナガンなどのドッグフードがおすすめです。

 

【ウソでしょ…?】ビートパルプって何?成分は?

ドッグフードに使われているビートパルプが危険と言われる理由
  • ビートパルプの質によっては薬剤が残っている
  • 草食動物ですら水でふやかしてから食べている
  • 便を固めるので不調(軟便)を見落とすことになる

ビートパルプは甜菜(てんさい)または砂糖大根とも呼ばれる植物から甘味成分を搾り取った後に残る繊維質(副産物)です。人間用のビートパルプはキレイに洗浄され繊維質だけになったものが食品として扱われます。

 

ただ、「ヒューマングレードの材料を使用」などと表記がないドッグフードは全て飼料用のビートパルプが使われている可能性があります。Q&Aでも少し触れましたが、硫酸系の薬剤を使用して効率よく砂糖成分を絞ったカスがそのまま飼料用に回されます。

 

ところで、飼料用に回されたビートパルプを牛や豚が飼料用のビートパルプをどうやって食べているか知っていますか?ひとつかみのビートパルプに対して水1リットルを入れて半日かけてふやかします。

 

すると驚くほど膨らむと言います。草食動物ですらふやかしてから与えられているんです。水ですら半日かけて膨らむものを少量とは言え、犬がそのまま食べて大丈夫だと思いますか?

 

ビートパルプはその繊維質から便秘改善に効果があると言われています。軟便気味の子の便を固めてしまうので、体の不調である軟便を見落とす原因にもなってしまいます。

 

【嘘?本当?】ビートパルプって何の為に入っているの?

ドッグフードにビートパルプが使われる理由
  • 材料費を安く抑える「かさ増し」の為
  • 「便秘解消」や「お腹の調子を整える」と書きやすくなる
  • うんちを固めて処理し易くする

 

ペットフードメーカーはビートパルプを入れることによって、犬の「便秘解消」・「うんちを固めて処理し易くする」といった効果を前面に推しだしています。ただこれ、体調不良のサインである「軟便を見逃す」ことにもなります。

 

確かに、ビートパルプは水分を吸収して膨らむので「うんちを固める」効果には期待ができそうです。ただ、グレインフリー(穀物不使用)のドッグフードなら入れる理由も分かります。

 

でもビートパルプを使っているドッグフードってほとんどが小麦・トウモロコシ・大豆などの穀物を大量に使ったフードです。穀物にも十分な繊維質は含まれています。

 

なのにわざわざビートパルプを入れる理由としてはかさ増しですよね。飼料用の安くて栄養価値の低いビートパルプを入れているだけです。

 

グレインフリーのドッグフードは穀物を使わない代わりに野菜や果物を使用しています。本来であれば肉食寄りの犬にとって繊維質はそのくらいで充分なんです。

 

Q&AⅠのようなケースの場合、腸内細菌のバランスが乱れている可能性もあるので乳酸菌サプリなどを試しながらビートパルプ不使用のドッグフードに切り替えていった方が良いでしょう。

関連ページ

【100%安全な】無添加ドッグフードの選び方とおすすめランキング-ドッグフード博士
ここでは100%安全な無添加ドッグフードの選び方とおすすめランキングをご紹介しています。選び方については無添加ドッグフードを選ぶ上で大切な3つのポイントにしぼってまとめました。
グレインフリー(穀物不使用)のおすすめドッグフード&選び方-ドッグフード博士
ここではグレインフリー(穀物不使用)の選び方とおすすめドッグフードをご紹介します。最近ではグレインフリーのドッグフードも増えてきました。「たくさんありすぎてどれを選べばよいのか分からない」という方も多いと思います。そこでグレインフリーのドッグフードを選ぶ上で大切な3つのポイントと、ポイントを元におすすめドッグフードのランキングを作ったので参考にしてみて下さい。
アレルギー対応ドッグフードの選び方とおすすめランキング-ドッグフード博士
ここではアレルギー対応ドッグフードの選び方とおすすめランキングをご紹介していきます。犬の食物アレルギーに対する認識が広まり、今ではアレルギー対応のドッグフードも種類が増えてきました。ただ、何を基準に選んだら良いのか分からないという方も多いです。ここではアレルギー対応のドッグフードの選び方を3つのポイントにまとめましたので選び方の参考にしてみて下さい。
チキンベースのドッグフードの正しい選び方&おすすめランキング-ドッグフード博士
ここではチキンベースのドッグフードの正しい選び方&おすすめランキングをご紹介していきます。市販されているドッグフードの7~8割はチキンベースとなっています。あなたは何を基準に選んでいますか?ここではチキンベースのドッグフードを選ぶ上で重要な3つのポイントをご紹介します。
魚ベースのドッグフードの正しい選び方&おすすめランキング-ドッグフード博士
ここでは魚ベースのドッグフードの正しい選び方とおすすめランキングをご紹介します。魚ベースのドッグフードはけっこう沢山種類があります。単純に魚がメインのドッグフードだからという理由で選んでいませんか?ここでは魚ベースのドッグフードの選び方をご紹介していきます。
ラムベースのドッグフードの正しい選び方&おすすめランキング-ドッグフード博士
最近ではラムベースのドッグフードも増えてきました。ここではラムベースのドッグフードの正しい選び方&おすすめランキングをご紹介していきます。ラムベースのドッグフードを選ぶ上で重要なポイントを3つにまとめました。
サーモンベースのドッグフードの正しい選び方&おすすめランキング-ドッグフード博士
ここではサーモンベースのドッグフードの正しい選び方&おすすめランキングをご紹介します。白身魚だけにアレルギーを起こしてしまう子もいるので、「魚ベース」ではなくサーモンベースのドッグフードについても選び方をご紹介していきます。
馬肉ベースのドッグフードの正しい選び方&おすすめランキング-ドッグフード博士
ここでは馬肉ベースのドッグフードの正しい選び方とおすすめランキングをご紹介します。馬肉のドッグフードは主に国産のペットフードメーカーが多く取り入れている食材で、犬の嗜好性が高い赤身肉が特徴です。
オーガニックで評判の良いおすすめドッグフードランキング-ドッグフード博士
ここではオーガニックで評判の良いおすすめドッグフードランキングをご紹介します。最近ではオーガニックのドッグフードも増えてきましたね。でも何を基準にオーガニックフードを選んだら良いのか分からなくないですか?ここではオーガニックフードの選び方とおすすすめのドッグフードランキングをご紹介します。
【カロリー高い&低い順】人気ドッグフード比較-ドッグフード博士
ここでは国内で人気のドッグフードをカロリーが高い・低い順で比較してみました。犬のダイエットは単純にカロリーだけを気にすればよい訳ではありませんが、一つの選択基準にはなるので参考にしてみて下さい。